雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

UB(プロジェクト名)の車名をプライド(Pride)と定め主な仕様を公開

投稿日:

起亜自動車が小型新車「UB(プロジェクト名)」の車名を「プライド(Pride)」と定め、主な仕様を公開した。新型プライドは、国内をはじめ、ヨーロッパ、アメリカなどの主要市場に投入して、本格的な販売に突入する予定であった。外観は起亜自動車のデザインアイデンティティをそのまま受け継いだ。固有のファミリールックを反映したラジエーターグリルを適用しており、スポーティーなランプで個性を演出した。

4ドア、5ドアなど2つのモデルで発売され1.4ガソリンエンジンと1.6 GDiエンジンを装着した。1.4ガソリンエンジンは、最高出力108馬力、最大トルク13.9kg.m、燃費16.1km /ℓを誇り、直接噴射方式の1.6 GDiエンジンは、最高出力140馬力、最大トルク17.0kg.m、燃費16.7km /ℓ(自動変速機基準)の動力性能を発揮する。1.6 GDiは停車中のエンジンを停止して出発時に自動的に起動このかかるようにするアイドリング制限のシステム(Idle Stop&Go)を適用して17.7km /ℓ(自動変速機基準)の燃費を発揮する「エコプラス」モデルを個別にリリース。

ゆったり室内空間とスポーティーなスタイルを実現

主要諸元は4ドアモデルに基づいて戦場4365mm (5ドアは4045mm)、全幅1720mm、全高1455mm、ホイールベース(ホイールベース)2570mmで、従来モデルよりも全長は115mm、全幅は25mm、ホイールベースは70mm増え全高は15mm低くなってゆったり室内空間とスポーティーなスタイルを実現した。

新車は、ステアリングホイールに熱線を適用して、冬暖かく運転できるように助けてくれるテッドステアリングホイール、運転者が設定した走行速度を自動的に維持させてくれるクルーズコントロール、タイヤ空気圧警報装置など、様々な便宜仕様を適用した。起亜自動車の関係者は、 「新車は、グローバル小型車市場を狙って作った自信作」と「ダイナミックなスタイル、強力な性能、様々な便宜仕様で武装したプライドで小型車市場でも突風を継続するだろう」と述べた。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

コンバーチブルGT、XKR-Sコンバーチブルが初めて登場

ジャガー史上最も強力かつ高速なコンバーチブルGT(Grand Touring)、XKR-Sコンバーチブルが初めて登場した。 最高速度300km / hに達する最新型5.0リッターAJ-V8直噴エンジン …

no image

6速MTや5速ATが必ずしもいいとは限らない

近ごろでは5速AT・オートマチック・トランスミッション、6速MT・マニュアル・トランスミッションなどというスポーツカーや高級車も登場している。いままで5速MT、4速ATだったものが、より細かく分割され …

no image

タイヤホイールに関する基礎知識をよく覚えておこう

タイヤは、できればスリップサインが出る前に交換したい。ヤマがなくなるまで使うのは論外。たかがタイヤとバカにするなかれ。すり減ったタイヤで雨の高速道路を走っていたら、急にスピンを起こしてガードレールにぶ …

no image

トヨタアルテッツァの評価-後輪駆動車ならではの自然な操舵感覚

トヨタアルテッツァの評価-後輪駆動車ならではの自然な操舵感覚。 前輪駆動はスペース効率に優れ、今のクルマは合理化のためにユニットを共用し合うから、この方式が増えればー気に広まってしまう。その結果、後輪 …

no image

ヒュンダイ自動車のツーソンがヨーロッパで最高の小型SUVに認められた

現代自動車ツーソン、ヨーロッパで最高の小型SUVに認められた。ドイツ最高権威の自動車専門誌アウトビルト(Auto Bild)かとアウトジャイツン(Auto Zeitung)される最新号で、韓国の小型S …