雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

ナスダック指数は一時、5100線を越えて急な上昇を見せた

投稿日:

ニューヨーク証券取引所では、主要指数の申告点更新行進が始まった中、米国連邦公開市場委員会(FOMC)の定例会議のと企業の1四半期の業績に注目が集まる見通しだ。先週、ニューヨーク株式市場は、中国の通貨緩和措置と企業業績好調により高流れを示した。ギリシャ救済が重要案件であったユーログループ(ユーロ圏財務相協議体)会議が成果なく終わったが、これ専門家の予想に合致した結果として、市場への影響が制限された。ニューヨーク証券取引所(NYSE)でダウジョーンズ30産業平均指数は前週比253.35ポイント(1.42%)上昇した18,080.14に終わった。スタンダード·アンド·プアーズ(S&P )500指数は36.51ポイント(1.75%)上がった2,117.69で取引を終えた、ナスダック指数は前週より160.27ポイント(3.25%)上昇した5,092.08で取引を終えた。S&P指数は3月2日に記録しチェゴチウル突破し、二日連続粘性を塗り替えたナスダック指数は一時、5100線を越えて急な上昇を見せた。市場参加者は、来る28日から2日間開かれるFOMC定例会議に神経をとがらせている。6月の基準金利の引き上げを示唆してきたFOMC委員が相次いで従来の立場から後退する姿を見せ金利引き上げ時期を予測することが難しくなったためである。したがって、29日出てくるFOMCの会合の結果から、利上げの時期を計るヒントが出てくるのか注目される。ニューヨーク証券取引所に上場された企業の実績が懸念していたよう別の方法で堅調なものと出ており、残りの企業の第1四半期の成績表も市場の主要な関心事である。ファクトセットによると、24日の時点でS&P 500インデックスに編入された企業のうち201社が第1四半期の業績を発表した。73%の企業が利益予想を跳び超え、47%の企業が売上高見通しを上回る業績を発表しました。企業全体の純利益は、前年より2.8%減少したことが分かった。これは、先月末予想の4.6%の減少ではなく、良好な結果だ。

前期の2.2%よりも鈍化すると予想

今週は、Apple(27日)とファイザー、フォードは、Twitter(28日)、タイムワーナー、マスターカード(29日)、エクソンモービル、ビザ、ブラックロック( 30日)、シェブロン(1日)などが四半期の業績を出す。来る29日に発表された米国の第1四半期の国内総生産(GDP)成長率ビッチも注目材料だ。米国の金利引き上げ時に影響を与える変数として数えられたからである。専門家は、第1四半期の成長率が1.0%で前期の2.2%よりも鈍化すると予想している。エリスリトール州ウェルス·マネジメントのジョシュ·ブラウン最高経営責任者(CEO)は、 「米国優良株が申告点を突破する時期が近づいてきた」とし「証券市場高が異常であるとか売りなければならない理由を提示する投資家は、愚かなことだ」と述べた。一方、バンク·オブ·アメリカ(BoA)メリルリンチは、「ニューヨーク証券取引所が強気を見せているが、投資家は資金を回収しながら、エクスポージャーを減らしている」とし「追加の資金流入が発生していない場合は、株価の下落リスクはさらに大きくなるだろう」と分析した。米連邦準備制度(Fed)の関係者の中では、ダニエルタルルに移動(30日)とロレッタマストクリーブランド連邦準備銀行総裁、ジョン·ウィリアムズサンフランシスコ凧は総裁(1日)などが演説に出る。第1四半期のGDPのほか、今週発表される米国の主要経済指標は4月マルケスキットサービス業購買担当者指数(PMI) ​​ビッチ(27日)のような月の会議ボード消費者信頼感指数(28日)、3月ペンディング住宅販売(29日)、第1四半期の雇用コスト指数、3月の個人所得および個人支出( 30日)、4月マルケスキット製造PMI確定値、同じ月の供給管理協会(ISM)製造業PMI(1日)などがある。

-FX

執筆者:

関連記事

為替で雲がよく使われている一目均衡表

雲がよく使われている、一目均衡表について紹介します。 一目均衡表は、日本人が開発したテクニカル分析指標で、日本でもマスターしている人は、ほんの一握りといわれているくらい、大変奥が深く、難しい分析指標で …

韓国企業の配当性向が低いと指摘-決算法人の分析

12月決算法人のうち440社の分析、1.52%増えたが、依然として低い水準、12月決算法人の配当額が小幅増加した。 対象となった現金配当の会社の純利益が減った中、配当額が増加したものであり、配当性向も …

no image

ウォールストリートの専門家がその規模と実施方法の見通し

ヨーロッパ中央銀行(ECB)が社債買い入れに出ることができているという報道が出たことに従って、ウォールストリートの専門家が、その規模と実施方法の見通しを22日(米国時間)明らかにした。社債買取の規模な …

no image

今年の追加緩和政策が出てくる可能性があると分析

金融専門家たちは、4日、中国人民銀行(PBOC)の預金準備率(ジジュンユル.RRR)引き下げ措置がデフレ懸念と景気ファンダメンタルズ弱体化に対応した措置としながら、今年の追加緩和政策が出てくる可能性が …

酒田五法の底と天井のチャートパターン

酒田五法には、底と天井のサインがあります。 底と天井のサインのうちの1つが、「三川」です。 三川は、トリプルボトムとも言われる、下落相場で3回底を打つ状態のことを言います。 3回底を打つと言う意味は、 …