雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

ダウジョーンズ30産業平均指数は前週比81.45ポイント(0.45%)上昇

投稿日:

ニューヨーク証券取引所では、上昇が2週目持続された中で、米国の連邦公開市場委員会(FOMC)議事録に興味を持って集まる見込みだ。先週、ニューヨーク証券取引所は、米国経済指標が本所を見せる連邦準備制度(Fed)の利上げ時期が予想よりも遅くなることができるという観測が広がっながら上昇した。ニューヨーク証券取引所(NYSE)でダウジョーンズ30産業平均指数は前週比81.45ポイント(0.45%)上昇した18,272.56で終わり、ナスダック指数は前週より44.74ポイント(0.89%)上がった5,048.29で取引を終えた。スタンダード·アンド·プアーズ(S&P)500指数は二日連続で過去最高値を更新し、前週比6.63ポイント(0.31%)高い2,122.73で取引を終えた。市場参加者は、20日に公開されるFOMC議事録に視線を固定している。最近出てきた経済指標は、米国の景気回復に対する疑問を育て金利引き上げ時期が遅れるとの見方が力を受けてあるからである。最近のウォールストリート·ジャーナル(WSJ)アンケートによると、73%のエコノミストが9月利上げを予見した。

ヒントを得ることができるか注目

これは、3月と4月の結果である38%と65%を上回る数値だ。先月FOMCで利上げのシグナルが出なかったので、議事録でFedの金融政策についてのヒントを得ることができるか注目される。もし議事録がハト派的と解釈されると、市場は安堵ラリーを繰り広げると予想される。外国為替取引業者ください知っている(OANDA)のクレイグオルラムアナリストは、「Fedが利上げ時期を遅らせるという観測が力を受けている」とし「13日の小売販売不振が強気材料として作用している」と評価した。米国の金利引き上げ時期が株式市場の投資心理に与える影響が大きいほどFed関係者の演説も市場の主要な関心事である。今週はジャネットイェルロンFed議長(22日)をはじめ、チャールズ·エバンスシカゴ連邦準備銀行総裁(18日·20日)とスタンレー·フィッシャーFed議長、ジョン·ウィリアムズサンフランシスコ凧は総裁(21日)などが公式席上で発言する予定である。注視する必要がある米国の主要経済指標には、4月の新規住宅着工と住宅着工許可(19日)、同月の既存の住宅販売、5月フィラデルフィア連は製造業指数(21日)、4月の消費者物価指数(CPI)などがある。

-FX

執筆者:

関連記事

no image

アメリカ連邦準備制度(Fed)内ハト派の切り札は低いインフレ期待心理

アメリカ連邦準備制度(Fed)内ハト派の切り札はすぐに低いインフレ期待心理とウォールストリート·ジャーナル(WSJ)が29日(米国時間)と診断した。Fedはこの日から二日間中に連邦公開市場委員会(FO …

MT4を使ったシステムトレード

システムトレードでは、MT4を使ってシステムトレードをする方が多くおられます。 MT4とは、メタトレーダー4という、Meta Quotesという会社が作った、無料のチャートソフトで、カスタムの自由度の …

資金に対しポジションサイズを適正にする

FXでは、資金に対しポジションサイズを適正にしないと、証拠金維持率が100パーセントを下回ってしまう危険性が出てきてしまいます。 証拠金維持率が100パーセントを下回ってしまうと、追証が発生してしまい …

FXの安全資産運用に信託保全は必須

安全なFXでの資産運用には、信託保全は必須となります。 FX取引業者のリスクを考えるで、信託保全について触れておりますが、信託保全は徐々に証券会社が採用し始めている、顧客から預かった資金を会社の破綻な …

no image

史上最高値を示したことによる疲労感で下落に終えた

ニューヨーク証券取引所での主要指数は最近、史上最高値を示したことによる疲労感と米連邦準備制度(Fed)の議事録発表の中で下落に終えた。ニューヨーク証券取引所( NYSE)でダウジョーンズ30産業平均指 …