卵黄コリンの効果や効能は?

公開日: : サプリメント

キューピーから栄養補助食品として、卵黄コリンと言うサプリメントが発売されました。

卵黄コリンは、卵黄に多く含まれているレシチンに着目して出来たサプリです。神経伝達物質の原料となっているコリンが摂れます。

悩みを抱えている方をサポートする栄養補助食品が、キューピーの「卵黄コリン」です。

卵黄コリンは、1995年から愛され続けるキューピー自信のロングセラー商品です!

独自の超臨界抽出法を使って90%以上のコレステロールを取り除いた卵黄油を配合しております。

卵黄コリンは毎日6粒飲むだけではつらつとした毎日が送れる、夢のような嬉しいサプリメントです。

卵に含まれるレシチンの力で脳を活性化させ、年齢から来る脳の衰えを予防・改善。

アルツハイマー病の改善には、卵黄コリンとビタミンB12の組み合わせが指摘されています。

卵黄コリンの原料…卵黄の脂質に由来する成分です。卵黄ホスファチジルコリンともいわれます。

毎日卵黄レシチンを召し上がることにより、健康の維持に役立てていただければと思います。

物忘れが多い、人に合うのがおっくう、はつらつと過ごしたい、思い出せないことが、これらに思い当たることがありませんか?

これらのサプリメントの中には、一般の人にもプラスになる栄養素が多く含まれています。

マヨネーズでおなじみのキューピー

マヨネーズでおなじみのキューピーが、20年以上前から販売している卵黄コリン。1日6粒服用することで300mgのレシチンを摂取することができます。

キューピー卵黄コリンは、マヨネーズで有名なキューピーが開発した、卵黄に含まれるレシチンをギュッと凝縮した、キューピー卵黄サプリです。

薬を服用あるいは通院中の『ミネラルミックス』には口コミも探してみる元気セブンが自分にとっては重要な役割を担っていたんです!!素敵な対応!!キューピー卵黄コリンって口コミで評判です!

コリンは神経伝達物質アセチルコリンの材料となります。

アセチルコリンは不足すると記憶障害、認知機能低下の原因になることが知られています。

この事からアセチルコリンの原料としてコリンが注目されています。

卵と言えばキューピーです。

キューピーは言わずと知れたマヨネーズを作っている会社なので、ものすごい量の卵を扱っています。

その量、1年間で25万トン。これは日本で生産される卵の10%程にもなるそうです。

言ってみれば卵の専門家。

年齢のせいだとあきらめていませんか?

これらの悩みを抱えている方をサポートする栄養補助食品が、キューピーの「卵黄コリン」です。

1995年からのロングセラー商品、卵黄の力がぎゅっとつまっています。

リンは卵の黄身に多く含まれている栄養素

リンは卵の黄身に多く含まれている栄養素です。

わたしは、そうでなくとも1日に卵を3つくらい食べるのですが、コリンを1日に3回採るようにしてからというもの、全然イライラしなくなりました。

レシチンは主に卵黄と大豆に多く含まれていますが、神経系に効果を発揮してくれるのは卵黄から抽出したレシチンです。その中に含まれている「コリン」という成分が記憶力や集中力を高めてくれる効果があると考えられているそうです。

物忘れが気になる、いつまでも若々しく元気に過ごしたいなどの悩みの人におススメしたい卵黄レシチン入りの物忘れ防止サプリです。

コリンには卵黄コリンと大豆コリンがあり、コリンを豊富に含んで近年特に注目されているのが卵黄コリンです。

キューピーが大発見!!

コリンとビタミン12を一緒に摂取すると効果的ということがわかりました。

卵の研究の集大成が卵黄コリンなんですね。

卵黄コリンはレシチンパワーで毎日がハツラツと過ごせます。

物忘れや頭がシャキっとしない方におすすめです。

体に吸収しやすいように工夫されビタミンも配合されています。

あなたは最近こういったことで悩んでいませんか?

最近物忘れが多くなってきた

人にあったり出歩くのがおっくう

昨夜の事が思い出せない

家を出たもののどこに行くのかわすれてしまう

毎日すっきり、ハキハキと過ごしたい

なら、卵黄コリンがおすすめ。

レシチンは約150年前に卵黄と脳から抽出された成分

レシチンは約150年前に卵黄と脳から抽出された成分です。
リン脂質を含む脂質の総称としても用いられています。
レシチンは細胞膜など体の中にも存在しています。

コリンを飲むことで、怒りの神経がスーッと抜けたような気がしました。1錠でそう感じました。

以来、うれしくなって、1日に3回飲んでいます。もう、1年飲んでいますが、些細なことでも、大きな問題でも腹が立ちません。

レシチンには悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増加させる効果や肝機能の強化、肥満予防や血糖値の低下にも効果があるといわれています。

レシチンとは、約60兆個の細胞の核や細胞膜に存在し、細胞に必要な栄養や酸素を取り込みながら不要なものを排除してくれるようです。

日本人の認知症の約60%を占めるのがアルツハイマー型認知症です。

そしてアルツハイマー型認知症の患者では、実際にアセチルコリンの減少が確認されています。

卵の効果ってものすごく期待できますよね。

卵が産まれてからヒヨコが出てくるまでたったの21日です。

そこにはものすごい生命力が秘められています。

キューピーならではのこだわりの卵黄コリンとビタミンB12の組み合わせではつらつとした毎日を!

レシチンの中に含まれるコリンが今注目されています。

レシチンの中でも働きが注目されているのがコリン(ホスファチジルコリン)です。

代表的なレシチンには卵黄レシチンと大豆レシチンがあります。
卵黄と大豆のレシチンを比較すると、ホスファチジルコリンは卵黄に多く、そのパワーは卵黄レシチンに多くつまっています。

コリンは脳内ホルモンのアセチルコリンの原料となる物質

コリンは、脳内ホルモンのアセチルコリンの原料となる物質ですが、同じ原料であるレシチンやDMAE(ジメチルアミノエタノール)を飲んでも、同様の効果はありませんでした。コリンが効いているのだと思います。

長年、卵の研究をしてきたキューピーならではの厳選した原料に、相乗効果の高いビタミンB群や亜鉛、ビタミンEなどを配合。身体の健康維持に重要な成分を組み合わせて、毎日生き生きと過ごせる体作りをサポートしてくれます。

卵黄コリンはつらつ力は口コミでも評判よく、記憶力、暗記力、うっかり、集中力などの予防に効果が期待できると話題です。

高齢者は加齢に伴い、体内のアセチルコリンの量が減少します。

そこでアセチルコリンを増やすために、コリンを十分に摂取することが必要、と言われています。

このコリン、卵黄レシチンの方が2倍以上も多く含まれています。

コリンを摂取しようと思ったら、卵黄コリンがいいですね。

1995年から愛され続けるロングセラー商品で、リニューアルされるほどの人気です。

みなさん効果を実感されています。

とくに頭がシャキッとするという口コミが多かったですね。

脳への血の巡りが多くなり働きが良くなるんですね。

今後体も脳も心も衰えていきます、いつまでも元気ハツラツでいたいですよね。

このレシチンがはつらつとした生活をしっかりサポートします。

キューピーの卵黄コリンは

キューピーの卵黄コリンは1995年から、愛されているロングセラーです。

卵の専門メーカーとも言えるキューピーがその成分にとことんこだわって出来たのがこのキューピーの卵黄コリンです。

「卵黄コリン」は、アルツハイマー病をはじめとする痴呆症の改善、予防に対する効果に止まらず、健常者の脳の活動全般に対しても優れた効果が期待されています。

キューピーは2つのことにこだわりました。
1つめは成分の組み合わせです。
卵黄のコリンはビタミンB12と組み合わせることがよいとわかりました。
吸収されなければ体内で利用できないので、吸収も考えて吸収されやすくした卵黄油であるリゾホスファチジルコリンを使用しています。

レシチンは健康で長生きのために欠かせない成分でもあるのです。

さらに卵黄コリンは、原料にもこだわり体に吸収しやすいコリンを含む卵黄油を使用し、健康に欠かせない亜鉛、ビタミンB、Eを配合。

FDA(米国食品医薬品局)ではコリンの目標摂取量が定められています。

コリンは体内では必要とするだけの量が合成できないため、食品などから摂取する必要があるからです。

肝脂肪の蓄積を防いだり、脳や神経組織の細胞に欠かせないみたいですね。

レシチンが足りなくなると脳の働きが弱まって、精神的にも悪影響が及ぶようです。

有効成分のコリンを効率よく吸収させる栄養素ビタミンB12や健康維持のための最も大事なミネラルである亜鉛、さらにビタミンEなどをたっぷり配合しています。

コリンには脂質代謝改善作用

「コリン」には、脂質代謝改善作用、特に「血中コレステロール低下作用」のあることは、1930年代から報告されていました。

たった21日でヒヨコを生みだす卵のチカラ「卵黄コリン」。

1995年から愛され続けるロングセラー商品です。

2009年リニューアル前の商品を1995年から発売開始しています。

健康維持をサポートする亜鉛、4種類のビタミンB群、ビタミンEも加えました。
亜鉛は体の多くの酵素の働きに関係しているミネラルです。
ビタミンB群は代謝をサポートします。ビタミンEには抗酸化作用があり、若返りビタミンと呼ばれています。

卵と聞くとコレステロールを気にされる方もいると思いますが、キューピー独自の特殊製法によって抽出した卵黄油を使用しているので安心です。

コレステロールが気になる人には独自の方法で処理した卵黄油を使用し、コレステロールの心配もありません。

卵黄コリンを日々十分な量を取る為には健康食品やサプリメントから補充する事がおすすめです。

卵黄コリンはビタミンB12と一緒に摂る事でより健康効果が発揮される、との研究報告があります。

コリンは乳幼児の栄養補給に使われることもあるくらいなので、心配いりません。

薬ではないので、仮に多量に摂取しても問題ありません。

良い部分の効果だけ享受出来るというわけです。

コレステロールの値が気になる方

コレステロールは善玉であれ悪玉であれ人体には欠かすことの出来ない成分です。しかしながらコレステロールの値が気になる方もおられるはずです。ですからキューピーは独自の技術で処理をした卵黄油のみを使っています。

医薬品として使われている「コリン製剤」は、高コレステロール血症や動脈硬化症、肝炎や脂肪肝などの肝臓脂質代謝障害に効果を示す医薬品として臨床的に用いられてきました。

さっき、誰と電話で話していたのか思い出せない。
最近、物忘れが多い気がする。
孫の誕生日を忘れそうになる。
人に会うのがおっくう。
毎日はつらつに過ごしたい。

1つでも思い当たることがあれば是非、お試しください。

コレステロールはホルモンの材料など体に必要なものですが、コレステロール値を気にしている方もいると思います。

そこで、キューピー独自の方法で処理をしています。1日目安6粒に含まれるコレステロールは、わずか3.5mgです。

不規則な生活習慣や毎食自炊できないという人でも、サプリであればストレスなく続けることができるので、手軽に毎日必要な栄養素を取り入れることができます。

大手食品上場会社で信頼のおける会社のものがより安心でしょう。

マヨネーズで卵、卵黄の研究、卵黄を成分とする食品の開発、生産をやってきているキューピーはやはり人気の卵黄コリンでリピーターが多いです。

国内最大手のマヨネーズ製造メーカーキューピーならではの卵へのこだわり。そのこだわりから抽出したのが有効成分「卵黄コリン」です。そしてこの卵黄コリンの吸収をサポートするビタミンB12をしっかり配合。

将来、コリンの研究領域は、脳の発育、子供の学習効果、記憶力や集中力の増進など、幅広く脳の働きを引き出す「活脳」方面に進められそうです。今後、さらに大きな期待が寄せられています。

ただ、長生きするだけではなくはつらつと長生きしたい。

そんなあなたに卵黄レシチン習慣を!

販売価格は9,180円(60日分)なのですが、定期購入ですと初回4,590円で購入することができます。送料は無料です。

レシチンのパワー!卵黄コリン

スポンサーリンク

関連記事

no image

悠々館輝寿パルメットの評判や口コミ

「輝寿パルメット」は、中年の多くの方が悩んでいる、オシッコの悩みを解消してくれるサプリメントです。輝

記事を読む

no image

もっとからだ天国の評判や口コミ

「もっとからだ天国」は、30年余り糖尿病の改善に尽力された2名の医師に加え、薬剤師、管理栄養士のご指

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

小便器に氷が詰められているのは何故?

居酒屋やホテルなどの男子トイレで小便用の便器に氷がギッシリ入っ

理容院は明治維新の頃に横浜で生まれた
スケベの語源-江戸の町人、助平さんに由来

世の中には一瞬の出来ごころがもとで、一生どころか、辞書にまでそ

明治時代の1円の価値は
昔の日本語で面白いと思うオシャレでトンチのきいた言葉

昔の日本語で面白いと思うオシャレでトンチのきいた言葉がある。歴

鳩はなぜ平和の象徴とされているのか?
鳩はなぜ平和の象徴とされているのか?

鳩はなぜ平和の象徴とされているのかご存知だろうか? &n

野球のバッティングと似ていて
プロ野球でグローブで口元を隠して会話する理由や起源

プロ野球でグローブで口元を隠して会話する理由や起源をご存知だろ

女性専用車両は2001年3月に京王線に登場
バイクについている三角のマークの意味って何?

バイクの後ろに貼られている三角のマークって何かご存知だろうか。

男女のマーク-性別記号の正しい由来
男女のマーク-性別記号の正しい由来

今ではすっかりお馴染みとなった♂と♀の男女のマーク(性別記号)

no image
FXで勝てない人におすすめの教材や副業の内容が凄い

FXを独学で勉強されている方は多いかと思いますが、独学でFXを勉強して

no image
勝てないトレーダーだった私のFXの収益を10倍にした情報商材が凄い

FXでは、何人もの人たちが、毎日負けトレードを繰り返しています。 あ

no image
タバコの悪影響は肺がんや動脈硬化のリスクだけではない

タバコが人の体にとって有害であることは、多くの方が知っていると思います

→もっと見る

PAGE TOP ↑