雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

ニューヨーク原油価格は米ドル高と供給過剰懸念持続的に下落

投稿日:

ニューヨーク原油価格は、米ドル高と供給過剰懸念持続的に下落した。22日、ニューヨーク·マーカンタイル取引所で7月物西部テキサス産原油(WTI)の価格は、前日よりバレル1ドル(1.7% )下がった59.72ドルで終えた。今週、原油価格は3セントとなった。源の消費者物価指数(CPI)が予想よりも高いレベルの上昇率を見せるに応じてドルがユーロと円に急反発して原油などの原材料価格が下落圧力を受け取った。ここで、最大の産油国であるサウジアラビアが、昨年11月以降の市場占有率固守のための産油量を維持政策を固守しており、米国の原油採掘装置数の減少にも、世界中の供給過剰状況が続く見通しに力が掲載された。国際エネルギー機関(IEA)によると、石油輸出国機構(OPEC)の12カ国のは、4月1日に3千120万バレルの原油を生産し、世界中の平均需要よりも一日300万バレル近くに生産した。

270万バレル減の4億8千220万バレルを記録

先週米国の原油在庫は270万バレル減の4億8千220万バレルを記録した。在庫が減ったが、依然として1930年以降で最大のレベルに近接していることも原油価格の下落材料に作用した。この日の午後ベーカー·ヒューズは、5月22日を基準に一週間、米国の原油採掘装置の数が1つ減った659個を示したと明らかにした。一年前の原油採掘装置の数は、1千528個であった。また、原油や天然ガスの採掘装置の数は3個に減った885個を見せた。ニューヨークアナリストは、4月、米国の源の消費者物価が上昇したとして、これ連邦準備制度(Fed)の来る9月利上げ見通しに力をのせたと語った。また、OPECが現在の産油量を継続固守する可能性が大きい上、米国の原油採掘装置数の減少に伴う生産量の減少が現実化されていないと、これらは強調した。これらは供給過剰懸念中Fedの今年の利上げ予想に基づくドル高が続けば、県レベルの原油価格が正当化されにくいようだと付け加えた。

-FX

執筆者:

関連記事

no image

ポジション調整を気に雰囲気浮上も円やユーロに上昇

米国ドルはクリスマス休暇を控えたことによる緩い取引の中にポジション調整を気に雰囲気浮上も円やユーロに上昇した。連合のポメクス(6411)によると、22日午後4時(米東部時間)現在、ニューヨーク外国為替 …

FXを勉強することに慣れる

FXを勉強することに慣れることが、FXで勝つためには不可欠です。 私は、FXを始めたころ、なかなか勝てなくて悩んでいましたが、ある時からいつも負けっぱなしなのが悔しくなってきて、どうしてもFXで勝てる …

FXトレード時の自分の感情や行動の分析

自分の感情や行動の分析をして、トレードに生かすには、トレード日記をつけるなどして、分析しないといけません。 自己分析をする場合には、頭で考えて整理してもいいのですが、頭で考えたことを、日記に書いていく …

no image

ウォール街の専門家は概して失望だと評価

昨年12月、米国の小売売上高は市場の予想を上回る減少を示しに応じて、ウォール街の専門家は概して失望だと評価したが、恥ずかしいほどではないと診断した。14日(米国時間)、米商務部は12月の小売売上高は前 …

FXでは最大注文数量というものがある

FXでは最大注文数量というものがあり、各証券会社で取り扱える取引数量には上限があります。 FXの売買を行う際には、通貨ペアを1万通貨程度か、多くても10万通貨くらいしか売り買いをしないのではないかと思 …