雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

ドルは週間雇用指標とシカゴ購買担当者指数(PMI) ​​が好調で円に上昇

投稿日:

ユーロは欧州中央銀行(ECB)の量的緩和(QE)が経済に肯定的な効果を出しているという分析とギリシャ懸念弱体化にドルと円に強気を見せた。ドルは週間雇用指標とシカゴ購買担当者指数(PMI) ​​が好調で円に上昇した。連合のポメクス(6411)によると、30日午後遅く、ニューヨーク外国為替市場でユーロは対ドルでユーロ= 1.1224ドルで取引され、前日のニューヨーク後場価格である1.1128ドルより0.0096ドルとなった。ユーロは対円でユーロ= 133.98円に動かし前日ニューヨーク後場価格である132.44円より1.54円も上昇した。ドルは対円でドル= 119.37円を記録し、前日のニューヨーク後場価格である119.02円より0.35円上昇した。ユーロは欧州市場での積極的インフレ指標とギリシャ発肯定お知らせなどでドルに強気を継続した。ユーロスタートは4月のユーロ圏消費者物価指数(CPI)ビッチが前年比横ばいを示したと発表した。これは、ダウ·ジョーンズ調査値に適合した結果として、4ヶ月ぶりに横ばいになった。ギリシャと国際債権団が救済分割金72億ユーロをサポートするための交渉が最終段階に入って妥結するとの見通しが増幅された。ギリシャ政府筋は経済チームがこの日、他の閣僚に交渉の進捗状況を説明し、近いうちに閉じるために、速度を必要という点を強調してと伝えた。また、前日のユーロ圏財務相協議体であるユーログループの実務団(ユーロワーキンググループ)との交渉は肯定的であり、友好的な雰囲気の中で進行されたと明らかにした。ユーロは一時1.1266ドルまで上昇し2月末以降最高値を更新した。以来、ユーロはアメリカ発経済指標が好調を示しドルにボハプグォンに降り座るもしたが、欧州中央銀行(ECB)の大規模な資産買い入れによる景気回復とギリシャの交渉妥結の見通しに上昇幅を再度拡大した。米労働省は先週、失業保険金請求の刺繍が3万4千人減った26万2千人(季節調整値)を記録したと発表した。

マーケットウォッチ調査値28万7千人を大幅に下回ったもの

これは、マーケットウォッチ調査値28万7千人を大幅に下回ったものであり、2000年4月15日以来の低水準を示したものである。米労働省は、第1四半期の雇用コスト指数が0.7%(季節調整値)上昇したと発表した。これは、マーケットウォッチ調査値0.6%の上昇を0.1%ポイント上回るものである。3月の消費支出は0.4%上昇したが、マーケットウォッチ調査値0.5%上昇を下回った。シカゴ地域の経済活動が厳しい冬の天候から抜け出しファクジャンセを示したことも国債価格に否定的に作用した。供給管理協会(ISM) -シカゴによると、4月のシカ ​​ゴ購買担当者指数(PMI) ​​は前月の46.3から52.3に上昇した。市場関係者は、「ユーロが1.13-1.15ドルの範囲で強い抵抗を受けるだろう」とし「ユーロが追加上昇するためには、現在0.371%を示した10年満期ドイツ国債の利回りが追加上昇する必要があり可能だろう」と予想した。ドルは日本の銀行(BOJ)が既存の金融政策を維持するのに伴った失望感で円に下落圧力を受けた週間雇用指標が好調に応じて反発した。一部のアナリストは、3月とは異なり、今年第2四半期を開始する4月の経済指標が概ね肯定的な姿と言い、これは、6月の利上げの可能性が大きくなることを意味すると強調した。前日公開された4月の連邦公開市場委員会(FOMC)声明は金利のカレンダーガイダンスを削除しました後の6月の利上げの可能性も開いた。これらは、第2四半期の経済指標が続い肯定的な姿をと思われる場合FOMC委員が6月利上げに賛成するしかないようだと説明した。一方、ロシア中央銀行は、定例の金融政策会議を開き、基準金利を既存の開いた14%から12.5%に150bp下がったと発表した。ただしスケ銀行はこの日、今年ロシア中央銀行が利下げを継続することがとしながら、今年末に基準金利を9%まで下げると予想した。銀行はこの日の金利である経済と金融市場に肯定的に作用するものながらも金利引き上げが経済に及ぼす実質的な効果は、来年まで表示されないようにと説明した。

-FX

執筆者:

関連記事

FXのロット数について

FXの取引をする際の、ロット数(枚数)について。 FXで実際に取引を行う際に、1ロット(10万通貨分)や0.1ロット(1万通貨分)、さらに最近では、0.01ロット(1000通貨分)の単位で通貨を買った …

長期トレードとは一般的な投資スタイル

長期トレードは、株式の世界では一般的な投資スタイルと言えます。 近年では、ネット株トレードが普及した影響で、デイトレードやスイングトレードといった、短期トレードをする投資家が増えていますが、もともと株 …

no image

円のショートポジションは95億ドルで5.6%減少

ニューヨークの金融市場では、米ドルは先週発表された昨年12月、米国の雇用指標を消化し ​​て方向性を模索するものと予想される。去る9日(米国時間)ドルは賃金上昇率不振に伴う消費支出弱体化の懸念に連邦準 …

no image

インターネットモデル事業を本格的に推進すると明らかに

SKテレコムは、低消費電力、長距離通信技術の開発連合体であるローラアライアンスに加入してソムル(小物)インターネットモデル事業を本格的に推進すると、明らかにした。ソムルインターネットは、温度、湿度、重 …

no image

5新興国が時には他の国よりも脆弱性の兆候がより少ない時があると分析

「プレジャ日ファイブ(Fragile Five。5台脆弱通貨)」に分類されている国の通貨が米国の金利引き上げ時最も脆弱ないこと診断が出てきた。国際格付け会社フィッチは17日(米国時間)、「米国の金利引 …