雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

ラブラドールについてのお話

投稿日:

黄色いラブラドール・レトリーパーのブラッドリーの話をご紹介しよう。ある人の飼い犬ブラッドリーはハンサムな犬だったが、女主人とその夫がなにを言おうとほとんど無視し、引き綱を強引に引っ張り、吠えたて、近くに寄るものはなんでも威麻した。ある日、彼は服従訓練の私のクラスに、女主人を背後に引きずりながら現れた。ブラッドリーは動物保護施設から引きとられてきたのだった。この最初のクラスが終わったとき、私は夫妻を脇に呼んで話を聞いた。

四歳ぐらいで、その生まれも育ちもまったくわからなかった。いまの主人たちと暮らして三カ月近くになるが、気性の荒さは変わらず、ごく簡単な命令にも従おうとしない。私はブラッドリーがいうことを聞くようになるためには、性格を橋正する必要があると夫妻に話した。性格テストを受けさせたら、攻撃性と優位性を示すAで埋まったにちがいない。彼が主人のリーダーシップを認めない限り、服従訓練も時間とお金の無駄になるだろう。

ブラッドリーを床に寝かせる方法

私は手始めに、ブラッドリーを床に寝かせる方法を夫妻に教えた。ブラッドリーを横に寝かせたら、最低五分は立ちあがらせない(たとえ犬の上に座り込んででも)。これを毎日一回ずつくり返すのである。立っている犬の脇に膝をつき、片手を尻のあたりに、もう片方の手を腹の下に伸ばして前脚とうしろ脚をつかみ、つかんだ脚を押し出すように(人間から遠ざけるように)する。

すると犬は訓練者に背中を向けるような形で横に倒れる。毎日一回先にご紹介したタッチングをおこなう。さらに、餌を与える前に闘してでもなんとか座る姿勢をとらせ、座れの練習をさせる。この橋正訓練は二週間続けられ、その間にブラッドリーは床に伏せるという、ごく一般的な服従命令、伏せを教えられた。伏せの訓練を受け、家ではなんの抵抗もなくできるようになっても、ほかの犬や人間の前でブラッドリーに伏せをさせるのはとてもむずかしかったようだ。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

ソリを引く犬の種類やその能力

ソリ犬に使われる犬といえば何種類かすぐに名前が挙げられる。いずれもスピッツから派生したもので、びんと立った耳、量が多く硬い直毛、そしてもちろん特徴的なのは、力強く背中に巻き上がっている長いブラシのよう …

no image

子犬が家に来たばかりの頃の注意事項

今日から家族の一員となった子犬に、さっそく名前をつけてあげましょう。呼びやすく、愛着のわくような名前がいいでしょう。眠りから目覚めた子犬が、じゃれついてきたときは遊ぼうのサイン。あまり騒がず、ゆったり …

no image

子犬選びができるペットショップ

ケージのないペットショップペットショップで犬を買う場合は、ケージに入れられた犬を順番に見ていって、毛並みがきれい、眼が合ったなどの「何となく気に入った」という理由で買うのが普通です。ところが、ソフー、 …

no image

犬の問題解決能力の向上度などを調べた実験の結果

カリフォルニア大学バークレー校の心理学者マーク・ローレンツヴァイク、デヴィッド・クレッチ、エドワード・ベネットの研究室では、犬の学習および問題解決能力を調べる実験がおこなわれた。彼らの調査によると、社 …

no image

ディンゴは犬型の哺乳類

ディンゴとして知られる種類は、身体的特徴がアジアオオカミと非常に似ており、のちにオーストラリア・アボリジニーと呼ばれるようになった遊牧民とともにオーストラリア犬陸に渡ったとされている。当時なかば家畜化 …