雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

世界市場がまだバブルではないがますます近づいている

投稿日:

伝説的な投資家ジェレミー·グレンおまけ(Jeremy Grantham)は、世界がバブルランド(bubbleland)に向いていると警告したとウォールストリートジャーナル(WSJ)が25日(現地時間)報道した。グレンおまけメイヨー半カワウソルーのチーフ投資ストラテジスト兼共同創設者であるグレンおまけは24日、シカゴで開かれたモーニングスターコンファレンスに参加して、「世界のほとんどの株式市場が高評価されている」とし「債券市場は、歴史的にこれまで以上に高評価の状態”と言った。グレンおまけは「世界市場がまだバブルではないがますます近づいてなっている」とし「市場が引き続き上がることを止めるきっかけが必要であり、それが金利引き上げから来ないだろう」と付け加えた。彼は、今回のガンセジャンを作った米国の連邦準備銀行(FRBは.Fed)を指摘し、「高にすることは好き見せ安は少し愚かように見えるだろう」と指摘した。グレンおまけはまた、「FRBはは人工的に金利を下げ押すことで、企業が自社株を安くされて購入お金を借りるように必死に懇願している」とし「資本支出が安いということは、何もない」と述べた。

少なくともそれまでより高く上がるだろう

グレンおまけは「現在の状況が規制を通ってまっすぐにならない場合、米国経済に障害がますます増えるだろう」とし「市場は、大統領選挙、少なくともそれまでより高く上がるだろう」と付け加えた。彼は「皆が金利引き上げの考えているのでヒステリー状態であっても、市場の上昇を脱線させることはできない」とし「FRBは2004年初めから2006年初めにまで金利を8番上げる時の市場は、躊躇せずにずっと上がった」と言及した。グレンおまけちょうど現在バブル状態ではないと診断した。彼は”バブルランドに向かう行進を終了するには、私たちは、企業の合併が狂乱に到達し、個人がよりマニアックな買い手になるまで待つ必要がある」とし「しかし、今個人は、通常の規模で株式を買っている」と述べた。グレンおまけは「1年前も今日も何悲観論者もない」と聴衆に”あなたは楽観主義者」と本人が悲観論者ではないことを強調した。グレンおまけは、先に世界的な金融危機を予測し、市場が、2009年反発を開始する前に方向転換をしている。本稿では、ちょうど彼の市場の見方が1年の四半期の投資家書簡で明らかにした内容とは少し違うと分析した。当時グレンおまけは、市場がより走る余地があり、大統領選挙の時期頃に痛みに直面すると述べたことがある。

-FX

執筆者:

関連記事

FXのIFO注文は半自動的な注文方法

IFO注文は半自動的な注文方法と言われています。 IFO注文は、IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法で、IFD注文は、指値と逆指値を2つ同時に注文したりできる注文で、OCO注文は、ポジションを …

no image

ダウ指数が史上最高値を更新-良好な景気指標

米国のダウ指数が史上最高値を更新した。 良好な景気指標や米連邦準備制度理事会の量的緩和意志が指数上昇を導いた。 米国発薫風にも国内株式市場は小幅上昇にとどまった。5日(現地時間)、ダウジョーンズ工業株 …

no image

2008年と2009年の金融危機のような災害を招く可能性が懸念

米国連邦準備制度(Fed)の漸進的な金融政策の正常化が2008年と2009年の金融危機のような災害を招く可能性が懸念されるスティーブン·ローチ米国イェール大学教授が診断した。ローチ教授は23日(米国時 …

no image

中東から地政学的に不安定とニューヨーク証券取引所安などで上昇

米国債価格は、中東から地政学的に不安定とニューヨーク証券取引所安、国債入札の需要好調などで上昇した。ウォールストリート·ジャーナル(WSJ) -チュルレトプレ本によると、23日のニューヨーク債券市場で …

アメリカのFOMC政策金利発表-寝てる間に暴落

アメリカのFOMC政策金利発表は、雇用統計と共に、トレーダーが大変「重要視する」経済指標です。 このFOMC政策金利発表は、年間8回発表が行われ、政策金利など、アメリカ経済にとってかなり重要なことを発 …