雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医学界ではギャグは流行っていないようです

投稿日:2014年11月13日 更新日:

本来、上司のギャグには、たいしておかしくなくても、瞬発的に反応しないといけないのが、今や不文律です。わざとらしく大笑いしなくても、口元を少し動かしクスッという笑う途中までの仕草だけでじゅうぶんだそうです。常に神経を張っていないといけないから、けっこうたいへんな作業で仕事の一部と化しているらしいのです。

そんな社内のくせで、女医を見るとおやじギャグを連発する患者さんがいらっしゃるようです。女医見ると会社内のくせでおやじギャグを連発するおじさん。OLの人によると、会社では上司がギャグを連発するそうです。ちょっとした言葉のいたずら程度のギャグだから、ボーっとしていると聞き逃したりするレベルだそうです。

どこが具合悪いのですか?と尋ねると、真面目な顔で、悪いのは頭と顔、なんて答える人はいっぱいいるそうです。そんな方々の共通点は、会社に勤務しているオジ様族で、しかもかなり上の地位に就いている方々です。

明瞭でわかりやすいギャグならついていけるが

そんな明瞭でわかりやすいギャグならついていけるでしょうけど、ジョイ(女医)さんはいいねぇ、病院ライフをエンジョイできますよ。アシコシ(足腰)がアッチコチ悪いのに、カイシャ(会社)はつらさをカイシャク(解釈)してくれないし。こんな手の込んだ繊細なギャグは、日ごろから鍛えられていないと反応できませんよね。

よい患者、医者関係の成立を阻害しかねません。現在のところ、医学界ではギャグは流行っていないようです。ギャグのあとになんの手応えもないと、オジさんはがっかりするし、気まずい空気が流れるといいます。OLの皆さんに比べて、女医はギャグに不慣れで不満足な応答しかできません。病院内でのおやじギャグは控えめにしたほうが良さそうですね。愛想笑いでもしてくれればいいでしょうが、きつい女医であれば、冷たくあしらわれるかもしれません。おやじギャグは、自己満足な場合が多いのです。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

教授回診は権力の象徴で患者さんにとってのメリットはない!?

ドラマの世界では、教授回診は権力の象徴であり、患者さんにとってのメリットは示されていません。ところが、実際はちょっと違うようです。入院した経験のある方に聞くと、あの教授(回診っていうのは、イヤだったな …

no image

年収を上げたい美容外科医必見の求人支援サービスとは?

形成外科の求人では、形成外科医という求人はあまり多くないようです。その理由は、形成外科を標榜する施設が大学病院など、大施設に限られているということがあるためです。 しかし、美容外科医の求人は見かけるこ …

no image

医者の収入は世間が思っているほど多くはない

医者のほとんどが、50万円から80万円台程度の給料か、それ以下ということで、一般企業の40歳代、50歳代のサラリーマンのほうが高収入ともいえるのではないでしょうか。それでも、いまだに合コンなどの場では …

no image

認定医の現状-その数があまりに多いために起こる問題

専門医先進国のアメリカでは、意外な現状がある。日本と医療保険制度が違うために、単純に比較はできないが、アメリカの医者たちはむしろ専門医では医者をやっていけなくなっている。健康維持横構という医療保険シス …

no image

後期高齢者終末期相談支援料

凍結されているが、後期高齢者終末期相談支援料の新設が行われた。七十五歳以上の高齢者が、終末期と診断された場合、医師と相談し延命治療の有無などの希望を文書で示すと、診療報酬二〇〇点が病院に支払われること …