ネット回線

FLETS光 マンションオーナー向けプランの評判は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今や老若男女を問わずインターネットを利用するのは当たり前の時代です。いずれインターネットを利用するのならマンションタイプのインターネットが利用できるかどうかで入居者様は月額数千円の負担額の差が出ます。つまり、もしあなたの保有するマンションがまだマンションタイプのインターネットを導入していないのであれば、入居者様に家賃とは別に余計な負担を強いてしまっている事になります。

市場の物件を大別するとざっくりと以下のように分類されます。何も導入していないマンション・アパート。この場合、ご入居者様が個別に各部屋へ直引きで光ケーブルを引く工事を都度、管理会社やオーナーに許可をとり契約をするので「ファミリー(戸建て)タイプ」の契約を余儀なくされる。そのため入居者の負担額が大きい。現状復帰の必要も都度出てくる場合もある。

FLETS光マンションオーナー向けプランは、下り速度(受信速度)と上り速度(送信速度)ともに100Mbpsです。導入されているのはB FLETSマンションタイプ・プラン1なのですが、これはマンションまで100Mbpsの回線が引き込まれ、その1つの回線をVDSLで各家庭で共有している格好になっています。ワタシが住んでいるマンションの場合は、「若干遅いかも」ぐらいです。「FLETS光マンションタイプは、戸建て向けに比べて遅いのでは?」という疑問はケース・バイ・ケース。

100Mbpsの回線10本分あるので共有しても速度低下しにくい。「共有だから遅いに違いない!」と思うところですが、体感的にはまず遅いと感じることはありません。スピードテストサイトというのはあまりあてにならないのが正直なところ。FLETS光ネクストマンションタイプとして導入されているマンションについては以前の戸建て向けB FLETSとそん色ない速度が出ます。

盲点としては、導入されているVDSL機器の上り速度(送信速度)が35Mbpsなので、残念ながら100Mbps近くまで送信に使うことができないぐらい。「FLETS光マンションタイプは、戸建て向けに比べて遅いのでは?」とか「実際に導入したら速度が100Mbps出ない」とか、FLETS光マンションタイプの速度について疑問や不満がある人が多いはず。スピードテストサイトを使うと、確かに遅い時は40Mbpsほどになることはありますが、普通に60Mbps程度も出ます。

マンションまで1Gbpsの回線が引き込まれている。1Gbpsというのは1000Mbpsのこと。VDSLモデムが最新版なので上り速度(送信速度)が100Mbps。

FLETS光マンションタイプの導入

   
FLETS光はマンションタイプであっても速度が遅いという心配をする必要はない。動画サービスであるアクトビラ ビデオ・フルやひかりTVでも20Mbps以下で収まってしまいます。スピードテストサイトでもない限り、100Mbpsの速度で通信できることはまれです(接続先のサーバーの速度が100Mbpsもないのは当たり前)。

光電話、光TVなどのサービスもあるので何が何だかワケが分からなくなるでしょう。NTTのホームページを見たら分かると思いますが、ハッキリ言って物凄く分かり辛いです。光通信には「FLETS光」「FLETS光ネクスト」「B FLETS」があるのですが、これらは同じ光回線でありながら、利用出来るサービスが異なっています。

今はB FLETSの後継サービスとして提供されているFLETS光ネクストがNTTの顔となっています。NTTの代表ネットプランと言えばB FLETS、というのは一昔前の話。光ネクストやらFLETS光、FLETS光プレミアムなどたくさんのFLETS光があります。

「とりあえず光ならなんでも」と何も考えずに契約してしまうと利用したいサービスが利用できないといった事にもなるので、FLETS光を選ぶ時は事前にどういう用途で光回線を使うのかを明確にしておくようにしましょう。戸建て向けのFLETS光ネクストの下り速度(受信速度)は200Mbpsなので、どうがんばってもマンションタイプ(マンション・ハイスピードタイプを除く)は半分以下の速度にはなります。難しいからと言って適用に契約するのは絶対に止めましょう。

普通、プランと聞けば私達利用者が選ぶのかなと思いがちですがFLETS光の場合、住んでいる場所や建物によって自動で決定されます。集合住宅の場合、電柱から光回線が引き込まれ、各部屋に分配されることによって各家庭で使用出来るようになっています。インターネット料金は毎月発生するものなので、ほんの数百円の差でも後々大きな金額になります。

FLETS光マンションタイプの速度

一戸建ての場合、ほぼ無条件でファミリータイプのネクストハイスピード(隼・ギガ)になります(一部エリアによって隼未対応の場合もあります)。集合住宅には様々なプランがある上の表の通り、集合住宅では住んでいる建物によって回線の種類が違います。ファミリータイプはマンションタイプに比べて割高ですが、回線を引き込むだけの工事なので基本的に最新の回線(ギガ回線)が使用できます。

料金形態やサービスプラン、FLETS光ネクストの種類も簡潔に説明しているので「FLETS光ってなんぞや?」という方はサイトに書かれている事を熟読して失敗しないFLETS光選びを行う様にしましょう。必要なOPだけを付けて不要なOPは全部外すのがネットをお得に使う基本になってきます。利用したいサービスが利用できないだけでなく、余計なオプションがついてしまって毎月の請求金額が高くなる事だってあります。

マンションの場合は専用機器を更新しないといけないため、古いタイプしか選べない場合もある。FLETS光にはファミリータイプやマンションタイプ等のプランがあって、各プランによって月額料金等が変わってきます。

残念ながら、ギガにできるのは光配線方式のみ。通常の光回線に比べて比較的遅いとされる、建物内の通信を電話ケーブルで行うVDSL方式の場合もあれば、工事不要とされるLAN配線方式等もあります。インターネットから問い合わせするか家電量販店等の販売窓口で問い合わせしてみましょう。ウェブサイトからギガに変更しようとするができない…… で、早速FLETSのサイトにアクセスしてギガに変更しようとするがプラン変更が見つからない。

ネットを探すもだれもそれについて言及していない。基本的に「光配線方式」であれば、基本的に個人の自由でギガにすることができるようです。移転はあるけど変更がない。光開通は面倒で、方式によってはこのギガが使えなかったりするし、工事にマンションの管理組合を通さないといけなかったりと面倒。

最新で最も通信速度の速いネクストハイスピード隼(1GB)が使用出来る場合もあれば、通信速度100MBの光プレミアムしか使えない場合もあります。単純なプラン変更を申し混むだけでOK。自分が住んでいるマンションにどのタイプが入っているかはNTTに確認しないと分かりません。

FLETS光マンションタイプの料金

分配する機器や建物内のケーブルの種類によってタイプが変わってきます。マンションの住戸数(世帯、部屋の数)によって「プラン1」、「プラン2」、「ミニ」に分かれます。たくさん部屋がある大規模なマンションの場合は「プラン2」、中規模マンションが「プラン1」、小規模マンションやアパート等は「ミニ」が入っています。

ファミリータイプは、光回線を使えるようにする為に工事が必要となります。という事で、結局休日に電話。なので会社から自分のFLETSアカウントにログインしても出来ないことが多い。このように住んでいる環境によって利用することができるタイプが違いますのでちゃんと確認する事が大切です。

お住まいの集合住宅(マンションやアパート)に光環境が整っている場合に契約できるNTT光回線のタイプで、設備が整っていないマンションやアパートは利用することができません。ファミリータイプは、一戸建て・光環境が整っていない集合住宅・5世帯以下の集合住宅がNTT光回線のファミリータイプとなります。マンションタイプの集合住宅は、もうすでに光環境が整っているので工事不要でNTT光回線が使えます。世帯数が多い大規模マンションならタイプ2で、少ない場合はタイプ1になる。

FLETSのウェブサイトの面倒な所は、FLETS回線からログインしないと色々情報が見れない。とにかくこれが苦労したという事で、諦めて電話だ! 電話をする前に、予め契約した時の書類を用意しておくとスムーズです。更に少ないとミニになり、「タイプ2<タイプ1<ミニ」という感じで値段が高くなる。なかなかオペレーターにつながらず、「大変込み合っております ピロロロ~ン」というようのを、15分程聞いてようやく繋がる、そこからは非常にスムーズ。

マンションには期待できる契約数に応じて、料金タイプが異なる。お客様IDっていうのが必要。料金の支払い方法などを聞かれるので把握しておくとよい。

ご利用料金を家賃・管理費へ転嫁することもオーナー様のご判断。家賃にネット接続料が含まれている(見方を変えるとネット接続料金をオーナーが負担している)いわゆるネット無料対応型マンション。この場合はご入居者様が若干のインターネット接続料金をNTTやプロバイダなどの通信会社と個別に契約して負担する必要があります。

FLETS光マンションタイプ料金値下げの今がお得

FLETS光マンションタイプや他社キャリア(通信会社)のマンションタイプ導入済み集合住宅。「全戸加入プラン」の運用は、オーナー様に一任されます。

ご入居者様の満足度向上はもちろん、新築物件では、建築コストの削減に。運用次第で、物件のセキュリティサービス(防犯カメラetc)の充実を図るなど、安定した賃貸経営のためにも活用できます。

建築済み物件では、ランニングコスト(修繕積立金など)の低減に貢献。「全戸加入プラン」は、FLETS光の特別価格での提供に加えて、施主様・オーナー様の物件ヘ魅力ある付加価値を提供します。

新規物件の契約時あるいは既存の契約者が今後も契約を続けるか否かの判断に、マンションタイプのインターネットが利用できる事を条件の一つに加える方も少なくありません。FLETS光マンションタイプをご利用いただきますと、光インターネットはもちろん、ひかり電話、光テレビを入居者様がご利用いただく事ができるため、物件の付加価値を高める事ができるのです。

FLETS光ネクスト全戸プランの導入をお考えの方は、入居者様に付加価値をもたらす設備として注目されている、 集合住宅オーナー&施主様向け FLETS光全戸プランがおすすめです。もし興味のある方は、以下の広告からホームページに移動することができます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加