雑学

ラーメンを漢字で書くとどんな字になるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ラーメン丼のヘリの模様

ラーメンを漢字で書くとどんな字になるの?

ラーメンを漢字で書くとどんな字になるのかご存知だろうか。ラーメンは、今や言わずと知れた国民食である。もともと中華圏の食べ物であるが、今では、本場中国よりも、日本のラーメンのほうが美味しいとさえ言われるほどになってきている。

 

今では、どこの県に行っても、ラーメン屋さんを発見することができ、ご当地ラーメンも数多くある。

 

そんな日本で大人気のラーメンであるが、実は、ラーメンは、漢字で表記をすることがある。どんな漢字なのだろうか?

どんな漢字なのだろうか?

 

ラーメンを漢字で書くと、「拉麺」となる。いや、これだけではない。老麺とか、柳麺と書く場合もある。これらはいずれもまさしくラーメンである。

 

では、どの漢字の表記がラーメン本来の形態や様子を的確に表現しているのかを検討してみることにする。

どの漢字の表記がラーメン本来の形態や様子を的確に表現しているのか

 

「拉麺」の拉は拉致という言葉からも分かるように、引っぱるとか引き伸ばすという意味である。

 

練った粉を長く引き伸ばして、麺にしたものがラーメンだと解釈できる。

 

「老麺」-ラーメンの中国音に対して、ただ単に漢字を当てただけであって、老に特別の意味はないようだ。

 

「柳麺」-中国音への当て字にしては、いく分発音が違う点が気になる。

 

そこで、広東省出身の柳さんの名にちなんだという説もあるが、それはいささ信憑性に欠けるというものだ。

いささ信憑性に欠ける

 

拉麺という漢字が最も的確

 

このように考えてみると、拉麺という漢字が最も的確にラーメンに当てはまっているようである。

拉麺という漢字が最も的確

 

粉を練って、それを両手で引っぱりながら、徐々に細い麺にしていくと、やがてラーメンの出来上がりとなる。

 

ラーメンは漢字で書けば、拉麺が正しいのである。

 

ただ、お店の看板などを見ても、拉麺と表記をしているお店はほとんど見かけない。

ラーメン屋の表記

 

ほとんどのお店が、ラーメンとカタカナで表記をしているはずだ。

 

ただ、本場中国でなら、拉麺という表記をお店で見ることができるようだ。

本場中国

 

蘭州拉麺とか、河南拉麺といったように、日本で言うところのご当地ラーメン的な名前の付け方で(和歌山ラーメンなどといったように)、この拉麺戸いう漢字を見ることができる。

 

また、中国の伝統的な拉麺ではなく、ただの料理名として、拉麺という名前の料理が存在することもあるようだ。

 

中国の拉麺は、あっさりとした味付けの者が多く、日本のように、こってりとしたスープや、みそベース、豚骨ベースなどといったスープはないようだ。

 

もし本場に行ってラーメンを食べようと中国に行き、本場の拉麺を食べたとしても、日本のラーメンに慣れてしまっているので、ちょっと物足りなさを感じるかもしれない。

雑学一覧へ移動する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加