雑学

コンセントの穴の大きさの違いって何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンセントの穴の大きさの違いって何?

コンセントの穴の大きさの違い

電気釜や電気アイロンなどを使う時、プラグを差し込む器具をコンセントといっている。

このコンセントには、長方形の穴が二つ空いているのはご存じの通りだが、この穴をよく見ると左右の大きさが違う。

正確にいうと

正確にいうと、片方の穴の長さは7ミリで、もう一方は8.7ミリとなっている。ほとんど差がないので、ほとんどの方は気が付いていないと思われる。

ただ、もちろん、これは設計ミスでも欠陥商品でもない。

コンセントの大きさは

コンセントの大きさは規格で決まっていて、大きい穴のほうはアースしてあることを示している。

発電所から送られてくる電力は、柱上変圧器で100ボルト、または200ボルトに降圧して一般家庭に入ってくるが、この2本の電線のうちのー本は、安全上からアースされている。

もしも大きな電流が流れてしまった場合でも、アースがあるおかげで、電気を逃がしてくれるようになっている。

アースされた線がコンセントの大きな穴に接続

このアースされた線がコンセントの大きな穴に接続されているのだ。

したがって、工事などの時、アースされているほうに触れても感電しないが、そうでないほうに触ると危険である。

これを知ったからといって

もちろんこれを知ったからといって、アースなら大丈夫だとむやみに触るのは止めておこう。非常に危険である。

アースではない、もう一方の穴の小さいほうから、電気を流しているので、絶対にこの穴に金属の棒などを突っ込まないようにしよう。

コンセントの穴に金属物

コンセントの穴に金属物(針金など)を突っ込むなどして感電してしまった場合、手が熱くなり、見る見るうちに手が真っ黒になってしまって、やけどしてしまう。

片手だけなら死ぬことはないが、反対の手に金属類ものを持っていたら、心臓に電気が通ってしまって、下手すると死んでしまうかもしれない。

遊び半分で絶対にコンセントの穴に金属物を突っ込まないようにしよう。

小さいお子さんのいる家だと、子供がまれにコンセントの穴に何かを入れてしまって、感電してしまう事故が起こってしまうこともあるので気をつけよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加