雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

基準金利を従来の0〜0.25%に維持

投稿日:

米国連邦準備制度(Fed·FRBの)が29日(米国時間)、雇用市場の進展については、肯定的に評価したが、低物価上昇率については、まだ懸念を示した。 Fedはこの日、 2日間の7月、連邦公開市場委員会(FOMC)の定例会議のを終えてこのような要旨の声明を発表し、基準金利を従来の0〜0.25%に維持した。 ウォールストリートジャーナル(WSJ)は、このような診断がFedが、今年9月、あるいはその後に基準金利を引き上げる可能性が開かれているという意味だと判断した。 Fedは、雇用市場について、先月よりも肯定的に評価した。 今月声明で「労働力の低利用率が減少した」という文句は、先月労働力の低利用率が「やや減った」は、診断より改善された表現というのがWSJの説明である。 Fedはまたここ数か月間、金利の引き上げ前「雇用市場の付加的な改善」を確認ことを望んだと明らかにしたが、この日の声明には、「少しの(some )「その他の成長を望んでフレーズに修正した。

試合展開が適切に進行されており

WSJはこのような声明の変化がFedの目標に雇用市場の状況がより近接したことを示唆していると診断した。 Fedは、既存の診断のような試合展開が適切に進行されており、消費者の消費が増加して、住宅市場が改善されていることを明示した。 Fedはしかし同時に、物価上昇率が目標値である2%に達していなかったということも一緒に言及した。 ジャネットイェルロンFed議長は、これまで、今年の基準金利印象を断行する方針を複数回明らかにした。 Fedは、今年3回定例会のを残している。次回の会議は9月に開催される。 今月声明で金利引き上げの時期と関連した明確なシグナルは提示されなかった。 Fedが金利引き上げのために主に検討する要因は、完全雇用と物価上昇率2%に達するかどうかだ。 Fedは、これまでの雇用市場の成長が確認され、物価上昇率が2%に帰るという「合理的な確信」が起こるとき、金利の引き上げを断行する方針と明らかにしてきた。 WSJは、米国の失業率が2009年10%から今月5.3%まで下落したが、物価上昇率は3年以上の期間の間、2%に満たずにいると指摘した。

-FX

執筆者:

関連記事

no image

ギリシャの銀行を生かしておくか殺すかの政治的決定を控えているという分析

欧州中央銀行(ECB)は、国際通貨基金(IMF)に負債の返済をしていない最初の先進国となったギリシャの銀行を生かしておくか殺すかの政治的決定を控えているという分析が出てきた。LNGキャピタルのシニアク …

米GDP国内総生産-国内生産の推移の速報値

米GDP国内総生産は、ある期間内に作られた商品などの総額を表す指標発表で、為替市場において、かなりの影響力があります。 米GDPは、アメリカ経済において、どれだけのものが生み出されているのかを計る指数 …

コスピ指数-世界の株式市場がラリーを繰り広げている

米国のダウ·ジョーンズ指数が史上最高値を更新するなど、世界の株式市場が3月に入ってラリーを繰り広げている米国発薫風に力づけられてバクスグォン脱出を期待することができるという楽観論もあるが、低迷し景気回 …

no image

選ぶしかない!評判の高いDMM証券でコスト20パーセント削減可能

FXでは、1回の取引におけるコスト(主にスプレッド)の大小はとても重要で、できるだけ取引コストを下げないと、利益が減ってしまいます。 FXのと取引コストは、各証券会社によって様々ですが、証券会社の中に …

ベートーベンは耳が聞こえないのにどうやって作曲をしたのか?

FXで勝てない理由は簡単

FXで勝てない理由は、色々ありますし、人によって様々だと思いますが、多くの勝てていないトレーダーの典型では、無駄なトレードや、感情に左右されたトレードをすることが多くの勝てていないトレーダーの典型では …