雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

プリウスのエンジンの仕組みを紹介

投稿日:2014年11月8日 更新日:

プリウスは専門的に言えば、このハイブリットはシリーズ型とパラレル型の中間的なものとなる。シリーズ型とはエンジンで発電機を回してモーターで駆動するもの。これだと変速機などの駆動系が必要ナシで、機関車や大型トラックのような重量の大きな場合に有利なシステムだ。
すでにカナダの貨物用機関車で実用化されている。

プリウスは、いい部分をすべてスポイルすることなく、ハイブリッド化しようと、THSと呼ばれるトヨタ・ハイブリッド・システムなる心臓部を持った。別々に作った動力を使い分けようというのではなく、動力源そのものを使い分けた点が画期的なのだ。

バッテリーの充電はあくまでも車外充電器から行なうため航続距離が短く、これをカバーするのにもガソリンエンジンとの併用THSの心臓部が必要だった。今となっては暫定的なシステムである。パラレル型とは、ガソリンエンジンと電気自動車の2つの顔を持ち、パワーが必要な高速道路ではガソリンエンジン、都市部では電気自動車というように、切り換えたり、あるいは両方同時に使うシステムだ。

自在に切り換えるシステム

THSは、この両方のシステムを融合させ、もっとも効率がよくなるように、シリーズ型とパラレル型、さらにガソリン車と電気自動車を、自在に切り換えるシステムなのである。ごく一般的なAT車と何も変わらない。ただ発進は電気だ。駆動方式を示すプリウスのディスプレイの向こうを張って、仮想試乗しながら、説明してみると、キーを捻りレディランプが点灯したら、Pレンジからブレーキを踏みながらDレンジに入れ、スロットルペダルを踏めば走り出す。

ダッシュボード中央のモニターにもその状況は表示がされ、そしてごく一般的な平坦路であれば、速度が10キロくらいになったところで、エンジンがスタートし駆動を始める。ドライバーのスロットルワークや、モーターとエンジンの特性、バッテリー残量などから、もっとも効率がよくなるように忙しくコントロールしていき、70キロを超えたあたりから平坦路で120キロくらいまでならエンジンのみで走ることになるのだ。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

BMWが革新的な燃費の2013年型グランツーリスモを発表

BMWが新型エンジンに革新的な燃費を記録した2013年型グランツーリスモを発表しました。今回のリリースされるモデルは、最初に披露グランツーリスモ二フィートシャントダイナミクスエディションをはじめ、グラ …

no image

BMW 650i コンバーチブル-次元が違うドライビング体験を提供

ニュー650iコンバーチブルは、強力な性能と次元が違うドライビング体験を提供し、オープンエオリンの新たな地平を開くモデルである。ニュー6シリーズカブリオレに適用された洗練されたファブリックソフトトップ …

no image

自動車メーカーの問題点について

政治家や財界人、また役人、警察官、教師といった、社会の模範となるべき職業人の不祥事が、毎日のように起きています。企業のモラルも崩壊し、雪印乳業のように、消費者から絶対的な信頼を得ていたブランドすら消滅 …

no image

トヨタがデザインの真似をすることへの不安

1999年の東京モーターショウにホンダが出した不夜城をトヨタは全面的にパクった、と語るある専門家。トヨタはひとつのフロアパネルを完成させると、そのバリエーションなら3カ月でできると豪語している。これは …

no image

車の疲労破壊について

「疲労」というとなんとなく人間くさい感じがしますが、人間の疲労はひと休みすると疲れはとれて元の状態に回復します(なかには回復しない人もいますが)。しかし、金属の疲労のほうはいくら休ませても回復すること …