雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

雑学

コンセントの穴の大きさの違いって何?

投稿日:2018年6月7日 更新日:

コンセントの穴の大きさの違いって何?

コンセントの穴の大きさの違い

電気釜や電気アイロンなどを使う時、プラグを差し込む器具をコンセントといっている。

このコンセントには、長方形の穴が二つ空いているのはご存じの通りだが、この穴をよく見ると左右の大きさが違う。

正確にいうと

正確にいうと、片方の穴の長さは7ミリで、もう一方は8.7ミリとなっている。ほとんど差がないので、ほとんどの方は気が付いていないと思われる。

ただ、もちろん、これは設計ミスでも欠陥商品でもない。

コンセントの大きさは

コンセントの大きさは規格で決まっていて、大きい穴のほうはアースしてあることを示している。

発電所から送られてくる電力は、柱上変圧器で100ボルト、または200ボルトに降圧して一般家庭に入ってくるが、この2本の電線のうちのー本は、安全上からアースされている。

もしも大きな電流が流れてしまった場合でも、アースがあるおかげで、電気を逃がしてくれるようになっている。

アースされた線がコンセントの大きな穴に接続

このアースされた線がコンセントの大きな穴に接続されているのだ。

したがって、工事などの時、アースされているほうに触れても感電しないが、そうでないほうに触ると危険である。

これを知ったからといって

もちろんこれを知ったからといって、アースなら大丈夫だとむやみに触るのは止めておこう。非常に危険である。

アースではない、もう一方の穴の小さいほうから、電気を流しているので、絶対にこの穴に金属の棒などを突っ込まないようにしよう。

コンセントの穴に金属物

コンセントの穴に金属物(針金など)を突っ込むなどして感電してしまった場合、手が熱くなり、見る見るうちに手が真っ黒になってしまって、やけどしてしまう。

片手だけなら死ぬことはないが、反対の手に金属類ものを持っていたら、心臓に電気が通ってしまって、下手すると死んでしまうかもしれない。

遊び半分で絶対にコンセントの穴に金属物を突っ込まないようにしよう。

小さいお子さんのいる家だと、子供がまれにコンセントの穴に何かを入れてしまって、感電してしまう事故が起こってしまうこともあるので気をつけよう。

-雑学

執筆者:

関連記事

スケベの語源-江戸の町人、助平さんに由来

スケベの語源-江戸の町人、助平さんに由来

世の中には一瞬の出来ごころがもとで、一生どころか、辞書にまでその名が普通名詞と化して残っている、ちょっと哀れな人々がいる。   現在でも毎日のように使われていることばの一つが「スケベ」。この …

ココアの持つ意外な健康効果とは?

回転寿司の元祖-最初に発明した人はいったい誰なのか?

回転寿司の元祖、回転寿司を最初に発明した人は人は大阪の白石義明氏。「氷のてんぷらで特許」を取った人で、アイデアマンだったそう。 白石氏は、大正二年、愛媛県生まれ。昭和二四年、人手不足の折りにたまたまビ …

一般車両が追突する事故がありました

生コンミキサー車が回転させている理由

コンクリートミキサー車 工事に使う生コンを運ぶトラックをコンクリートミキサー車という。このコンクリートミキサー車は、走行中でも車体のミキサーを回転させている。 生コンミキサー車が、常にミキサー回転させ …

3という数字の不思議-日本人は何故3が好きなのか?

日本人は何故3が好きなのか?日本人は、日本三大〇〇や御三家、三羽島、三人娘のように、日本人は三でひとくくりにするのも好きである。また、石の上にも三年、女三人寄ればかしましい、三人寄れば文殊の知恵、三度 …

明治時代の1円の価値は

いろは歌に隠された恨みのメッセージ

いろは歌に隠された恨みのメッセージをご存知だろうか。平安時代のはじめ頃から、歌人たちの間で、折句という遊びが行われるようになった。和歌に別の言葉を隠すという一種の暗号遊びである。短歌を五七調にしたがっ …