雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

雑学

プロ野球でグローブで口元を隠して会話する理由や起源

投稿日:2019年1月20日 更新日:

プロ野球でグローブで口元を隠して会話する理由や起源をご存知だろうか。プロ野球選手は、よく口元を隠して会話をしているが、選手がグラブで口元を隠して会話するのは読唇術でサインや作戦が相手チームにバレないようにするためだ。

一体いつ頃から始まったものなのだろうか?昔は堂々としゃべっていたような気がするのだが、プロ野球中継ではピンチを迎えた投手のもとに捕手が駆け寄って会話する場面をよく目にする。そんな時、必ずと言っていいほど選手はグラブで口元を隠している。

選手はグラブで口元を隠している

野球の本場・メジャーリーグでも

野球の本場・メジャーリーグでも、選手は口元を隠しながら会話している。それでも、相手チームが選手の頸動脈を見て血管の動きからどの選手が話しているかを把握し、守備隊形や作戦を見破るケースもあるというからビックリ。野球はアタマ対アタマ、のスポーツでもあるのだ。

会話で相手にサインを盗まれるのは本末転倒だから、グラブで口元を隠すようになったのでしょう、とあるプロ野球関係者は言います。

投手と捕手がお互いのグラブに乱数表を張り、その表に基づいて球種を決めていたのです。ただ、あまりにもサインが複雑だったため、投手と捕手が直接話してサインを確認するケースが増えました。

投手と捕手が直接話してサインを確認するケースが増えました

1980年代から広まったという説が有力

当時のプロ野球はサイン盗みが横行していました。その対抗策としてバッテリー間では乱数表が使われた。口元隠しの起源はハッキリしないが、1980年代から広まったという説が有力だ。

「名捕手と言われている森祇晶さんや野村克也さんも当時は隠していなかった。捕手がマウンドに来てサインを確認するときも、気にせずにそのまま話していましたよ。

捕手がマウンドに来てサインを確認するときも

グラブで口元を隠しながら話すことはなかった

私が現役の頃はグラブで口元を隠しながら話すことはなかったですね」。あるベテランのプロ野球評論家がこう解説する。

結局、乱数表はバッテリーのサインのやりとりに時間がかかりすぎて試合が長引くという理由で使用を禁止された。そのときの名残が現在でもあるというわけだ。プロ野球では、知らないところで、かなり色々な駆け引きがされているようである。

-雑学

執筆者:

関連記事

アンネの日記は

天井のガラスの壁は煙が広がるのを防ぐ

天井のガラスの壁の正体。天井から垂直にぶら下がるガラス製の壁のようなもの。実はコレ、ただの飾りではない。俗に垂れ壁、正式には防煙壁といい、火災が起きた時に重要な役割を果たすものなのだという。 火災のと …

日本人が水割りが好きな理由

フタバスズキリュウという恐竜は日本の高校生が見つけた

フタバスズキリュウという恐竜は フタバスズキリュウという恐竜は日本の高校生が見つけたのをご存知だろうか。恐竜の時代といわれた中生代、日本列島にも恐竜がいた。 それが最初にわかったのは、一九六八年のフタ …

「ウォーキング」を生活に取り入れている人は

耳に虫が入った時に取り出す方法

耳に入った虫の取り出し方 耳に入った虫の取り出し方をご存知だろうか。耳の中にハエなどが潜りこんで困った、という経験がある人は案外多い。実際、耳元で、いや耳の中でハエなどの昆虫が必死にもがいているのは、 …

シロクエヒマウリなど種類によっては

日本にもゲテモノ料理の歴史があった

日本にもゲテモノ料理の歴史が 日本にもゲテモノ料理の歴史があったようだがご存知だろうか。トリュフがどうのフォアグラがどうのと、世をあげてのグルメブームだが、裏グルメとも言うべきゲテモノ食いにとっては、 …

「ウォーキング」を生活に取り入れている人は

横綱の名は綱にルーツがあった

横綱の名は綱にルーツがあった。日本の国技とされる競技・大相撲。日本で昔から伝わる伝統競技であり、大相撲が行われた江戸時代から数百年たった今でも、たくさんの人に親しまれている。 現役力士の階級のなかで頂 …