雑学

タイタニック沈没の予言をしていた謎の小説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
市販の目薬は遮光袋に入っていない

タイタニック沈没の予言をしていた謎の小説

タイタニック沈没の予言をしていた!?

映画タイタニックや銀河鉄道の旅などの小説や映画のモデルとなった、豪華客船タイタニック号の悲劇はよく知られている。

映画タイタニックは、本当に感動的で、ファンが多くいる映画しに残るすばらしい映画だったが、実は、このタイタニックの予言があったという話がある。

事実は小説より奇なりというが

事実は小説より奇なりというが、このタイタニック号の沈没を予言するような小説が、事故の起こる20年以上も前に発表されているのだ。

その小説の一部を挙げてみると、1888年4月、イギリスの港サザンプトンから処女航海に出た世界最大のタイトン号は、大西洋を航海中に氷山にぶっかって沈み、多くの乗員が命を失ったとなっている。

小説が発表された24年後の1912年3月

この小説が発表された24年後の1912年3月にイギりスで建造されたのが、超高級ホテルなみの豪華さを誇る世界最大の客船タイタニック号だった。

同年4月10日、タイタニック号はニューヨークに向けて処女航海に出た。

華々しく出航したタイタニック号だったが

各国の富豪たちを乗せた同船の総乗員数は2208人。

華々しく出航したタイタニック号だったが、北大西洋のカナダ沖まで来た時、巨大な氷山にぶっかって、たちまちのうちに沈没してしまった。

わずかに695名だった

沈没したタイタニック救助された人は、わずかに695名だった。

タイタニックの沈没により、1500人近くの方が亡くなってしまったそうだ。大変痛ましい事故となってしまった。

先の小説と比べてみると

先の小説と比べてみると、船名が似ていること、遭難事故のあった月も、原因も、また処女航海であったという点も、まったく同じである。

タイタニック号はまた、23ノットの速度で氷山に激突したが、タイトン号の速度も25ノットだった。

タイトン号の悲劇一作のみを残して

この小説の作者は、タイトン号の悲劇一作のみを残してこの世を去った。

まるでタイタニック号の悲劇を予言するためにだけ小説を書いたかのように。

タイタニックの沈没を予言していたかのようなこの小説が、タイタニック沈没の預言書として、当時ニュースになったそうである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加