雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

21世紀のライフスタイルに合った変化の早いファッション

投稿日:

トレンド変化の加速と客側のせっかちさは、業界の成功と切り離せない要素となった。変化のスピードの速いファッションがウケるのはなぜだろう?意外にも、それは地球を制覇したファスト・フードと同じ性質を持っているからだった。変化のスピードの速いファッションは渇望をすべてその場で癒してくれる存在なのだ。ある社会的集団から浮かないようにしてくれるが、時々それが行き過ぎて個性の喪失につながることもある。さらに、気晴らしになるが、長い目で見れば安物買いの銭失いということにもなる。

ファッション・ヴィクティムは、ファッションと愛憎関係にある。変化のスピードの速いファッションは退屈でダウンマーケットだが、手頃だし豊富である。なんだか集団催眠にかけられているような気にもなってくるが、では、変化のスピードの速いファッションとは私たちを呑み込む得体の知れない現象なのかというと、さにあらず。その人気は、すぐに満足感が得られることに根ざしている。成功するファスト・フード店、そして、今日のアパレル業界の勝ち組に欠かせない条件はスピードである。

二一世紀のライフスタイルにびったりのペース

ショッピング・モールや小売チェーン店、ディスカウント・ストア、デパート、ブティックが世界の隅々まで進出した現代では、数分もあれば新しいアイテムを買いに行けるようになった。せわしない二一世紀のライフスタイルにびったりのペースだ。しかし、こうしたスピードの難点は、服が持つ価値を一切取り去ってしまうことである。満ち足りた気分になれないし、ありふれているし、いとも簡単に忘れ去られてしまう。マック的なファッションがうまく機能しているのは、試着室が空くのを待ったり、レジに並んだりする時間を除けば、入店から購入までの時間が最小限で済むからだ。

あまりにすばやく通り過ぎてしまうものは、気にも留められずに終わってしまう。結論として、専門店の服がフルコース・ディナーなら、ファッションはビッグ・マックみたいなものだと言えよう。手に取って払って着る、ただそれだけ。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

デザイナーがスターをマネキンにしょうと思い立った

消費者は雑誌を表紙で判断することが多いので、ニュース・スタンドの売上に関して言えば、表紙が売れる顔かどうかが死活問題だ。ジェニファー・アニストンやレニー・ゼルウィガーなど、もともと細かったスターたちは …

no image

ファッションの研究に熱心なある主婦のお話

娘の仲良しのお友達のお母さんに、Aさんという三十代の方がいます。彼女は、ファッションに関して、とでも研究熱心です。娘がいることで、ママ友達ができました。いままでは、同じく仕事を持つ女性と接することが多 …

no image

ブライドメイドを務める

彼女は、友人の結婚式でブライドメイドを務める際に、それを履いていくという失策を犯した。「あれは最大の間違いだったわね。だって、披露宴では隅から隅まで歩いて写真を撮らなきゃいけないでしょ。 ニューヨーク …

no image

ブラジャーの圧迫と病気との関係

子宮の内側を覆っている内膜組織とよく似た細胞が、など子宮以外のさまざまな場所に、小さな良性の病変をつくるのである。こうした病変は実際の子宮内膜と用し、月経周期に反応して剥がれ落ちようとするのだが、行き …

no image

スーツのパンツのプリーツなどの研究

・パンツの細部を研究する ふつうウエストはヒップよりも細い。この身体に合わせてパンツを仕立てるわけですから、当然、細い部分と太い部分が必要になる。これをより美しいデザインとシルエットに仕上げる方法が、 …