雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

米国の1月の雇用指標に最大の関心が集まる見通し

投稿日:

ニューヨーク債券市場は、ユーロ圏(ユーロの使用19カ国)で流入される金利の低下圧力が続く中、米国の1月の雇用指標に最大の関心が集まる見通しである。最後の取引日に発表される雇用指標の好調かどうかが、米国債金利の下落を制御する変数になることができるか注目される。指標物である10年債利回りは先週15.0bp押されながら2013年5月以降で最低ある1.644%で降り立った。この金利は、1月の一ヶ月間54bpほど急落し、月間単位で2011年8月以降で最大の下げ幅を記録した。30年物金利は、先週2.226%で14.8bp低下し、歴代最低値を再更新した。10年物と30年物金利は、先週まで5週連続で下落した。5年物金利は1.155%で前週に比べて15.5bp押された。連邦準備制度(Fed·FRBは)は先月28日に終了した定例連邦公開市場委員会(FOMC )で米国経済の成長を肯定的に評価しながらも、金利の引き上げに忍耐を示すことを改めて確認した。FRBは、特にFOMC声明に「国際的動向(international development)」を考慮しするという新たな表現を入れた点は、金利の引き上げが遅れたり金利正常化が開始されても、その速度は遅くなるとの見通しを強化した。この点が、世界の景気見通しがまだ暗鬱で、ユーロ圏を中心にデフレ圧力が広がる状況で追加されたという点は、金利の引き上げが容易でないことを意味を示すこと解釈を生んだ。こうした中、先週の最後の取引日に発表された米国の第4四半期の国内総生産(GDP)成長率速報値は2.6%(年率ベース)で市場予想3.0〜3.2%台を下回って成長率鈍化への懸念を刺激した。

2ヶ月連続のマイナス

ユーロ圏は消費者物価上昇率が2ヶ月連続のマイナス( – )を示しながらデフレ不安をさらに増大させた。ユーロ圏の1月の消費者物価指数(CPI)ビッチは前年より0.6%下落して、昨年12月(-0.2%)よりも下げ幅が0.4%ポイントや拡大した。これにユーロ圏基準となるドイツ国債10年物金利は0.269%に低下しており、史上最低値を再更新した。来る6日に発表される米国の1月の雇用指標では、新規雇用数と同じくらいの賃金上昇率も大きな注目を受けると予想される。昨年12月の非農業部門の新規雇用は25万2千人で、市場予想を上回る好調を示したが、時間当たり平均賃金が前月より0.2%(5セント)下落し、金利を低下させたバーいるからである。ウォールストリートの専門家によると、1月の非農業雇用は23万人ほど増加し、失業率は伝達のような5.6%に維持されると予想された。賃金は、前月比0.3%増加すると予想された。雇用のほかの主要な指標としては、1月供給管理協会(ISM)製造業購買担当者指数(PMI) ​​と12月の個人所得と同じ月の建設支出(2日)、12月の工場縁起週(3日)、1月ADP雇用レポートと同じ月ISM非製造業PMI (4日)、12月の貿易収支(5日)などがある。FRBは関係者の中では、ジェームズ·ブラードセントルイス連邦準備銀行総裁とナラヤナコチョラコタミネアポリス凧は総裁(3日)、ロレッタ、マスタークリーブランド年ガバナー(4日)、エリック·ローゼングレンボストン凧は総裁(5日)、デニス·ロックハート凧は総裁(6日)などが演説に出る。

-FX

執筆者:

関連記事

no image

根本的な経済が歴史的基準よりもかなり弱いレベル

ジャネット·イエレン米連邦準備制度(Fed)議長は27日(米国時間)、金利の引き上げに慎重な立場を堅持した。イェルロン議長はこの日、サンフランシスコ連邦準備銀行が後援したカンファレンスに参加して&#8 …

安定した利益を生むFXの低レバレッジトレードで200pips稼ぐ

FXは、過去にはレバレッジ400倍などといった、物凄いレバレッジをかけられていた時代がありました。 しかし、規制が厳しくなり、現在では最大25倍までのレバレッジまでしかかけられなくなっています。 しか …

no image

ギリシャの総選挙の結果が出て上昇傾向が持続

ニューヨーク証券取引所では、ギリシャの総選挙の結果が出て、米国連邦公開市場委員会(FOMC)の定例会議のが開かれる中で蘇った上昇傾向が持続するかどうかが注目される。先週ニューヨーク証券取引所は、欧州中 …

FXでは王道の手法は未だに健在

王道の手法は未だに健在で、多くのトレーダーが意識しています。 世界中のトレーダーが、昔から意識しているポイントがありますが、それは、レジスタンスラインであったり、サポートラインであったり、00ポイント …

no image

2008年と2009年の金融危機のような災害を招く可能性が懸念

米国連邦準備制度(Fed)の漸進的な金融政策の正常化が2008年と2009年の金融危機のような災害を招く可能性が懸念されるスティーブン·ローチ米国イェール大学教授が診断した。ローチ教授は23日(米国時 …