雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

基準金利を従来の0〜0.25%に維持

投稿日:

米国連邦準備制度(Fed·FRBの)が29日(米国時間)、雇用市場の進展については、肯定的に評価したが、低物価上昇率については、まだ懸念を示した。 Fedはこの日、 2日間の7月、連邦公開市場委員会(FOMC)の定例会議のを終えてこのような要旨の声明を発表し、基準金利を従来の0〜0.25%に維持した。 ウォールストリートジャーナル(WSJ)は、このような診断がFedが、今年9月、あるいはその後に基準金利を引き上げる可能性が開かれているという意味だと判断した。 Fedは、雇用市場について、先月よりも肯定的に評価した。 今月声明で「労働力の低利用率が減少した」という文句は、先月労働力の低利用率が「やや減った」は、診断より改善された表現というのがWSJの説明である。 Fedはまたここ数か月間、金利の引き上げ前「雇用市場の付加的な改善」を確認ことを望んだと明らかにしたが、この日の声明には、「少しの(some )「その他の成長を望んでフレーズに修正した。

試合展開が適切に進行されており

WSJはこのような声明の変化がFedの目標に雇用市場の状況がより近接したことを示唆していると診断した。 Fedは、既存の診断のような試合展開が適切に進行されており、消費者の消費が増加して、住宅市場が改善されていることを明示した。 Fedはしかし同時に、物価上昇率が目標値である2%に達していなかったということも一緒に言及した。 ジャネットイェルロンFed議長は、これまで、今年の基準金利印象を断行する方針を複数回明らかにした。 Fedは、今年3回定例会のを残している。次回の会議は9月に開催される。 今月声明で金利引き上げの時期と関連した明確なシグナルは提示されなかった。 Fedが金利引き上げのために主に検討する要因は、完全雇用と物価上昇率2%に達するかどうかだ。 Fedは、これまでの雇用市場の成長が確認され、物価上昇率が2%に帰るという「合理的な確信」が起こるとき、金利の引き上げを断行する方針と明らかにしてきた。 WSJは、米国の失業率が2009年10%から今月5.3%まで下落したが、物価上昇率は3年以上の期間の間、2%に満たずにいると指摘した。

-FX

執筆者:

関連記事

FXは間接的に現金のやり取りをします

FXは間接的に現金のやり取りをしますので、現金をそのまま受け渡したりして、取引を行うわけではありません。 それと、FXは、よく外国為替市場の名前が出てきますので、外国とお金のやり取りをするようなイメー …

no image

堅調な景気回復を強調した中で利上げの可能性を確認

米国ドルは連邦準備制度(Fed)が堅調な景気回復を強調した中で、来年の利上げの可能性を確認することにより、ユーロと円に上昇した。連合のポメクス(6411)によると、18日午後4時(米東部時間)現在、ニ …

no image

ギリシャの総選挙の結果が出て上昇傾向が持続

ニューヨーク証券取引所では、ギリシャの総選挙の結果が出て、米国連邦公開市場委員会(FOMC)の定例会議のが開かれる中で蘇った上昇傾向が持続するかどうかが注目される。先週ニューヨーク証券取引所は、欧州中 …

FXの法人口座は個人口座と一緒に持つといい

FXの法人口座を持つ場合でも、個人口座と一緒に持つといいと言われています。 FXの法人口座を持つことは、必ずしもメリットだけではなく、デメリットもありますので、法人口座を開設する際には、注意が必要とな …

no image

投資家は依然として第1四半期の企業業績が失望を招くことを懸念

ニューヨーク証券取引所での主要な指数は、本格的なキャニオニングシーズンを控えて企業業績が多少不振することができる見通しに下落した。13日(米国時間)、ニューヨーク証券取引所でダウジョーンズ30産業平均 …