雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

ラブラドールレトリバーのチョコレート色の犬の話

投稿日:

ショットガンの物語をご紹介しよう。ショットガンはチョコレート色の大きなラブラドール・レトリーバーだった。カナダ西部のブリティッシュ・コロンビアの美しい田舎に引っ越してからは、銃猟犬(ガン・ドッグ)を連れて秋は狩猟に明け暮れるというのが夢だったが、残念ながらそれは実現しなかった。彼の主人フレッドは東海岸に住んでいた頃、狩りが好きで水鳥をよく撃ちに出かけた。犬を狩猟圧に訓練することは夢に終わてた。

ショットカンは都会の家庭犬になった。ショットガンはまだ七カ月で、フレッドは仕事の関係で都会へ戻ることになった。その後まもなくショットガンが二歳の頃フレッドは結婚し、フレッドと妻のクララのあいだに最初の子どもメリッサが生まれた。ショットガンは狩りの訓練は受けられなかったが、地元の教会で教える服従訓練の初級クラスに参加し、基本の命令をすべて習得した。彼は都会暮らしのあれやこれやを学び、六年経つうちにさらにふたり男の子が増えた。スティーヴンとダニエルである。

彼の仕事はおもに子どもたちと遊ぶこと

彼の仕事はおもに子どもたちと遊ぶこと、フレッドとクララのお供をすること、家のまわりで妙な音がしたり、おかしな気配がしたら、すぐに警告を発する、忠実な見張りの役目をすることだった。以前より眠ってばかりの時間が増えたが、子どもたちとはまだ少しのあいだ跳ね回って遊び、それを自分の使命と考えているようだった。動きは緩慢になり、ソファに跳び乗るのもあきらめていた。耳も遠くなり、反応も鈍く、昔習ったたくさんの命令にもあまり確実に応えられなかった。

走り方は遅くなり、ボールやフリスビーを追いかけて高く跳ぶこともできず、疲れやすくなった。それでもまだ以前と変わらないところは多かった。夜は居間の真ん中の床に寝て、きまって一時間おきぐらいに家の中を見回った。散歩の時間はちゃんとわかって、午後の三時ごろになると必ずうれしそうにドアの近くに座り、子どもたちが学校から帰るのを待っていた。子どもたちの部屋に順番に鼻を差し込んで匂いを嗅ぎ、フレッドとクララの様子をたしかめてから、また居間に戻るのであった。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

動物の学習能力や順応性について

動物の順応性で重要な要素がある。試行錯誤にもとづいて学習し、最終的には報償に結びつく特殊な信号に反応できるようになること。単純な例では、座れの命令に適切に応えると、頭をなでられたり、おいしいものがもら …

no image

狩猟犬としてのレトリーバーの能力は驚異的

猟師たちが一列に並んで野原を進み、ウズラ、キジ、ライチョウなどの猟鳥が飛びたっところを撃つ。というわけで、ポインター、セター、スパニエルのいずれにも獲物の回収を教えこむことはできたが、この仕事の専門犬 …

no image

セントハウンドといわれる犬種の能力

獣猟犬の種類には嗅覚獣猟犬(セント・ハウンド)がいる。多くの場合、彼らが猟をすることになるのは、害獣や有害小動物とみなされるもの、つまり、作物や家畜を荒らすため農夫たちが駆除したいと望む動物である。こ …

no image

犬が部屋に来るので困る

はじめから犬の入ってもよい部屋のみで飼育していたなら、習慣で犬は覚え込み、何の無理もなく自然に自分のテリトリー内で生活するようになります。どの部屋も自由に出入りさせてしまうのは、好ましいことではありま …

no image

ラッシーが犬とその知能に対する私たちの見方に大きな衝撃を与えたのは

ラッシーが犬とその知能に対する私たちの見方に大きな衝撃を与えたのは、この犬を素材にしたものが大量に出回ったためだった。パルは見るも無残に疲れきって水から這い上がり、身体を振って水を払い落とす力さえなか …