ネット回線

WEBカメラは価格が安いものを選ぼう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェブカメラ(webcam)とは何か?ウェブカメラ(webcam)はコンピュータに接続されたビデオカメラである。インターネットビデオ会議や気象観測等、無数の正統な用途がある。多くのウェブカメラ(webcam)はルータや無線ネットワークに接続されたスタンドアローンのデバイスであり、常に繋がっている。

ネットワークカメラでは、パン(左右の首振り)チルト(上下の首振り)の操作に対応することで広い範囲を映すことができる製品も多いが、Webカメラではそうしたギミックを備える製品はまれ。従来のアナログタイプの監視カメラと異なり、特定の録画機器に限定せず、LAN上のさまざまなPCから映像の閲覧が可能なこともメリットの1つと言える。

LAN上のさまざまなPCやスマホ、タブレットから映像を閲覧できるネットワークカメラに対して、Webカメラは接続先のPCでしか閲覧できないのもネックになる。Webカメラをネットワークカメラの代用として使おうとした場合も、接続方式がUSBであるため、PCからの距離はどうしても限られてしまう。

壁面や天井に設置するのは難しいだろう。Webカメラは低解像度の製品ならば1000円を切っており、メインストリームは2000~4000円前後といったところだが、ネットワークカメラは1万円を切る製品は少なく、多くの製品が2万円前後、防犯を想定した屋外取り付けが可能なモデルになると10万円オーバーもあり得るというのが価格の相場です。

用途がそもそも異なっており、利用スタイルも異なる両製品だが、製品の価格帯にも大きな差があります。WEBカメラとは、WorldWideWebの略で、簡単にいうとインターネットのことを意味しています。カメラとは、旅行をいったときに記念写真をとるカメラや、運動会などの映像をとるホームビデオ用のビデオカメラのようなものがあります。USB接続するケーブルはUSBという形式が主流になっています。WEBカメラは後者のビデオカメラに近いと思います。

WEBカメラとは

大規模な工事や、ややこしい設定もすることなくリーズナブルです。なお値段でWebカメラシステムを構築できその手軽さからいろいろな場面で利用できます。ルータの設定を変更するなど難しいことは一切不要です!インストールし初めてから約3分もあれば使い始められる手軽さが人気です。WEBカメラとは、インターネット用のビデオカメラを意味しています。WindowsXPを使っているなら、たったひとつのケーブルをパソコンに差し込むだけで、使うことができるようになります。

あなたのパソコンにWEBカメラをつなぐと、あなた自身の映像をインターネット上に配信することができるようになります。パソコンにつないでいれば、写真を撮ることもできてしまいます。WEBカメラで撮影中の画像を外出先のパソコンやスマートフォン携帯電話から見ることができます。

WEBカメラをパソコンにつなぐといっても、むずかしく考える必要はありません。非常に簡単です。動体検知機能防犯では、監視中のWEBカメラ画面内で動いた物体を自動的に検知し、画像を保存すると同時に設定したメールアドレスに通知!動きを検知する前後の画像も保存されるので、検知前の状態から後までをしっかり確認可能。USBとはひらべったい長方形の端子のことです。

WEBカメラとは?最大の利点は、インターネット上で画像が見られることにあり、インターネットに接続できる環境さえあればいつどこでも気軽に画像を閲覧することができます。動きがないことが心配になる介護や赤ちゃん等の活動を見守る機能として活用。Webカメラとは、カメラを設置した場所の映像をインターネットを介し閲覧できるカメラです。

マルウェアやハッカーがウェブカメラ(webcam)に対し権限なくアクセスするケースがある。見知らぬ者がインターネット越しにウェブカメラ(webcam)にアクセスできるというリスクが存在する。[検知エリア指定機能]カメラの画面内で検知エリアを指定できるので、入り口付近のみを監視したりペットが動き回る範囲以外を監視したりなど細かい設定が可能です。

検知感度を細かく設定できるので草木の影ができるたびに誤通知といった事は防げます。非動体(動かない)検知機能監視中のカメラ画面内で数分~数時間の間動きが無い場合に、メールで通知を行うことができます。テレビ電話用のフリーソフトをパソコンにインストールすると、お孫さんのWEBカメラの映像をみたり、自分のWEBカメラの映像をみせたりすることができるようになります。

WEBカメラの防犯

パソコンとUSBケーブルで接続するため、USBカメラとよばれることもあります。稀なケースであるが、ウェブカメラ(webcam)は広く使われるようになってきており、予防策を講じることは価値のあること。

ウェブカメラ(webcam)の防衛方法PCが間違いなく安全であることを確かめよう。スタンドアロンウェブカメラ(webcam)へのアクセスをコントロールするために強力なパスワードを使用。無線ネットワークを使用しているのであれば、無線ネットワークが間違いなく安全であることを確認。

誰でもインターネット上でスタンドアローンのウェブカメラ(webcam)を発見できる。安全なPCに取り付けられたウェブカメラ(webcam)は安全である。安全が確保されていない無線ネットワークは、ハッカーにウェブカメラ(webcam)へのリモートアクセスを与えることが出来る。

ウェブカメラ(webcam)にアクセスするためにパスワードをハッキングしたり推測したりできる。ウェブカメラ(webcam)が取り付けられているPCは、そのコンピュータを外部から制御する(従って、ウェブカメラ(webcam)にアクセスできる)ウィルスやスパイウェアに感染することになる危険性を有する。

検索エンジンを使用して、あるスタンドアローンのウェブカメラ(webcam)を検出することが出来ることが示唆されている。撮影画像は直後に当社専用サーバへ自動アップロードされるのでパソコンが盗まれた、壊された場合でも画像はサーバ上に保管されています。

最近では防犯カメラの話題になることも多いネットワークカメラ。今、店舗だけでなく幼稚園での防犯対策に、工場の生産ラインや建築現場での現場のモニタリングなど様々な用途で利用されています。基本的にネットワークカメラはその名前の通りLANで接続され、カメラ単体で動作するものを指す。

ONVIFというネットワークカメラの規格に適合していればメーカーを問わず接続でき、防犯カメラシステムを構築することができる。ソフトウェアのアップデートの確認のため、メーカーのWebサイトを定期的にチェック。PCの周辺機器として身近なWebカメラとは何が違うの?と思う人もいるかもしれない。

WEBカメラで録画

ある種のプライバシーを保護するためレンズの上を紙で覆う。Webカメラには逆光でもよく写る、暗視が可能、上下左右で動く、ズームが可能など、様々な種類があります。顔認証や利用者の確認といったセキュリティ利用は可能だが、あくまでパーソナルユースでの話となる。

もし特定の精神的苦痛を感じたならば、必要なとき以外はウェブカメラのプラグを抜いておく。インターネット等を使用してリアルタイムで映像が閲覧できる、Webカメラ。ネットワークカメラは業務用途が多く、遠隔地の様子をネット経由でPCやスマホなどから確認できる点が特徴。

PC周辺機器/パソコン周辺機器の選び方Webカメラの選び方とおすすめ機種遠隔地にいる家族や友だちなどと密なコミュニケーションを取りたいと思った場合、便利なのがWebカメラ。WEBカメラで録画もできます。業務用途向けだったネットワークカメラも、最近では家庭個人向けの製品が増えている。ネットワークカメラとは、ネットワークに接続できるカメラです。インターネットや社内LANを使い、リアルタイムでネットワークカメラが映し出す映像をご覧いただけるという仕組みです。

あくまでPCに接続して使うオプション的なカメラ。携帯やパソコンなどの端末から、カメラの角度の変更などの遠隔操作も可能です。製品自体も電源供給をLANケーブルだけで賄えるPoEへの対応など、防犯カメラとしての利用を前提としたモデルも多い。

ネットワークカメラはここ数年で低価格化が進み、身近なところで見かける機会が増えた製品の1つ。設置や操作も簡単で通常のセキュリティシステムに比べ低コストなので、様々な用途にご利用いただけます。WebカメラはPCでの接続が必須となり単体運用はできない。

WEBカメラがおすすめな理由

接続は主にUSBだが、ノートPCなどに内蔵されたカメラもWebカメラ。カメラ自体は録画機能を持たない場合がほとんどで、防犯目的の場合はローカルLAN内にNASやPCなどで録画環境を構築することが一般的。Webカメラは基本的にビデオチャットなどの個人利用を想定しており、常時PCを立ち上げている必要がある。

最近では低価格化により、家庭でペットや赤ちゃんの様子を遠隔地から見るという用途普及が進みつつある。防犯監視用途に使われる従来の用途はもちろんのこと、企業内であれば受付の様子や会議室の利用状況をモニタリングする用途にも利用でき、受付業務の無人化などに役立つ。

WEBカメラがおすすめな理由は、マンションなど集合住宅のLANでも面倒な設定が不要など、手軽さを売りにした製品も登場していることでもある。遠くない将来、Webカメラ並みに低価格なパーソナルユースのネットワークカメラが登場するだろう。無線LANルーターの一般化と、スマートフォンの所有率向上によりネットワークカメラの導入によって遠隔監視システムを同時に構築できる環境が整いつつあるため。

Webカメラの普及数には及ばないまネットワークカメラ市場は当面拡大が予想される。ネットワークカメラはLANに接続して利用するため、ルータやハブによって構成された昨今の社内ネットワーク環境への導入は容易です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加