雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

トップのファッションライターならまだ批判的な記事を書く余裕があるが

投稿日:

トップ・クラスのファッション・ライターなら、まだ批判的な記事を書く余裕がある。デザイナーへのアクセスが絶たれても、即、食い扶持に困るというわけではないからだ。つまりは、カメラのフレームの中でインタビューを行う必要がないということである。だが、メディアの中でも、特に慎重を期すべきはテレビである。

二〇〇一年には、LVMHが、名高いインターナショナル・へラルド・トリビューンのファッション・エディター、スージー・メンケスを締め出した。ジョン・ガリアーノが手がけたクリスチャン・ディオールのショーについて、ニュー・ロマンティック・ビートを狙ったディオール、攻撃的すぎて失敗という見出しで否定的な批評を書いたことが原因だ。

ジバンシィの二〇〇〇年春夏コレクションでは、アレキサンダー・マックィーンがロンドン・サンデー・タイムズファッション・エディターのコリン・マクダウェルを出入り禁止処分にする騒ぎがあった。自分の作品を侮辱したというのである。自分のコレクションをハズレだと書いたニューヨーク・タイムズのキャリー・ドノヴァンを、カール・ラガーフェルドは前列に座らせなくなった。

気難しいデザイナーにも対処できるはず

優秀な記者なら、当然、気難しいデザイナーにも対処できるはずよ。何も友達になる必要なんないのよ、お互いプロなんだから。彼らとは問題の記事について話し合ったわ。でも、どんなにデリケートなデザイナーでも、むやみやたらな褒め言葉には、きちんと与えられた評価ほどの価値はないんだって、最終的にはわかってくれるんじゃないかな。

ペンタゴンみたいな秘密主義の組織についても何とかして報道してしまうのがジャーナリストだもの。もちろん、私にもあるわよ。自分の書いたものがデザイナーやパブリシストのお気に召さなかったみたいでそれで悪い席をいただいちゃったって、経験がとワシントン・ポストのロビン・ギヴァンが言う。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ワイシャツのアイロンのかけ方

・自分でワイシャツのアイロンがけをする ワイシャツ一枚仕上げるのに、慣れてくれば十五分初心者でも三十分あればでき上がります。私自身は家庭でやっています。誰でも洗ったワイシャツに霧吹きをするところからは …

no image

ファッションの流行の移り変わりと気持ちの移り変わり

イタリアには、何十年も同じスタイルを通している田舎暮らしの人もいれば、流行を追いかけて日々外見の変わるミラノっ子もいる。同じ国の中でも、地域によって違いはある。消費主義にそれほど毒されていない国の人々 …

no image

スニーカー履きで足が痛い

まるまる二時間も歩いた頃には、スニーカー履きの私ですら少し足が痛かった。多分、マイラは街で一番丈夫な足裏の持ち主だったのだろう。あるいは、慣れてしまって足の不快感にも耐えられるようになっていたのかもし …

no image

ビジネススーツ-最初の一着の選び方

・ビジネス・スーツ、最初の一着の選び方 べイシック・スーツとは、まずダーク・トーンの無地、それもウーステッド地ということになります。これはより細く長い羊毛糸で織った生地の総称のことです。ウーステッドと …

no image

スーツの上着をブレザーに変身させる

・スーツの上着をブレザーに変身させる 上着ひとつに対して、パンツ二本。このパンツを交互にはくことによって、常にスーツとして活用できるというアイディアです。ジャケットとパンツを単純に較べると、少なくとも …