雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

インフルエンザウイルスの感染力や空気感染

投稿日:2018年8月9日 更新日:

ここでは、インフルエンザウイルスの感染力や空気感染について考えていきましょう。

インフルエンザは大変強く、増殖するウイルスです。インフルエンザウイルスは子孫を残そうとします。

新しく作られたインフルエンザウイルスは、何とか次の細胞に感染しないと子孫を増やす事ができないので、細胞に繋ぎ合わせして感染を起こし、どんどんと増殖します。

真っ先に、ウイルスの組成としては、感染するために必須なタンパク質、遺伝子の発現に必須な転写因子などと、子孫ウイルスをつくるための設計図である遺伝子と、不可欠最小限の構成物質からなります。

インフルエンザウイルスは、生物としての最小刻みである細胞をもたずにほかの細胞を使用して子孫をつくる「非生物」です。自分では増殖する事ができません。

最強のウイルスと言われているインフルエンザウイルスですが、インフルエンザは空気中に放出されると、数時で感染性を失ってしまうほど弱いです。

インフルエンザと呼ばれる病は

インフルエンザと呼ばれる病は、インフルエンザが人間に感染する事によって起こるウイルス感染症です。

インフルエンザウイルスの増殖する営みが人間にとっては感染の成立と個体の中での感染の空間、そしてはほかの個体への感染拡大という形で見ることができます。

例年なら発症しない体力のある人でも、インフルエンザが流行るタイミングになって、新型インフルエンザが流行るとかなりの確率で発症してしまいます。これが、インフルエンザウイルスの恐ろしいところなのです。

インフルエンザウイルスが人間に感染仕組みは、どうなっているのでしょうか。

インフルエンザウイルスは、動物の細胞に感染し、細胞のなかでその成分や酵素を活用して自分の子孫のインフルエンザウイルスを作ります。

生物と非生物の異なる点は難しいのですが、インフルエンザウイルスは、少なくとも自力で増殖可能な生物ではないです。インフルエンザウイルスは、最強のウイルスですが、実は自力では増殖できないのです。

-医療

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

スクリーニング検査とは?どこまで分かるようになるのか?

スクリーニング検査とは、初診のときや経過中に検血血査をして、大雑把に異常をチェックるためのものです。一回の検尿と採決をするだけで、ずいぶんさまざまな機能異常や病気のことがチェックできます。 検査技術が …

no image

可視光線が体を温める効果

体を温めていると、健康になれます。体は冷やしてはいけません。可視線に当たると、体は温かくなります。 可視線を当てると体が温かくなるのは、どういうわけでしょうか。遠赤外線のように直接体を温めることはあり …

no image

いい医者とよくない医者を見分けるコツや注意点

もし、聞かれもしないのに、自分の方から二流大学病院に勤務していたんだと言う医者がいたら、ヤブ医者だと思った方がいい。医療法には、病院や診療所の看板に書いていいこととダメなことが決まっている。なぜなら、 …

no image

A型インフルエンザウイルスの構造

A型インフルエンザウイルスの構造はどうなっているのでしょうか。実はA型インフルエンザウイルスの構造はいたってシンプルで、タンパク質とRNAだけで構成されています。 ふだん私たちが苦しめられている分、な …

no image

医局員になるということはどこかの研究室に所属すること

医局員になるということはどこかの研究室に所属すること。 医学博士の免状だけは欲しいという場合であれ、将来、教授になったり、大病院の部長に大学の医局からの推薦でなりたいという場合であれ、本心から研究した …