雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

宇宙

ライト兄弟は約四十キロの飛行に成功

投稿日:

一九〇五年十月、ライト兄弟は約三十分間、約四十キロの飛行に成功した。その後、飛行機は第一次大戦の空中戦に使われるようになったが、飛行機の存在価値がはっきり認められるようになったのは、一九二七年、リンドバーグが単独で大西洋横断をしてからである。

ヘンリー・フォード(一八六三(一九四七)アメリカの自動車王。度重なる失敗の後、一九〇八年、近代的な組立ラインを採用、大量生産方式を導入し、T型車を発売。その後も発展を続け、二一年の不況期を販売者に現金払いで引き渡す独自の商法で乗り切り、二四年には百六十万台を売り、市場占有率は五〇・二パーセント。

ライト兄弟ウィルバー・ライト(一八六七〜一九一二)オービル・ライト(一八七一(一九四八)自転車競技の優勝者だったオービルは、兄と二人で自転車店を開業し、趣味としてグライダー乗りを楽しんでいた。

飛行士が飛行機を操縦することができるように補助翼を発明、さらに出力に比べて以前のものよりははるかに軽いエンジンを設計、これによって動力飛行の第一歩を踏み出した。一九〇三年十二月の初飛行のとき、目撃した学を学び、卒業後、太平洋戦争に参加。

ドイツ人・リリエンタールの墜死

一九三五年、「中間子論」を発表して、その後の素粒子物理学が進むべき方向に大きな影響を与えた湯川秀樹は、京都大学で物理学を学び始めた当時、自分はもはや遅れて来た参入者かもしれないという不安を、しきりに感じていた。

一八九六年、グライダーの研究で最も著名だったドイツ人・リリエンタールの墜死を聞いた二人は、彼を死に追いやった欠点を改良すべく、自分たち独自の実験を開始。自転車に翼をつけ、プロペラを回す内燃機関を載せるためにあらゆる努力を重ねた。

四八年、日本軍の死守する孤島を攻略するアメリカ軍隊の非人間的側面を描いた戦争小説『裸者と死者』を発表、一躍、有名作家となる。その後も、文学者的発想で現代文明におけるいろいろな問題に積極的に取り組み、小説のみならず、ノンフィクションも多く手がけた。

-宇宙

執筆者:

関連記事

no image

ダーウィンは産業資本主義の発展に拍車をかける蒸気機関の役割を果たした

コペルニクスは『種の起源』の後も十指に余る地道な研究に従事した。その中には遺伝に関する研究も含まれていたが、結局、納得のいくかたちで完成することはできなかった。遺伝の問題についてダーウィンよりすぐれた …

no image

ブラックホールが星のむ

ブラックホールは見えませんから、太陽系の近くの見えている星よりも近くにある可能性はある。そういう見えない星には音色競撃もあってーブラックホールなんかよりもはるかにたくさんあるわけですけどもーそういう星 …

no image

アポロ9号とラッセル・シュワイカート

サターンVは無人のアポロ4号打ち上げですでに実験済みだったが、有人宇宙船を大空へ運ぶのは今回が初めてだった。だが合計推力三千四百七十トンという五基のF1エンジンは、二千九百トンを超す巨体をゆっくりと持 …

no image

ノーマン・メイラー-人類にとって一つの巨大な飛躍

ノーマン・メイラーは、その打ち上げ直前の準備の様子に始まり、「かつて聞いたどんな強烈な雷鳴よりも国きくする炎のナイヤガラの轟然たるさわめき」のうちに飛翔して行なった打ち上げの瞬間、片側はいつも太陽に照 …

no image

人類の誕生から宇宙へ

酸素型生命体は、はじめ無脊椎のものばかりでしたが、四億八〇〇〇万年ほど前になると脊椎をもったものが現れはじめ、そのなかのあるものは、現在化石として残っているような生物へと進化していきました。やがてカレ …