雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

レッドカーペットのファッションを批評していたキャスターや専門家

投稿日:

二〇〇二年度グラミー賞授賞式の翌朝、CNNはCNNグラミー・ガーブ(衣装)、当たりとハズレと題したコーナーを設けた。そこでは、モーニング・ショーのキャスターとふたりのファッション専門家が、レッド・カーペットの上の装いを批評していた。ニュース・キャスターたるもの、ウィットに富んだジョークのひとつも飛ばせないようでは情けないというこのご時世。授賞式の類があった翌日に気軽に持ち出せる話題といえば、ファッションと相場が決まっているのだ。

個人攻撃をしてあざ笑ったりする趣向は、まあ面白いといえば面白いのかもしれないが、特に建設的なものではない。残酷なことを気軽にやってのけるのが現在の風潮である。ジェニファー・ロペスがヴェルサーチの服で現れた時のょうにセンセーショナルな話題があったなら、こんな取り上げ方もありかもしれない。だが、その年のレッド・カーペットはわりとおとなしいもので、アフガニスタンでの戦争やイスラエルでの自爆テロといったニュースと同じ土俵で扱われているのは何とも奇妙な感じがした。

独特の可愛らしいやり方で

ビョークは、独特の可愛らしいやり方で、アカデミー賞授賞者の衣装がいつも代わり映えしないことを皮肉っていたのに、それを理解できない見物人はかりだったのは悲しい。冒険を承知で個性を出そうとする姿勢を噛笑する社会とは、どんな社会なのだろう?大抵の場合、餌食となるのは高いお金を払ってスタイリストのセンスに従う連中ではなく、自分のセンスを信じて行動するごく少数の革新派だそう。二〇〇一年度アカデミー賞授賞式であの白鳥のドレスを着たビョークのような。

ジェニファー・ロペスがグラミー賞授賞式で着たあの緑色のドレスは、ひとえにヴェルサーチの作品だったから許されたのだ。ファッションに関しては、大胆にはみ出すよりも退屈でもみんなと同じほうが好まれる時代なのである。
この業界の人間はあまりに鈍感すぎて全く気づいていないようだったし、メディアと大衆も一般的に美しいと思われているものに慣れ切っているため、それ以外のものにはすぐ拒絶反応を示してしまうのだ。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

動物愛護かファッションか

自分を穏健な毛皮反対派だと思っていたファッション・ヴィクティムたちは、突然、ファッションに従うか良心に従うかという難しい選択を迫られることになったが、多くの場合はファッションが勝ったのだった。 スーパ …

no image

ミンクの農場には大きな小屋が六つ

「捕まっても裏切りっこなしだぜ」。それから、運転手役のドッドソンを除いた全員がどやどやと車から降り、農場を囲む高さ一・五メートルの棚をよじ登った。農場内には大きな小屋が六つ。その中には、一匹ずつミンク …

no image

ヴィクトリアベッカムが来日した際の黒のジャケットのセンスはすごい

・セクシーなカジュアルスタイルをつくる黒のジャケット 黒のジャケットは、堅く見えるのですが、ある人の黒のジャケット姿を見て、欲しいなと思う出来事がありました、というある専門家。 何気ないシンプルな装い …

no image

半袖シャツの上手な着こなしかた

・半袖シャツの上手な着こなし方 ネクタイを外すということは、より気楽に着ることに他なりません。当然、シャツの襟元のボタンは外す。このとき、たいていの男はなにか忘れ物をしたような気になります。上着を省略 …

no image

過度のダイエットという罠に落ちる人は大抵がもともと傷つきやすい人

一五歳の少女がファッション誌を隅から隅まで眺めていれば、正常なボディ・サイズについて、ちょっとばかり歪んだ見方をしたまま育ってもおかしくはない。ファッションもそのひとつである可能性は?もちろんある。拒 …