雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

ラッシーが犬とその知能に対する私たちの見方に大きな衝撃を与えたのは

投稿日:

ラッシーが犬とその知能に対する私たちの見方に大きな衝撃を与えたのは、この犬を素材にしたものが大量に出回ったためだった。パルは見るも無残に疲れきって水から這い上がり、身体を振って水を払い落とす力さえなかった。よろよろと二、三歩踏み出し、カメラの真正面にくずおれると、水のしたたる頭を前脚のあいだに乗せ、両目を閉じたのだ。泳ぐ場面は迫力があり効果満点だった。

しかも、その最後の演技は、まさに天才的だった。この演技があまりに真に迫り、あまりに感動的だったので、パルは主役を勝ち取り、彼の王朝の始まりとなったのである。そしてテレビドラマも作られ、こちらは一八年間続いて、六通りの物語と配役が登場した。その挿話の多くは、現在でもくり返しテレビで再放送されている。さらにはラッシーの連載漫画までが、日曜の朝刊を飾った。

ラジオドラマが六年近く続いた

まず、映画が九本作られた。次にラジオドラマが六年近く続いた(ひとことつけ加えておくと、ラジオで映えるのは本物のパルだったが、クンクン暗いたり、ハアハア言ったり、威麻するようにうなる声は、すべて人間の役者が受け持った)。ラッシーのかたわらではハリウッドの大スターたちも影が薄くなった。ロディ・マクダウェル、エリザベス・テーラー、ナイジェル・ブルース、エルザ・ランチェスター、ジェームズ・スチュアート、ミッキー・ルーニーなどの鋼たる顔ぶれである。

そのすべてを通じて、なんといってもスターはラッシーだった。最初の映画で、ある批評家はこの犬を毛皮をまとったグリア・ガースン、と評した。観客はいつも共演スターよりラッシーばかり見ていた。ラッシーのテレビドラマで、母親役を演じたクロリス・リーチマンは、犬の利口さを際立たせるために、脚本家は登場する人間の知能を引き下げねばならなかった、と語っている。あの手この手で私たちを間抜けに仕立て、犬のほうがはるかに頭がいいと見せかける必要があったのですと彼女は言う。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬のかじり癖

目の前をチョロチョロする猫や蝶、ハエなどを追うのは、獲物を捕まえようとする本能によるものときには昆虫などを食べてしまうこともあるかもしれません。あまり執拗に追いかけるときは、ストレスからきているとも考 …

no image

ハムスターのストレス解消方法

・散歩は絶好のストレス解消法 散歩はただ運動になるだけでなく、ドワハムの好奇心を満たす知的冒険という大切な側面も持っています。ドワハムは運動が大好きなハムなのです。それが、1日中狭いケージの中に入れっ …

no image

ポインターの行動は訓練により正確で柔軟になるが

猟銃の進歩とともに、犬の品種改良が必要になった。後装式銃の登場で連続射撃が可能になり、技術の改良によって離れたものも正確に撃てるようになった。より速く走る利口な犬が望まれるようになり、繁殖家はセターの …

no image

犬にどんなコミュニケーション能力があるのか誰も教えてはくれない

幼い頃、私たちは親から、犬の頭は叩いてはだめ、なでてやりなさいと教えられる。少し大きくなると、食器を渡されて大に餌をやりなさいと言われるようになる。犬の訓練学校に通い、犬に来い巫れ伏せ待てをしつける方 …

no image

犬のしつけや訓練で集中する能力などを身につける

有用犬に必要なのが、ほかのことに気をとられない能力である。この抑制力がなければ、訓練や作業のあいだにすぐに気を散らしてしまうだろう。犬は別の行為をがまんし、興味を惹く物体や音や匂いに対する反応を抑制し …