雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

咽頭がんの原因や手術 術後声は出せるの?

投稿日:2018年8月24日 更新日:

肺がん以上にタバコが深く関係しているがんにのどのがんがあることは、意外と知られていない。進行がんや再発がんでは、のど仏の骨に囲まれた喉頭を切除しなければならない。

タバコが肺がんの原因となることはよく知られているが、実は、のどのがんのほうが、タバコの影響を受けているのだ。

喉のがんは、タバコやアルコールなどの長期間にわたる毎日の生活習慣が、がん発生の大きな要因である。

同じのどでも喉と咽では大違いである。放射線治療を行ったが再発し、喉頭全摘が必要となることもある。がんが発生した患者さんは、次に別のどこに発生しても決して不思議ではない。

治療のポイントは、喉頭を残せるかどうかである。のどのがんと言っても医学的には喉(のど)と、咽(のど)は異なる。

声帯は、血流やリンパ流が非常に乏しく、最もがんが発生しにくい部位である。そこに発生するがんの経過も大きな違いがある。

のどを取るのは怖い。しかし、大変上手に声を出す患者さんに接すると、このくらい会話ができるなら喉を取ってもいいか、と気持ちが変わるようである。

喉頭は声帯を中心とした呼吸器系の一部

喉頭は声帯を中心とした呼吸器系の一部で、発声するための空気の流れを喉頭が調節している。

喉頭にがんができれば、声がかすれ、比較的早期に発見される。のどのがんは、発見されやすい部位と、発見されにくい部位がある。

喉頭を切除しても、腹部に力を入れ、胃と食道の空気を逆流させて発声する方法が訓練によっては可能となる。

喉頭を切除すると、発声は困難となり、会話ができなくなるが、食道発声法を覚えれば、発声できるようになる。

食道発声法により、努力次第では会話ができることを説明すると、手術に同意する。しかし、断固として手術を拒否する患者さんもいる。

喉頭を摘出した人々が集まって、発声を訓練する患者さん同士の会などもある。

術後、声のリハビリテーションに努力して、ほとんど問題なく日常生活の会話を行っている人も多い。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

死刑囚から移植を受けることについて

どんな重症でも助かるかもしれないと思って治療を続け、呼吸が止まっても人工呼吸器をつける。それを脳死かもしれないということになれば、脳波を調べたり、ためしに人工呼吸器をはずしたりしないといけない。 そし …

no image

医者が開業医を目指しアルバイトを増やす際に利用したいサービス

医師が開業院を目指す場合、開業資金をかなり集めないといけません。本気で開業を目指している医師の中には、常勤だけではお金が貯まらないので、アルバイトもしながらお金を稼いでいる医師もいます。 非常勤のアル …

no image

ITの時代の次はBTの時代

医学以外の分野であれば、一流の研究の多くは企業の研究所から出ている(島津製作所の田中耕一氏がノーベル賞をとったのは記憶に新しいだろう)。民間での研究はけっしてバカにできない。もちろん、医局に残っていい …

no image

生活リズムが崩れる影響

人間の体には先祖代々受け継がれてきた生体リズムがあります。これを逆にすると体に変調をきたします。暗い時間は寝る。明るいうちは起きて活動する。 古来人間が持っている生活リズムです。日が昇って、沈んで、眠 …

no image

医者としての教育や医療制度などについて

医学部の教育内容が見直され、かつてより医者としての情操教育や倫理・哲学などに力を入れるようになったとは聞いています。しかし、現実的には、医学部という学部は医者になるための専門学校ですから、修得すべき医 …