雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

LG電子が28日(米国時間)、新型スマートフォン「LG G4」を公開

投稿日:

LG電子が28日(米国時間)、新型スマートフォン「LG G4」を公開した。イベントは、この日、米国、英国、フランスをはじめと韓国とトルコなどの国別24時間リレー方式で進行された。 G4の特徴は、▶アップグレードされたカメラと▶天然皮革素材の背面カバーなど、大きく二つに要約される。 G4はG3より80%の光をより受け入れることができるF1.8カメラのレンズと、既存のLCD(液晶表示装置)を改善した「IPS QHD量子ディスプレイ」を搭載した。 イメージセンサーのサイズは、前作のG3に比べ40%大きくなった。 専門家のためのDSLR(デジタル一眼レフ)カメラのようにシャッタースピード、感度(ISO)、色温度(ホワイトバランス)などを多様に調節して写真を撮ることができる。 背面カバーには天然皮革を適用した。革の特性上、手に握ったときに金属に比べて快適なグリップ感を感じることができると同社は説明した。 国内発売価格は82万5千ウォンである。 チョ·ジュンホLG電子MC事業本部長社長はG4を「最も使いやすく直感的な携帯電話」と紹介した。グローバル目標販売台数は1千200万台以上と明らかにした。 ここでは、チョ社長とニューヨーク特派員団の一問一答。 -ニューヨークで一番最初に発売した理由は。 ▲どうしても米国が最大の市場である。同じ時間帯に合わせようとした。米国が(時間的)最も前にあった。グローバル市場を狙うという意味もある。 -公開イベント会場がワンワールドトレードセンター(旧ワールドトレードセンター)であるが、特別な意味があるのか。 ▲G4が視覚的な表示を強調非常によい光景があることを、乳児期にここにいた。それなりここが「再建」という意味もあり良かった。(9·11テロで崩壊されたワールドトレードセンターは、最近ワンワールドトレードセンターに名前を変えて新築を完了した。いくつかの工事は残っているが、入居が始まった状態だ。) –LG電子のG4はどのような意味なのか。 ▲プレミアム製品で、過去数年間Gシリーズで宣伝してきたが、G4はいわばプレミアム分野で完全に位置を取るような意味がある。 -線注文と内部の目標は。 ▲(具体的な数値を話さない)お取り寄せは期待するレベルほどだ。G3が1千万台を達成することができますから、G4はそれよりも20%以上はすることができそうだ。 –G4の最大の特徴は。 ▲カメラとディスプレイ、そしてビジュアル体験(experience)である。カメラがF1.8(絞り値)であることが意味がある。暗いところでもよく撮れる。DSLR級とすることはできませんが、ほぼ完全にそのレベルをこなすことができる。

LGだけ独歩的な技術

LGだけ独歩的な技術は、 ▲デザイン面から背面キー ​​を例に挙げることができる。ディスプレイの子会社を持っているので、絶え間ない技術開発では、少なくとも一世代だけ先を行くのが目標だ。LGのスマートフォンもまだ難しい機器だと思う。スマートフォン顧客の60〜70%が一般的なユーザーである。私たちは、内部的にこれらを「民間人」と呼ぶ、カカオトークを使用して、写真を撮ってカカオに上げることを生涯の成果だと考えているような人々だ。これらは、すべてのことが難しい。民間人が簡単に使用して直感的に使用できるようにすることに気を使っている。特にいくつかの分野で専門的にしたい場合は、ビジュアル側エキスパートモードを入れてやって、民間人が最も使用する良く直感的な携帯電話を作成しようとしている。(これに先立ち、マーケティング担当役員は、競合他社の多く表示される不満事項にストレージ容量の拡張とバッテリー容量の部分を言及し、これを放棄すれば、かなり多くのことができますが、この二つを、消費者利便性の面から端まで固守マーケティングに積極的に活用すると説明した。) -レザーケースの需要調査は。競合他社を意識して、一日前に価格を下したとする。 ▲革カバーには、セキュリティ上の内部調査だけだった。最初に、図と写真を見たときの反応と実物を見た後に反応が違っていた。本当に手にぴったり取れ巻かと言っていた。数年前から素材について研究してきた。アナログ感性を強調する次元で決めた。価格は、通信事業者と相談をしなければならない。最終日決定されることがほとんどである。 -グローバルスマートフォン市場でのシェアと目標は。 ▲5%が少しならない。数値を申し上げにくく、意味のある成長をするようにする。目標は、適切な機会に明らかにする。 -中国市場の反応は。 ▲まだ中国は直接接触していなかったので、もう少し見守らなければならないようだ。進入する段階だ。韓国が最初のと、次いで米国と中南米市場である。残りは進入する程度のレベルである。 – (懇談会後の記者と会った席で)背面カバーを革で作ったが、スマートフォンカバーを使う大半の人は、革の良さを感じることができないようだ。 ▲スマートフォンカバーをにしなかった場合、一番良さそうだ。落としたときに憂慮しカバーを使用しているはずなのに、G4の衝撃吸収強度を20%程度上げた。特別に製作されたカバーがあるが、カバーをしない使ってもないかと思う。

-FX

執筆者:

関連記事

no image

ユーロは対円でユーロ= 128.53円で取引

米国ドルは週間雇用指標が肯定的な姿を見せてユーロと円に上昇した。連合のポメクス(6411)によると、9日午後遅く、ニューヨーク外国為替市場でドルは対円でドル= 120.58円を記録し、前日のニューヨー …

FXトレードでの損切りの重要性

損切りの重要性について。 損切りとは、FXの売買で買ったり売ったりして保持しているポジションが、マイナス損益を出していて、このままポジションを持ったままだと、どんどん損益が大きくなってしまう状態の時に …

FXではローソク足でレートの動きが分かる

ローソク足でレートの動きが分かります。 ローソク足は、ローソクの形をした、日本で最も多くのFXトレーダーに使用されているもので、陽線と陰線と呼ばれるローソク足があります。 陽線は、上昇時の値動きを表す …

no image

堅調な景気回復を強調した中で利上げの可能性を確認

米国ドルは連邦準備制度(Fed)が堅調な景気回復を強調した中で、来年の利上げの可能性を確認することにより、ユーロと円に上昇した。連合のポメクス(6411)によると、18日午後4時(米東部時間)現在、ニ …

no image

第三の景気後退に陥るリスクがあると格付け

ユーロ圏が2008年以来、第三の景気後退に陥るリスクがあると格付け会社スタンダード·アンド·プアーズ(S&P)の章-マイケルシックスシニアエコノミストは18日(ロンドン時間)と診断した。シックスエコノ …