雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

プロパガンダ成功から進歩的民主主義の理論家が生まれた

投稿日:

現代の思想統制のシステムーかつては率直にプロパガンダと呼ばれたが、この言葉は全体主義を連想させるため使われなくなったのは、自由社会の多くにその起源を見出せはずだ。世論の操作が政府の基盤だという認識は、非常的な考え方から全く自由なものまで幅があり、少なくともデーヴィッド・ヒュームまで遡るが、そこには留保を加える必要がある。鞭によって服従させられない自由な社会の方が、世論操作が遥かに重要になるということだ。現代史の大部分は、誰がどのように意思決定するかを巡るこうした争いを反映しているのである。

前資本主義的な世界観をもつマディソンは、権力を行使することになるものの道理をわきまえた政治家と善意の哲学マディソンは、自分が考案した細分化システムのもとであれば弊害回避できるだろうと期待した。後にマディソンは、人生のいかなる困難にもめげず労働に勤しみ、利益をより公平に分配してほしいと密かに嘆く人々が増えれば難題が生じると危惧するようになった。者が、自国の真の公益を見分け、民主主義的な大多数の人々のもたらす害から国益を守ると信じていた。

ほぼ全世界の思想を統制しようと企てた

リップマンやエドワード・バーネイズなど広報委員会の主要メンバーは、こうした思想統制の成果をかなり露骨に利用し、バーネイズはそれを合意を形成するための工作であり、民主主義的なプロセスのまさに神髄だと言った。
この委員会によるプロパガンダの成功から、進歩的民主主義の理論家や現代の広報産業が生まれた。イギリスは世界に先駆けて情報省を創設し、ほぼ全世界の思想を統制しようと企てた。ウィルソン大統領もまもなく広報委員会を作りそれに続いた。

先駆者たちの手法はとりわけ重要な意味をもっていた、とランダル・マーリンがプロパガンダの歴史に関する著書の中で述べている。プロパガンダという用語は、一九二二年にブリタニカ百科事典に記載され、社会科学百科事典はその一〇年後に、ハロルド・ラスウェルが世論操作の新しい手法を学術的に裏付けたのを受けて、やはりこの言葉を記載するようになった。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

根底にイスラム恐怖症と反アラブ民族主義と超ナショナリズム

インドの政治アナリスト、プラフル・ビドワイはこう書いた。与党のヒンドウー・ナショナリストがシオニズムに歩み寄ったのは、根底にイスラム恐怖症(と反アラブ民族主義)と超ナショナリズムがあるからだ。一九九八 …

no image

民営化に利点-レーガン、ブッシュの在任期間に見事な成果

民営化には利点がある。労働者が年金や健康保険などの生活の支えを株式市場に頼るようになれば、自分の首を絞めることに手をかす、つまり、賃上げや健康及び安全上の規則など、企業の利潤を減らす可能性のある仕組み …

no image

ジュネーブ第四条約がイスラエルの占領地に適用されることは

二〇〇〇年一二月、ブッシュ政権は、欧州連合が提出した安保理決議に拒否権を発動して、諸外国を晒然とさせた。決議は、アメリカのミッチェル報告の実施を求め、国際的な監視団を派遣して暴力に終止符を打つことを呼 …

no image

生物兵器や化学兵器をフセインが使用してしまう可能性

国際的な軍事情報を扱う主要雑誌と同盟国の情報機関も同じ結論に達しており、アメリカが攻撃すれば反米及び反西洋感情を世界中に広めることになり、イラクを攻撃することはイスラム教徒のテロを減少させるよりも、か …

no image

クリングホッファーの殺害はアラブのテロリズムという悪を象徴する事件

クリングホッファーの殺害は、アラブのテロリズムという根絶しがたい悪を象徴する強烈で忘れがたい事件で、テロリストという社会の害虫に対しては交渉の余地がないことを示す決定的な証拠でもある。イラク侵攻の成果 …