雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

ランニング登山をシリアスに走っているとアメリカ人は言う

投稿日:

山登りの文化に関連して面白い話があります。ある登山家が山岳耐久レースというのを東京都の山岳連盟が主催して毎年奥多摩の山中で行っています。アメリカから選手を招待したりもしています。アメリカの選手が走った際、彼らに日本人選手についての感想を聞いてみると、日本人はただ寡黙に走り続けている、シリアスに走っている、と言うのです。いわゆるランニング登山。七・五kmのコースを歩くのではなく(歩いてもいいのですが)走って勝ち負けを決めるレースです。

自分たちは周りの景色を見たり、その景色に見とれて立ち止まったりもする。楽しんで走っている。周囲の選手とお喋りしたりして走っている。日本人は楽しんで走っているように見えない(もちろん実際には楽しんで走っている人もいらっしゃいます)。負けたのは恐らく残念だったろうと思いますが、この辺にも国の文化というものが現れている、という感じを強くしたことを覚えています。

彼はアメリカでは一流のランナーですが、このコースは初めてのためか期待した順位にはならりませんでした。それでも走り方は違うのです、とその登山家は言う。山登りもそうです。人に勝つとか負けるとかいうより純粋に自分を楽しんで、気持ちの余裕を持って登りたいものです。

山登りに関する本

山や探検に関して古今東西の名作と言われた本を所有している方が亡くなると保管場所に困り、さりとてほしい人も現われず捨ててしまう、といった話まで聞こえてきます。非常に残念だと思っています。山登りに関する本ですが、都内の大きな書店なら専門のコーナーを設けて販売していますが、多くは趣味とかスポーツのコーナーに他のものと一緒に置かれているのが現状です。

次から次へと膨しい数の本がところ狭しと並べられています。新刊書はそうですが、古本はどうでしょうか?名作と謳われたものなどありますが、最近はそれほど人気はないようです。紀行文、技術書そしてガイドブックなど数え上げたらきりがないほどです。山登りに関する本も雑誌、単行本を問わずずいぶんと出版されています。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

ハナミズキはタマネギ形のつぼみを形成する

ブナのつぼみは、小さな槍に見える。ハナミズキは、タマネギ形のつぼみを形成する。こんなときはルーペが役に立つ。小枝を丹念に調べることができるからである。葉の落ちた跡を薬瓶というが、これがさまざまな顔や生 …

no image

登山の持ち物リスト-必要最小限にしておこう

・持ち物のこと 個人の持ち物はどうでしょうか。たとえば行動中のフリースとは別に朝晩冷えるからといってセーターを持っていくとか、汚れるからといってタオルを何本も持っていく人がいます。これらだけみれば一見 …

no image

昔は山は鍛えることなく根性で登っていたが今は違う

かつて山登りほどトレーニングしないスポーツは珍しいと言われたものです。根性で登る、という時代性もあったかと思います。しかし最近は運動生理学の考えもだいぶ取り入れておりますし、そのことによりいろんなこと …

no image

六甲山の摩耶山の夜景

六甲山の北麓には名高い有馬温泉がある。「畿内最古」といわれ、豊臣秀吉が入湯したことでも知られる。樹齢二百年を超すといわれるスギの巨木の周辺の森を構成するのは、シイやアカガシといった常緑広葉樹の大味であ …

no image

雪山は簡単に思えるかもしれませんが

雪山は簡単に思えるかもしれません。北アルプスの冬でも天気がよく、トレースがある時は夏よりも楽な時があります。正月には営業している山小屋もあり、ラッセルができなくても登れます。雪山の技術はこの雪に対する …