雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

環境問題

プラスチックの種類は約三十種類

投稿日:

最初にプラスチックを見たのは、一九五二〜三年頃でした、と語るある人。当時私は中学生でしたが、おなじクラスのお友達のお父さんが大きな商社に勤めておられて、アメリカから持ち帰られた、さまざまなめずらしいものを見せてくださったのです。その中に大きなビーニルのシートがありました。一つは小花模様の美しいシート、もう一つは透明なビニルのシートでした。

現在、私たちのまわりには、プラスチックがあふれています。軽くて壊れにくく、いろいろな形に作ることができるので、こんな便利なものはありません。

あっという間に巷にプラスチック製品が出回りました。プラスチックとは、英語で「形を作ることができる」という意味です。どのような形も自在につくることができるのでプラスチックと呼ばれたのです。

プラスチックは三十種くらいの種類がある

プラスチックは大雑把に分類しても三十種くらいの種類があります。そのうち、よく使われている樹脂樹の脂のようなもの)が四つあります。ポリエチレン(DPE)、ポリプロピレン(PP)、ポリスチレン(PS)、塩化ビニル(PVC)です。

プラスチックは石油から作られます。原油から作られるエチレンは無色の可燃性の気体で、他の有機化学物質の原料としても広くもちいられています。エチレンがたくさんつながってできた大きな分子をポリエチレンといいます。ポリはたくさんという意味で、ポリエステルはエステルがたくさん、ポリウレタンはウレタンがたくさんつながっているということです。

ポリプロピレンというのは、プロピレンという石油から作った分子がたくさんつながったものです。ポリスチレンはスチレンがたくさんつながったものです。塩化ビーニルというのは、エチレンに塩素を結びつけて、塩化エチレンを作り、これを熱分解して作ります。これらがたくさんつながったものが塩化ビニール樹脂です。日本では、この四つの樹脂の中で、塩化ビニルの生産の割合が他の国と比べて非常に高くなっています。

-環境問題

執筆者:

関連記事

no image

個別企業と会費で運営される業界団体の違い

これまでは、それぞれの業界団体が参加企業の利害を代表して、行動してきましたが、これからは個別企業が生き残りをかけて時代に適応することで、新しい時代を切り開く時代を迎えるのではないかと考えるようになりま …

no image

世界の太陽電池の生産量は順調に伸びてきている

世界の太陽電池の二〇〇一年の生産量は、工場出荷ベースで約三九万キロワットに達し、前の年に比べて三六パーセント増加していました。太陽電池の発電容量は一一四万キロワットでした。これは、最大規模の石炭火力発 …

no image

ある町のビオトープの実験

シュツットガルトの西一〇〇キロほどにあるカールスルーエという静かなたたずまいの町では、ビオトープ(そこに元々あった自然を復元させること)の実験が行われていました。川辺には、以前そこに群生していた植物も …

no image

お金と命とどっちが大事?

もしもこんな質問をされたら、あなたはどう答えますか?「お金と生命とどっちが大事?」もちろん答えは生命だと思います。でもそれは誰の生命でしょうか。おそらく、多くの人が自分の生命と自分のお金を比べると思い …

no image

廃棄物の資源化への挑戦

廃棄物の資源化への挑戦については、任原製作所が日本原子力研究所、中部電力と三者の共同研究として完成させた「電子ビーム排ガス処理装置」(略称EBA法)は注目すべき技術。石炭や重油を使った火力発電所は、廃 …