雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

プリウスはモーターとエンジンを併用して走るハイブリッドカー

投稿日:2015年4月11日 更新日:

プリウスはモーターとエンジンを併用して走るハイブリッドカーで、現時点で世界一の省エネ、低公害の自動車です。自分で積極的に選ぶ甲斐のあるクルマ、多少なりとも乗っていて誇りの持てそうなモデル、言い換えると世界に通用するレベルの日本車を、技術とからめて考えてみたいと思います。今、真っ先に挙げられるのはトヨタのプリウスでしょう。

プリウスの2世代目は、先代モデルよりも走りの良さにポイントを置いて開発され、いくつか操作の点で他のクルマと違うところはあるものの、ほぼ普通のクルマと同じ感覚で乗ることができるようになりました。エンジンのオン、オフ時のショックも気になることはありません。スタート時や負荷の軽い走りのときにはモーターだけの駆動になり、パワーが必要なときにエンジンがかかる仕掛けです。

初代プリウスは、どちらかと言えばハイブリッドカーの市販というところに価値を置いていたように思えます。そのためか、まだ詰めの甘さを感じるところがありました。ハイブリッドカーだからいって操作法、運転方法、乗り味が特殊すぎては広く普及するのは難しい。普通のクルマに近づいたというのは非常に大切なことです。別なクルマだと感じさせるようでは、まだ完成度が低いと言わざるを得ません。

車の買取査定を上げる色々なポイント

米国では環境意識の高い人たちに支持され

欧米、とくに米国では環境意識の高い人たちに支持され、好調に販売台数を伸ばしています。ブレーキペダルに足を軽く乗せるだけで急ブレーキがかかるような、いわゆるカソリウスではそれも解消され、出来のいいクルマになっています。米国は個人も企業もイメージが日本人の想像以上に大きな影響力を持っています。

大統領選挙ですら、本人の中身はもとより、イメージで死命を制するような国です。プリウスは、そんな米国で良き社会人が乗るクルマというキャラクターシンボルにもなりつつあるようです。日本では、どちらかと言えば、まだ低燃費の魅力でプリウスが支持されているようですが、今後は環境への意識が日本でもさらに高まるのは間違いないでしょう。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

車の傷を目立たなくして査定額を上げる裏ワザ

セコイ感じだが、ー円でも高く査定してほしいなら、晴れた日中は細かい部分までよく見えてしまうので、夜や雨の日を狙って持ちこむという方法がある。運がよければ傷を見逃す可能性もあるし、もし傷を発見されても、 …

no image

アップライト型のシートは従来の乗車姿勢と比べて違和感をとなえる人がいた

RVといえども、良路を走行する割合のほうが多いことがわかってきて、床は少々高くても乗車姿勢はリクライニング型をした車や、床は低めでもアップライト型の車も出はじめ、乗車姿勢の良し悪しの定義はあいまいにな …

no image

トヨタアルテッツァの評価-後輪駆動車ならではの自然な操舵感覚

トヨタアルテッツァの評価-後輪駆動車ならではの自然な操舵感覚。 前輪駆動はスペース効率に優れ、今のクルマは合理化のためにユニットを共用し合うから、この方式が増えればー気に広まってしまう。その結果、後輪 …

no image

エンジンの暖気運転の際の騒音など

まわりが静かであると、気になってくる音があります。それは静かな住宅地で夏季にエアコンを作動させながら帰宅したときの冷却ファンによるブーンという風切り音や、排気音、冬季におけるエンジン暖気運転中の音等で …

no image

車にエアロパーツを後付けするのをおすすめできない理由

輸入車の本来の魅力を味わうには、基本的にはノーマルがいちばんなのだ。カッコいいからドレスアップ、というのを止めはしないが、あまりそれに期待しない方がいい。規制緩和のおかげで、かっては違法とされていた後 …