雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

ギリシャはデフォルト(債務不履行)を宣言する直前

投稿日:

「ギリシャは現在リンボー(limbo)を通過しなければならない」シティグループは23日(米国時間)、「ギリシャ:お金、アイデア、時間と忍耐が終了していく`はタイトルのレポートギリシャと債権団間の交渉を「図ボー(Grimbo、ギリシャとリンボーの合成語)」と表現した。リンボーは棒の下に腰を後ろに反っ抜け踊りをいう。バーの高さがますます低くなるため体操選手のような体の柔軟性がなければ、ほとんど失敗になるゲームである。シティは、債権団が定めた基準を`棒」に、これを通過しなければなら主体をギリシャになぞらえギリシャとリンボーを合わせた「図ボー」という新造語を作った。それだけ交渉がギリギリの状況であり、短期的に解決することは困難デッドロックに陥る可能性があることを意味する。シティは報告書で「この先数ヶ月の間、ギリシャの交渉は`グレッグシート」を間に置いた債権団との両極端の選択の性格ではないと予想される」とし「グレッグシート」の代わりに新たに`図ボー」という言葉を生み出した背景を説明した。機関は、「現在の交渉は遅々として進まず、下痢、いくつかの手順が円満に進行したとしても、合意のためのハードルはますます高くなっていくだろう」と分析した。

大々的な構造調整をしなければならない時期

ギリシャのユーロ圏脱退を指す`グレッグシート(ギリシャと脱出を意味するエグジットの合成語、Grexit)」とは、言葉もシティが2012年に初めて造語であった。ギリシャはデフォルト(債務不履行)を宣言する直前であり、大々的な構造調整をしなければならない時期だ。シティは、当時のギリシャが18カ月以内にユーロ圏を脱退する可能性を50%に予想している。2014年には、その確率を90%まで高めた。シティは点打った「グレッグシート」の状況は、その後に行われていなかった。しかし、銀行は、報告書で「グレッグシート」を完全に排除しなかった。長い交渉の結果そのようなことが起こることができると述べた。ギリシャは債権団の資金支援が切 ​​実な状況である。これに関連し、来る24日(現地時間)、ユーロ圏財務相協議体であるユーログループ会議が開かれる。次回ユーログループ会合は5月11日に予定されている。翌日の5月12日にギリシャが国際通貨基金(IMF)の融資を返済する時限であるため、ここでは、苗の合意があるというのが一般的な観測である。シティは、このような時刻に同意しなかった。シティは報告書で「ギリシャが6月までお金が落ちないと考えた方が合理的」とし「5月11〜12日を強調しすぎる必要はない」と指摘した。シティはちょうど「ギリシャの財政と金融状況、そして欧州中央銀行(ECB)の資金供給意志など多くの変数がある」と付け加えた。

-FX

執筆者:

関連記事

米ミシガン大消費者信頼感指数-為替FXトレーダー注目の指標

アメリカのミシガン大消費者信頼感指数は、ミシガン大学が消費者マインドをリサーチをし、リサーチしたものを指数化して発表をする経済指標。 アンケートは、一般消費者500人を対称に行われ、一般消費者の景況状 …

米ISM製造業・非製造業景況指数-為替FXの予想指標

米ISM製造業・非製造業景況指数とは、アメリカの製造業および非製造業における景気の動向を発表する指標です。 米ISM製造業・非製造業景況指数は、月1回発表が行われますが、製造業部門の発表が、第一営業日 …

セクター株や関連株とは?

セクター株や関連株は、よく聞く株式用語です。 株式関係のニュースを見聞きしていると、セクター株や関連株、という用語を聞くことがあるかと思います。 これら2つの用語は、株をやっているとよく聞きますが、セ …

no image

世界経済成長率を過去の4月の見通しに比べて0.3%ポイント下方修正

国際通貨基金(IMF)は、今年の世界経済成長率を過去の4月の見通しに比べて0.3%ポイント下方修正した。米国の成長率を1.1%ポイントと大幅に下げるなど、世界経済の成長が予想よりも充分でないと診断した …

no image

経済指標に小幅上がったように合間反発をしようとする可能性が高い

ニューヨーク外国為替市場でドルは引き続き短期調整を受けて安が続くものと見られる。ドルはしかし、先週末、米国の積極的な経済指標に小幅上がったように合間反発をしようとする可能性が高い。この週末(8日)に発 …