雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

ラジアルタイヤのメリット、デメリット

投稿日:2015年6月30日 更新日:

自動車メーカーが標準タイヤを選定するときは、操縦性・安定性はもちろん、ハーシネスやロード・ノイズの面から車体とのマッチングがいいタイヤを選んでいますので、ユーザーがアフター・マーケットでタイヤを購入するときはこの点は参考にする必要がある。

ラジアル・タイヤには良いところがたくさんあるので、バイアス・タイヤを駆逐してしのですが、その代償となったものの第一が価格で、次が接地面の剛性が上がったことによるエンべロープ特性の悪化すなわちハーシネスの悪化であるといっていいでしょう。

このほかラジアル・タイヤが出はじめたころはフラット・スポットといって、一晩駐車するとナイロン製のタガが変形し、走り出すと車体がゴツゴツとゆすられるという妙な現象もありましたが、コード材質のポリエステル化やスチール化等によって今では解決されています。

車の買取査定を上げる色々なポイント

ショックの周波数は

あまり問題にされてはいませんが、ニプリングといって進行方向の段差を斜めに乗り越すときに段差の高い方向にハンドルを取られやすい。ハーシネスの改善にはタイヤの改善はもちろんのこと、車体側でもサスペンションの回転部やダンパー等の摺動部のフリクション(摩擦)低減や、ゴム・プッシュのバネ特性の改善、車体の剛性やダンピング向上など色々と行われていますから、ハーシネスのフィーリングはその成果を見ることになります。

自動車が路面の小さな凹凸から受けるショックの周波数は、タイヤや車体の固有振動数(共振振動数)の関係から、だいたい三四へルツ近辺が最も大きく、音としては一へルツ近辺ですからN、Vに比べるとHは乗り心地に近い周波数を扱うとはいっても、やはりかなり高い周波数を問題にしている。

車が同じ高さの段差と凹凸を通過するときのハーシネスの大きさを比べてみますと、段差は乗り越すときより、降りるときのほうがショックが音も大きく、また凹凸は段差に比べると一般に小さめで、コンクリートの目地の切れ目はその逆の目地が押し出されてできた山状の小突起よりもさらに小さめということになります。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

チャイルドシートの設置も考えて車を選ぼう

6歳未満の子供がふたりいると、チャイルドシートをふたつ用意しなければならない。平成12年4月ー日に、チャイルドシートの着用義務に関する法案が施行された。これは6歳未満の子供が対象となっており、違反する …

no image

BMW正規ディーラーのような販売店は費用が高い

快適さという点にかけては、正規ディーラーの右に出る者はない。 専門教育を受けたメカニックもいるし、電子制御化が進んだ最新車をメンテナンスする専門計測機器も揃っている。乗り続ける上でも、店の選び方、つき …

no image

日本独自の文化や味を車に映し出すことが必要

日本の自動車にがんばってもらわなければなりません。パソコン、薄型テレビ、DVDレコーダーなども、日本が優位に立ち続けるわけにはいかないでしょう。そのために、日本車独自の味も必要だと思うのです。クルマの …

no image

車のオイル漏れの修理費っていくら?

あなたの車のオイル漏れは大丈夫だろうか?知らないうちに車のエンジンオイルが減っていて、エンジンが止まってしまった。車にはさまざまなオイルが使われている。 また、車のオイルのにじみや漏れ、バルブ切れは意 …

no image

日本には車の文化がまだない

日本にはまだクルマの文化はない、根付いていないと思っている専門家もいるようですが、グレードを示すエンブレムが欲しいユーザーが多いこともその理由の一つのようです。どうして日本人はそんなグレードを示すエン …