雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

ECBが物価上昇率目標2%を達成するために量的緩和(QE)を延長

投稿日:

ニューヨーク原油価格は、ドルがユーロに一時1.5%以上急騰したうえ、ゴールドマン·サックスの原油価格の下落見通しに落ちた。19日のニューヨーク·マーカンタイル取引所で6月物のウエスト·テキサス産原油(WTI)の価格は前日よりバレル2.17ドル(3.7%)や低下57.26ドルに終えヶ月ぶりに最低値を示した。一日の下落率としては、4月8日以降の最大値を示し、今年3月以来、初めて5営業日連続下落した。この日取引終了後、最近月物となる7月物WTI価格は戦場より2.25ドル(3.7%)や欠け57.99ドルに終わった。ドルが超強勢を見せたうえ、ゴールドマン·サックスが供給優位持続的にWTI価格が10月に45ドルまで下落すると見られて原油価格がオープン当初から安を示した。この日のドルは欧州中央銀行(ECB)のハト派的な発言と米国の住宅指標が好調でユーロに上昇した。ブヌとクェレECB専務理事は、「一般的に7月中旬から8月まで季節的に国債市場に流動性が不足している」とし、この時期に先立ってECBが5〜6月、資産買い入れ規模を増やすと明らかにした。

ドルの対ユーロ上昇幅拡大を牽引

また、クリスチャンノイアーECB政策委員会理事は、ECBが物価上昇率目標2%を達成するために量的緩和(QE)を(当初発表した期限である)2016年9月以降に延長することを発表したこともユーロの下落圧力をかけた。米経済指標が好調を見せたのも、ドルの対ユーロ上昇幅拡大を牽引した。商務省は4月の住宅着工実績が前月比20.2%増の113万5チョンチェ(季節調整値)と集計され発表した。これは、マーケットウォッチ調査値103万戸を上回ったものであり、2007年11月以来の高値を更新したものである。また、1991年2月以降、毎月最大上昇率を見せたのだ。ニューヨークアナリストは、この日はドル高が原油価格の下落をあおっ主な材料としながらここ最近の原油価格の上昇で、米国シェールオイルメーカーの生産量が再び増加するとの見通しとサウジアラビアの産油量が継続最高値を更新するなど、石油輸出国機構(OPEC)が県の生産量を減らさないという予想が原油価格の下落をあおったと述べた。市場は翌日の午前に出てくる米エネルギー情報局(EIA)の先週米国の原油在庫の結果を注目している。

-FX

執筆者:

関連記事

no image

政策担当者が金利の引き上げに相当忍耐を示している

ヨンラン銀行(BOE)政策担当者が金利の引き上げに相当忍耐を示しているとウォール·ストリート·ジャーナル(WSJ)が11日(米国時間)と診断した。媒体は、来る11月BOEが基準金利を引き上げる可能性が …

no image

マリオドラキ欧州中央銀行(ECB)総裁が量的緩和政策に乗り出す可能性

マリオドラキ欧州中央銀行(ECB)総裁が量的緩和政策に乗り出す可能性があることを示唆した。ドラ地区ガバナー·エレクトは22日(欧州時間)、欧州議会証言を控えて配布した資料で「ECBの権限の範囲内で付加 …

no image

欧州中央銀行の金融政策会議と5日に発表される米国の雇用指標を注目

今週(1〜5日)、ニューヨーク外国為替市場で米ドルは4日に予定され、欧州中央銀行(ECB)の金融政策会議と5日に発表される米国の雇用指標を注目して上昇圧力を受けると予想される。過去29日(米国時間)、 …

no image

OPECの減産の可能性が希薄になるにつれ低下

ニューヨーク原油価格は、米ドルが強気を示したうえ、石油輸出国機構(OPEC)の減産の可能性が希薄になるにつれ低下した。12日のニューヨーク商業取引所で12月物のウエスト·テキサス産原油( WTI)価格 …

FXではナンピン手法を使っても負ける

ナンピンとは、持っているポジションが損益を出し始めているのに、持っているポジションをさらに買い増しや売り増しをするトレード方法です。 どういうことかと言いますと、例えていうと、ドル/円で、85.50で …