雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

環境問題

ポストハーベスト農薬などの問題

投稿日:

ブロッコリー自体が外国から伝来した野菜で、昔はありませんでした。それでも日本で栽培するものは、ちょうど菜の花の咲く少し前に、八百屋さんの店先に短期間だけ並んだものでした。まだ日光が弱いときに育つので、とても柔らかく、菜の花とおなじように春の訪れを告げる野菜でした。けれども今では一年中ブロッコリーは出回っています。

ブロッコリーはほとんどがアメリカから来ます。砕いた氷詰めできますが、氷から出してもいつまでも青々としています。国産のブロッコリーは二、三日で黄色くなってしまいます。輸入ブロッコリーには、緑色を保つような農薬がかけられているのです。このように収穫後にかける農薬のことを、ポストハーベスト農薬といいますが、輸入品では特にこの農薬が問題です。

季節感がなくなると同時に、あのやわらかいブロッコリー独特の味わいもなくなってしまったように思われます。しいたけこのほかにタマネギ、ニンニク、キャベツ、椎昔、ニンジン、ショウガ、トマト、キヌサヤ、グリーンアスパラガス、ゴボウ、ホウレンソウ、ニラ、サトイモ、レンコンなどが輸入されています。

自分たちの国で安全につくられたものを

自分たちの国で安全につくられたものを、旬の時だけ食べるのが豊かな食生活だと思いますが、そのほうが今では贅沢になってしまったのでしょうか。レンコンは泥付きでは輸入できません。泥の中にはいろいろな微生物がいるので、それらが外国から持ち込まれるのを防ぐために、輸入が禁止されているのです。そこで、レンコンはいったん洗って、泥を落として輸入し、日本でふたたび泥をつけていかにも日本産のように見せかけて売るのだそうです。

ホウレンソウなど、葉を食べる野菜は早春までにしなさい、虫が出るようになると殺虫剤をかけるから、と母に教えられました。今の、茎の細い虫の食っていないホウレンソウは中国で一年中栽培されて、日本に輸入されます。中国産の冷凍ホウレンソウから高い濃度の残留農薬が見つかり、回収されるという騒ぎがありました。

-環境問題

執筆者:

関連記事

no image

日本の森林の手入れ不足について

牧草のような飼料にかかっている残留農薬は問題です。汚染された飼料をウシが食べれば、牛乳のなかに汚染物質が入ってきます。恐ろしいことです。川や海の生態系にとって、森林はとてもたいせつです。また、次々によ …

no image

グリーン購入ネットワークの会員の増加

多少割高でも、自然エネルギーの普及を促進するため、グリーン料金を払いたいという消費者が増えているため、東京電力など電力一〇社は、二〇〇一年一月からグリーン料金制度を導入することを決めました。 グリーン …

no image

都会は消費し、ゴミをつくる場所

都会は消費し、ゴミをつくる場所です。都会がつくることのできるのは、公害と環境破壊と資源の枯渇です。それなのにみんなが都会に集まり、都会を拡大していくのです。豊かになった私たちは欲しいものは何でも買いま …

no image

環境経営を徹底しファンドに組み入れられれば

エコファンドが人気を呼べば呼ぶほど、ファンドに組み入れられるかどうかは、企業の市場価値に大きな影響を与えます。環境経営を徹底し、ファンドに組み入れられれば、環境に配慮している企業として世間の評価が高ま …

no image

炭素税導入で税金を内税にするか外税にするかという問題

経済理論的に言って、CO2の排出量を減らすための限界費用と、限界的な社会損失(温暖化による被害)が一致する点が望ましい税率(税額)になるが、そのためには温暖化による被害の測定など膨大な情報が必要になり …