雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

風邪とインフルエンザの症状の違いはどこ?

投稿日:2018年8月10日 更新日:

かぜとインフルエンザは別のものです。かぜは、ウイルスが上気道に感染することによっておこる症状です。混同しがちですが、いったどこが違うのでしょうか。

インフルエンザと風邪は症状が似ていて区別が付きにくいですが、インフルエンザと風邪では、大きく違うところがあります。

インフルエンザの場合、インフルエンザウイルスに感染した高齢者の死亡の原因として一番にあげられ、高齢者で問題となるインフルエンザに伴った肺炎があります。

肺炎は肺の炎症ですが、インフルエンザに伴った肺炎は、ウイルス感染によって起こります。一般的には異物の誤嚥や細菌の感染が原因となります。

また、インフルエンザはかぜと同様ののどの痛みや鼻水、せきといった症状を示しますが、それらの症状が激しく高熱を伴います。さらに一般のかぜと比べて伝染性が強いのも特徴です。

インフルエンザがかぜと違い怖いのは、その合併症にあります。インフルエンザに伴って脳の病気が発生することがある点です。日本国内では毎年100例、インフルエンザ脳症の発症があります。

数百例のインフルエンザ脳症の患者が発生

小さい子どもや高齢者は注意が必要です。年によっては数百例のインフルエンザ脳症の患者が発生しています。

インフルエンザウイルスの感染に伴って脳が浮腫になり麻痺や音識障害といった症状を示し、体が応答するときに過剰な反応が起こり、最悪の場合は死に至ります。

インフルエンザ脳症という病名を聞いたことがないでしょうか。感染部位はあくまで喉や鼻の上気道なので、インフルエンザウイルスが脳に感染するわけではありません。

風邪の症状としては、下痢や唱吐などの消化器症状を示し、のどの痛み、鼻水、鼻づまりなどの呼吸器症状を示します。

かぜは、単一の原因による病気ではありません。一般的には「かぜ症候群」として定義される疾患群です。

かぜの原因となるウイルスは、実にさまざまなウイルスによって引き起こされます。アデノウイルス、エコーウイルス、ライノウイルス、Rsウイルス、コロナウイルスなど様々でので、特効薬は作れません。

これといった治療法がないのがかぜの特徴のーつです。多くの場合は数日で自然治癒しますが、実は風邪には特効薬は存在しないのです。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

医者は論文の質ではなく、その数で決まるといわれる理由

ある医局では昔、助教授の書いた週刊誌の小さな健康記事、製薬会社の広報雑誌のコメントまで研究業績として記載していたことがあったらしい。さらに研究論文の数を稼ぐために、一般向けの本を共著という形で出版し、 …

no image

血圧の標準値にあるいろいろな見方や判断材料

血圧の標準値にはいろいろな見方があります。現在の標準値は一四〇/九〇ということになっていますが、これは一九七〇年代には、世界保健横構が最高血圧一六〇以上、最低血圧九五以上が高血圧と規定していました。 …

no image

インフルエンザワクチンの製造方法

日本国内ではインフルエンザの流行は、初冬から春にかけて起こることが多いです。理由はインフルエンザウイルスが乾燥した時期を好むからです。 インフルエンザが流行してしまうと大変ですので、あらかじめ流行前に …

no image

光温浴器を用いた治療の効果

あまり知られていないかもしれませんが、光で治療ができる、光線治療器という治療器があります。 痛みを感じさせる物質と関係があるようですが、殺菌、温熱、そして細胞の活性化ができます。痛みが短時間で取れてし …

no image

全身脱毛STLASSHの評判や口コミ

STLASSH(ストラッシュ)は、医療関係者が選ぶ「最新理論の脱毛サロン」というランキングで第1位に選ばれている脱毛サロンです。 脱毛サロンSTLASSHが導入をしている、最新脱毛法のSHR脱毛法は、 …