雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

雑学

プロ野球でグローブで口元を隠して会話する理由や起源

投稿日:2019年1月20日 更新日:

プロ野球でグローブで口元を隠して会話する理由や起源をご存知だろうか。プロ野球選手は、よく口元を隠して会話をしているが、選手がグラブで口元を隠して会話するのは読唇術でサインや作戦が相手チームにバレないようにするためだ。

一体いつ頃から始まったものなのだろうか?昔は堂々としゃべっていたような気がするのだが、プロ野球中継ではピンチを迎えた投手のもとに捕手が駆け寄って会話する場面をよく目にする。そんな時、必ずと言っていいほど選手はグラブで口元を隠している。

選手はグラブで口元を隠している

野球の本場・メジャーリーグでも

野球の本場・メジャーリーグでも、選手は口元を隠しながら会話している。それでも、相手チームが選手の頸動脈を見て血管の動きからどの選手が話しているかを把握し、守備隊形や作戦を見破るケースもあるというからビックリ。野球はアタマ対アタマ、のスポーツでもあるのだ。

会話で相手にサインを盗まれるのは本末転倒だから、グラブで口元を隠すようになったのでしょう、とあるプロ野球関係者は言います。

投手と捕手がお互いのグラブに乱数表を張り、その表に基づいて球種を決めていたのです。ただ、あまりにもサインが複雑だったため、投手と捕手が直接話してサインを確認するケースが増えました。

投手と捕手が直接話してサインを確認するケースが増えました

1980年代から広まったという説が有力

当時のプロ野球はサイン盗みが横行していました。その対抗策としてバッテリー間では乱数表が使われた。口元隠しの起源はハッキリしないが、1980年代から広まったという説が有力だ。

「名捕手と言われている森祇晶さんや野村克也さんも当時は隠していなかった。捕手がマウンドに来てサインを確認するときも、気にせずにそのまま話していましたよ。

捕手がマウンドに来てサインを確認するときも

グラブで口元を隠しながら話すことはなかった

私が現役の頃はグラブで口元を隠しながら話すことはなかったですね」。あるベテランのプロ野球評論家がこう解説する。

結局、乱数表はバッテリーのサインのやりとりに時間がかかりすぎて試合が長引くという理由で使用を禁止された。そのときの名残が現在でもあるというわけだ。プロ野球では、知らないところで、かなり色々な駆け引きがされているようである。

-雑学

執筆者:

関連記事

耳の中に鉱物油を注入

ブラジャーはメーカーによってサイズが異なるの?

カップの大きさの基準がメーカーによって違うという話をたまに聞く。本当だろうか。Fカップの巨乳美女も、メーカーによってはDカップになってしまうのか。メーカーというよりブラジャーの種類によって大きさが違っ …

ゴルフの歴史

観光ペナントの形はなぜ二等辺三角形なのか?

観光ペナントの形はなぜ二等辺三角形なのか?1950年代から80年代前半まで、お土産屋には必ずあった地名入りのペナント。 観光ペナントの形はなぜ二等辺三角形なのか。観光ペナントは、今では土産物屋でもすっ …

ゴルフの歴史

ティッシュ配りにはノルマはあるの?

ティッシュ配りのノルマはどうなっているのか。ティッシュ配りに率先して手を出すのはオバチャンくらいで、大半は知らん顔で通り過ぎるだろう。駅周辺などで配られているさまざまな業種の広告用ティッシュ。配る方は …

プレバトというテレビ番組で

毒死した動物を人は食べられるのか?

毒死した動物を人は食べられるのだろうか。動物に刺さった毒矢の毒は、直接動物の血液に入ると、体内を流れ、脳に入りこんで神経をおかす性質のもの。直接、脳と中枢神経に作用するため、ケイレンや呼吸困難を起こす …

トイレットペーパーの歴史

催眠術にかかりやすい人の特徴や種類など

みなさん、催眠術を信じていますか?よくテレビなどで、催眠術をしている場面を見ることがありますが、催眠術にかかっている人は、演技でやっているような気がして、イマイチ怪しいものだったりします。 しかし、催 …