雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

革新的なプロモーション契約の例があちこちで見られるようになっている

投稿日:

ドルチェ&ガッバーナは、二〇〇一年にイン・シンクとダイドのツアーに衣装協力し、続く二〇〇二年にはオーストトミー・ヒルフィガーは、一九九九年にブリトニー・スピアーズのサマー・ツアーのスポンサーとなっている。ホルストンはマライア・キャリーの最新ツアーの衣装を担当。ラリアのポップ・スター、カイリー・ミノーグにも衣装を提供した。

革新的なプロモーション契約の例があちこちで見られるようになっている。今では企業が牛耳ることが多くなって、最終的に金対アートという図式になってるわけさ。昔はファッションをアートとして見るデザイナーがもっといたと思う。ファッション・カメラマンのランディブルックスが語る。

プリトニー本人もトミー・ジーンズのアウトレットに登場している。一〇〇二年二月には、G0誌がハリウッドにトレンディなラウンジをオープンすると発表し、マンハッタンにも同様のものを作るつもりであることを明かした。
北米主要五〇都市を回るツアーに合わせて、ヒルフィガー側も宝くじを使った店内プロモーションやラジオ・プロモーションを展開。こうして、名高いLAのサンセット・ルームがGQラウンジとして生まれ変わったのである。

日常的に浴びせられるスタイル攻撃の影響

壁までもがさりげない広告媒体になっており、カルバン・クラインの服を着たモデルの写真がかけてあったり、クラインの新しいロゴを使った装飾がなされていたりする。こうした囲い込み戦略による徹底したファッション・プロモーションは有効である。男性用トイレにはポール・ミッチェルのグルーミング製品を、バーには時計メーカーから名前を取ったコルム・カクテルを置く、というように。

ビデオで目にするヴエルサーチの眼鏡から、ローカル・ニュースに登場するヒューゴ・ボスのスーツまで、ファッション中毒を自認していない人であっても、日常的に浴びせられるスタイル攻撃の影響は免れようもない。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

イージーオーダーでは店員との付き合い方が大事

・賢いイージー・オーダーとの付き合い方 自分の好みのスタイルをつくるには、どこの店が良いかを探すこと。これが出発点です。まず店によってやはり得手不得手があります。たとえばアメリカン・スタイルが得意なと …

no image

デッキシューズは色の種類が豊富で素足でも楽に履ける

・足もとの色を楽しむ 私はふだん履きにいつもデッキ・シューズを使っています、という人は案外多いもの。私も好きですが、皆さんはデッキ・シューズを履いたことがありますか?軽くて、歩きやすく、素足でも楽に履 …

no image

スカーフとショールで見違える

・スカーフとショールで見違える スカーフ選びも色や柄の美しさだけに惑わされず、洋服を買うときと同様、鏡の前で自分に似合うかどうかをチェックする必要がある。顔の近くに明るめのスカーフをもってきて自分の顔 …

no image

雑誌の表紙でそのブランドを着ると言い張ることがある

親しいデザイナーのいるセレブの場合、雑誌の表紙でもそのブランドを着ると言い張ることがある。特定のデザイナーと付き合いの長いスターを使わなければならない時には、そのデザイナーの服を着たいと言われる公算が …

no image

ミンクの農場には大きな小屋が六つ

「捕まっても裏切りっこなしだぜ」。それから、運転手役のドッドソンを除いた全員がどやどやと車から降り、農場を囲む高さ一・五メートルの棚をよじ登った。農場内には大きな小屋が六つ。その中には、一匹ずつミンク …