雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

ライフタイムバリューの向上につながることを意識する

投稿日:2015年2月12日 更新日:

商品だけでなく、迅速な連絡や梱包のていねいさもユーザーの購買体験の印象を変えます。良質な購買体験の積み重ねが、ライフタイムバリューの向上につながることを意識する必要があります。リピーターをつくるには、最初の購入体験が重要だということを忘れてはいけません。よいものを買ったなという喜びの体験は、価値のある体験として記憶され、また次回購入したいなという欲求につながります。

1人当たりが支払う購買金額の総計をライフタイムバリュー(LifeTimeValue:顧客生涯価値)といいます。オンラインショップの収益力を高めるには、このライフタイムバリューをいかに高めていくかが重要なポイントになります。

・デザインテンプレートの機能

テンプレートが自分のプランしているページの構成に合うかどうかを確認しましょう。また、カスタマイズしたデザインを求めるのであれば、CSSの変更が可能かどうかを確認する必要があります。どのようなページ構成のテンプレートを利用できるのか、自分の作りたい理想のページ構成を実現してくれるかを確認する必要があります。チェックしておきたい主要なテンプレートは、トップページ、カテゴリページ、商品詳細ページです。

必要な機能を考え、適切なASPサービスを選ぶ

・必要な機能を考え、適切なASPサービスを選ぶ

オンラインショップが生まれて15年以上が経ちましたが、顧客の満足度を高め、ショップの収益力を高めることができる様々な機能が開発されてきました。手間暇をかけずに、できるだけ簡単にオンラインショップの構築が可能なASPサービスの選び方を知っておきましょう。どのような機能が自身のウェブサイトにおいて必要なのかをいま一度検討してみましょう。

ウイッシュリストやリコメンドといった機能がそれにあたります。以前はこれらの機能を実装するためには莫大な開発費がかかるケースがありましたが、現在はASPサービスを使い、低価格で利用することが可能になってきています。

ネットで稼ぎたいなら、ポイントサイトがおすすめです。私が一番稼げているのはポイントサイトは、げん玉(会員数500万人)というサイトで、ここなら毎月5万円は稼げます!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

顧客データの管理やメールマガジンの機能

ここでは、ネットサイト運営に必要な事柄を紹介します。 ・顧客データの管理とメールマガジンの機能 顧客をニーズ別やタイプ別に分類し、それぞれのタイプに合わせて、メールマガジンを発信したり、期限付きの商品 …

no image

ネットショップの業務内容やオープン前に必要なこと

・ネットショップの運営業務 ここでは運営上必要な業務内容について確認しましょう。ネットショップを運営するといっても具体的にどのような業務があるのでしょうか。ショップ開業前はできるだけ多くのネットショッ …

no image

アクセシビリティチェック-2つの側面で考える

~アクセシビリティとは~ アクセシビリティ(accessibity)とは、当該のウェブサイトがどの程度広汎な人々に利用可能であるかを示します。 アクセシビリティの必要性は、2つの側面で考えるとわかりや …

no image

手作りの商品を売る場合

手作りの商品を販売するとき、いちばん大切にしたいのがクオリテイ。ネットショップは、デザイナーや大手企業も参入しています。それに負けないようなオリジナリティをもつ商品でなければなりません。 通常、既製品 …

no image

PDCAサイクルを参考にしたメルマガ見直す方法

メルマガの内容を管理して内容を常に改善できる環境を作りましょう。事業活動を行う際のマネジメントサイクルと呼ばれる「PDCAサイクル」を参考にしたメルマガ見直し方法があります。 メルマガの中には、多くの …