雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

金融政策会議に投資家たちの視線が注がれると予想

投稿日:

ニューヨーク証券取引所では、変動性が拡大された中で、欧州中央銀行(ECB)の金融政策会議に投資家たちの視線が注がれると予想される。先週ニューヨーク株式市場は、原油価格安とスイスの中央銀行(SNB)の為替レート下限廃棄、大手銀行の業績に失望などの影響で下落した。ニューヨーク証券取引所(NYSE)でダウジョーンズ30産業平均指数は前週比225.80ポイント(1.27%)押された17,511.57を記録し、スタンダード·アンド·プアーズ(S&P)500指数は前週より25.39ポイント(1.24%)下がった2,019.42で取引を終えた。ニューヨーク証券取引所の下落が3週連続続けダウとS&P指数は今年に入って、それぞれ1.8%と1.9 %下落した。先月粘性比ではダウが3.3%、S&P指数は3.5%下落した。ハイテク株中心のナスダック総合指数も最後の週に69.69ポイント(1.48%)押されて4,634.38を示 ​​した。ニューヨーク証券取引所で投資家は拡大された変動に不安を隠せずにいる。去る16日、シカゴオプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数(VIX)は一時、23.43まで上昇し、先月17日以来の高値を記録した。「恐怖指数」と呼ばれるVIXは、その後20.95に下がり、一週間を終えたが、これは過去10年の平均である20を上回る数値で、昨年の平均的な14.2を大きく上回る結果だ。持続する原油価格の下落とSNB金融政策の変更に伴う幻視不安、実績失望など、様々な変数が散在し、影響を受けたものプールされている。22日に予定されECBの今年最初の金融政策会議は、市場の方向性を行分岐点と評価される。

経済成長率と物価上昇率を引き上げるため

市場では、ECBが経済成長率と物価上昇率を引き上げるために、大規模な国債買い入れを骨子とする量的緩和政策を出すこと見ている。米国が長い蓄積金融政策に旋回しているが、日本と中国に次いで、ユーロ圏の通貨当局まで本格的な緩和政策を出すことは、世界の株式市場に追い風になるものと分析される。原油価格の行方と企業の第4四半期も投資家の主な関心事として挙げられる。去る16日、国際原油価格が前日より5.3%急騰エネルギー業種を中心に上昇が現 ​​れ株価上昇をあおっただけに、原油価格回復は株式市場に好材料になると観測される。今週はモルガン·スタンレーとIBM 、ジョンソン·エンド·ジョンソン(20日)、eBayの(21日)、ベライゾン(22日)、ゼネラル·エレクトリック(GE)、マクドナルド(23日)などの第4四半期実績が発表される予定である。来る21日から4日間、スイスダボスで開かれる世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)で出てくる各国首長と専門家たちの発言も市場の関心事だ。また、国際通貨基金(IMF)は19日、世界経済見通しを出してオリビエ·ブランシャールシニアエコノミストが記者会見を行う。今週発表される米国の主要経済指標は、12月の新規住宅着工のような月の住宅着工許可(21日)、1月の製造業購買担当者指数(PMI)、12月の既存の住宅販売( 24日)などがある。来る19日のニューヨーク株式市場は、マーティン·ルーサー·キング·デー」に休場する。

-FX

執筆者:

関連記事

no image

ポルトガル最大の銀行の主権取引停止のニュースから下落

先週、ポルトガル最大の銀行であるバンコ·エスピリト·サント(以下、BES)の主権取引停止のニュースが国内·外の株式市場の下落の原因として作用したが、先進国よりも新興国に及ぼす影響がより的たことが分かっ …

取引ツールを使いこなしましょう

取引ツールを使いこなさないと、大変なことになりかねません。 証券会社に口座を開設したら、さっそくお金を入金して、株取引を始めるわけですが、株取引をする際には、取引ツールを使って取引をすることになります …

酒田五法の三空三兵三法のチャートパターン

酒田五法の三空、三兵、三法について。 酒田五法には、三川、三山の他に、三空、三兵、三法というパターンがあり、これら5つで五法となります。 「三空」は、FX相場では出ない形なのですが、窓が3つあく状態で …

no image

KB理事会事務局はようやく金顧問に最終候補に選定

KB金融持株が経営刷新の一環として、以前の社外取締役をすべて辞退させて新たな社外取締役7人を選ぶ過程で「不通(不通)」で一貫して理事会事務局の責任議論が起きてある。KB金融社外取締役候補に選ばれたギム …

no image

10ヶ月ぶりに金融監督院の懲戒処分に結論

マッコーリーの投資信託運用(前ING資産運用)の債券パーキング事態が10ヶ月ぶりに金融監督院の懲戒処分に結論した。市場の慣行を理由に、その金融機関が積極的な使命に乗り出したが、金融監督院の制裁は下がら …