雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

宇宙

ライト兄弟は約四十キロの飛行に成功

投稿日:

一九〇五年十月、ライト兄弟は約三十分間、約四十キロの飛行に成功した。その後、飛行機は第一次大戦の空中戦に使われるようになったが、飛行機の存在価値がはっきり認められるようになったのは、一九二七年、リンドバーグが単独で大西洋横断をしてからである。

ヘンリー・フォード(一八六三(一九四七)アメリカの自動車王。度重なる失敗の後、一九〇八年、近代的な組立ラインを採用、大量生産方式を導入し、T型車を発売。その後も発展を続け、二一年の不況期を販売者に現金払いで引き渡す独自の商法で乗り切り、二四年には百六十万台を売り、市場占有率は五〇・二パーセント。

ライト兄弟ウィルバー・ライト(一八六七〜一九一二)オービル・ライト(一八七一(一九四八)自転車競技の優勝者だったオービルは、兄と二人で自転車店を開業し、趣味としてグライダー乗りを楽しんでいた。

飛行士が飛行機を操縦することができるように補助翼を発明、さらに出力に比べて以前のものよりははるかに軽いエンジンを設計、これによって動力飛行の第一歩を踏み出した。一九〇三年十二月の初飛行のとき、目撃した学を学び、卒業後、太平洋戦争に参加。

ドイツ人・リリエンタールの墜死

一九三五年、「中間子論」を発表して、その後の素粒子物理学が進むべき方向に大きな影響を与えた湯川秀樹は、京都大学で物理学を学び始めた当時、自分はもはや遅れて来た参入者かもしれないという不安を、しきりに感じていた。

一八九六年、グライダーの研究で最も著名だったドイツ人・リリエンタールの墜死を聞いた二人は、彼を死に追いやった欠点を改良すべく、自分たち独自の実験を開始。自転車に翼をつけ、プロペラを回す内燃機関を載せるためにあらゆる努力を重ねた。

四八年、日本軍の死守する孤島を攻略するアメリカ軍隊の非人間的側面を描いた戦争小説『裸者と死者』を発表、一躍、有名作家となる。その後も、文学者的発想で現代文明におけるいろいろな問題に積極的に取り組み、小説のみならず、ノンフィクションも多く手がけた。

-宇宙

執筆者:

関連記事

no image

星間物質がみなブラックホールに吸収されたりすると

宇宙に点在するブラックホールやその周辺の物質が、一足先に消滅してしまうと考えられるからです。もし宇宙が開いていたらどうなるのでしょう。膨張する宇宙のなかで星々が生成と消滅を繰り返すうちに、星間物質がみ …

no image

真空エネルギーが限りなくゼロに近い状態が「無」

ビレンキンは、「無」とは真空エネルギーが限りなくゼロに近い状態、すなわち、均衡する正の真空エネルギーと負の真空エネルギーとが打ち消し合い、双方の真空エネルギーがほとんど消滅した状態だと考えた。「真空エ …

no image

アインシュタインの登場は1905年

自分たちを生んだこの太陽系が特殊なものか?人間はこの宇宙全体でも特殊な存在か?それともどこでもできているものか?こういった宇宙の探究はまだ直接答えてはくれませんが、そういうことを考える際の基礎知識を提 …

no image

光の速さに近づくと時間の流れがゆっくりになる

お互いの速度が光の速さになると、物事の進行は凍結してしまう。そうすると、光の速さになって横切るということは、絶対横切らないということです。横切るという出来事が無限の時間がたって起こることになるのですか …

no image

神の定めた法則や密かにわれわれを操っている

神の定めた法則や密かにわれわれを操っている背後の世界に迫っている、などと表現するとオカルト的だが、科学はそういった世の中の秩序の根拠としても引っ張り出されるときがある。それは一時代前には宗教が果たして …