雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

ECBの刺激策に期待が常に存在して入り混じった状態

投稿日:

ニューヨークの金融市場での株価は、米国と日本の経済指標が失望に出た中で、欧州中央銀行(ECB)の刺激策に期待が常に存在して入り混じった状態を示した。国債価格は物量負担と連邦準備制度(Fed)の早期利上げ見通し常在的に小幅下落した。ドルは主要国の将来の相反した金融政策の見通しが再浮上に伴い、円とユーロに上昇した。ニューヨーク原油価格は、世界第3位経済国である日本経済が低迷を示したうえ、米ドルが強気を見せて小幅下落した。日本の第3四半期(7月〜9月)の実質国内総生産(GDP)成長率は年率マイナス( – )1.6%を示した。市場では2.1%の増加を予想していた。日本経済が低迷を表しに応じて、安倍晋三首相が率いる日本内閣の二次消費税引き上げ延期と早期総選挙の可能性が提起された。マリオ·ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁は、追加緩和政策が出てくる可能性はまだ開いていると明らかにした。彼はこの日、欧州議会証言に先立って配布した資料で、「物価上昇率が低くなる可能性があるという見通しのために警戒心を維持する必要がある」とし、今月初めの記者会見で、政策委員会が非伝統的手段の使用の可能性に全会一致で同意しているという発言を繰り返した。ニューヨーク連邦準備銀行は11月エンパイアステート指数は前月の10.2で、前月の6.2よりも上昇したと発表した。マーケットウォッチの調査値は10.5であった。10月の工業生産は0.1%(季節調整値)減少した連邦準備制度(Fed)が発表した。マーケットウォッチによると、アナリストは、0.2%の増加と予想した。ジェローム·パウエルFed理事はこの日、CNBCとのインタビューで、最初の利上げが来年半ばに踏み切っされるものと見られる明らかにした。パウエル氏は、脆弱なグローバル成長率に起因するリスクはありますが、経済見通しについて慎重に楽観的だという立場を明らかにした。◇株式市場ニューヨーク証券取引所での主要な指数は、米国と日本の経済指標が失望に出た中で、欧州中央銀行(ECB)の刺激策に期待が常に存在して入り混じった状態を示した。ニューヨーク証券取引所(NYSE)でダウジョーンズ30産業平均指数は前週末比13.01ポイント(0.07%)上昇した17,647.75で取引を終えた。スタンダード·アンド·プアーズ(S&P)500指数は戦場比1.50ポイント(0.07%)高くなった2,041.32で終了最高値で終え、ハイテク株中心のナスダック総合指数は17.54ポイント(0.37%)下落した4,671.00で取引を終えた。指数は前半の世界3位の経済大国である日本の第3四半期の成長率が萎縮したというニュースが下落に出発した。株価はその後サンスンジャンと下げ相場を行き来する様々な傾向を示した後、中盤以降堅調に方向を定めた。ナスダック指数はしかし弱気を継続した。した証券市場の専門家は、「世界的な景気が不均一な回復傾向を見せているに応じて、主要国の中央銀行が現在の政策基調を続けるものと見られ、これ株式市場に友好的な影響を与えるだろう」と診断した。彼はドラマ期総裁の発言は、再び市場を安心させる役割をしたと評価した。この日、米国の経済指標も不振に出てきた。個々の銘柄の中では、ハリバートンが油井サービス企業であるベーカー·ヒューズを買収することで合意したというニュースにベーカー·ヒューズの株価が8.9%上昇した。ハリバートンと他の原油関連するが、原油価格の下落に概ね安を見せた。ボトックスの製造元アルロ間は、多国籍製薬会社アクタビスが660億ドルで買収することで合意したというニュースに5.3%上昇した。◇債券市場米国債価格は物量負担と連邦準備制度(Fed)の早期利上げ見通し常在的に小幅下落した。ウォールストリート·ジャーナル(WSJ) -チュルレトプレ本によると、この日のニューヨーク債券市場で10年債価格は先週末より6/32ポイント下がり、価格と逆に動く利回りは2.2p上昇した連2.343%を記録した。30年債価格は戦場よりも9/32ポイントが降り、利回りは1.4bp高い3.065%を示した。5年債利回りは前週末比1.7bp上昇1.624%を示した。国債価格は日本経済が低迷局面に入ったというニュースに改造秒に上昇した。しかし、ニューヨーク証券市場が下げ幅が制限された後、日中の中ボハプグォン入り混じった状態を示したうえ、新規社債物量供給に伴う負担で国債価格が反落した。通常の新規社債が供給されると、国債を売って収益率が相対的に高い社債を買入する傾向が表示される。日本の第3四半期(2014年7-9月)の実質国内総生産(GDP)が企業の在庫および資本的支出に戻すに予想外のマイナス( – )の成長を記録して2期連続のマイナス成長を示した。技術的な景気後退局面入りに伴う世界的な景気鈍化懸念で国債買い入れ歳をあおった。ドラ地区ガバナー·エレクトの発言にヨーロッパの主要国の株式市場は、日本発の悪材料で外れ強さを示した。

それぞれ0.56%と0.26%上昇

ドイツのDAX指数は0.58%上昇し、フランスのCAC 40指数とイギリスのFTSE 100指数はそれぞれ0.56%と0.26%上昇した。ドイツの10年債利回りは前週末比2.0bp高まっ0.764%を示した。一方、ジェローム·パウエル連邦準備制度(Fed)理事はこの日、CNBCとのインタビューで、来年半ばに利上げが断行されるものと見られる明らかにした。パウエルの発言にも、産業部門の遊休人材を測定する尺度である10月の米国の設備稼働率が前月の79.2 %で78.9%に低下してFedの早期利上げの可能性に対する疑問が増幅された。アナリストは、79.3%と予測した。ニューヨークのアナリストは、工業生産が予想外の減少を示したがFedの早期利上げ見通しを鎮める難しい分析が国債売りを牽引したと言った。しかし、今週にFOMC議事録と物価指標などが出てくるので、売りの規模も限定的であったこれら付け加えた。これらはまた、来る12月初めに公開される米国の11月の非農業部門雇用者と12月中旬のFOMC定例会の前までビッグイシューがない状況と言いながらこのように10年債利回りは2.2-2.4%の範囲で、主に上り下りすると強調した。◇外国為替市場、米ドルは主要国の将来の相反した金融政策の見通しが再浮上に伴い、円とユーロに上昇した。連合のポメクス(6411)によると、同日午後4時(米東部時間)現在、ニューヨーク外国為替市場でドルは対円でドル= 116.46円で取引され、先週末のニューヨーク後場価格である116.28円より0.18円上がった。ユーロは対ドルでユーロ= 1.2450ドルで動いて、先週末のニューヨーク後場価格である1.2526ドルより0.0076ドル下落した。ユーロは対円でユーロ= 144.98円を示し、先週末のニューヨーク後場価格である145.66円より0.68円下した。連邦準備制度(Fed)の来年の利上げ期待が常に存在した中で、日本とユーロ圏の中央銀行は、景気刺激策を出さなければならない状況に直面している。日本政府が消費増税するかどうかを決定するために重要な判断材料となる今年の第3四半期の国内総生産(GDP)成長率がマイナス( – )を記録し、技術的な低迷に進入することにより、日本この政治的不安定を示すものと予想された。安倍晋三(安倍晋三)首相は消費増税延期と国会解散、来月の総選挙の時期を置いて比較検討するとみられる。マリオ·ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁のこの日の午前発言にユーロが主要通貨に下げ幅を拡大した。ドラ期ECB総裁は、ユーロ圏の構造改革欠けが景気後退のリスクを煽るながら必要に応じて追加刺激策を打ち出す準備ができていると再確認した。一方、ジェローム·パウエル米連邦準備制度(Fed)理事はこの日、CNBCとのインタビューで、来年半ばに利上げが断行されるものと見られる明らかにした。ドルは通貨政策の違い浮き彫りにも日本の景気後退入りで安全通貨買取歳流入対円の上昇幅が制限された。この日のバークレイズは日本の銀行(BOJ)の追加刺激策の展望と低い期待インフレ意見を理由に、ドルの対円12ヶ月の間の目標値を上方修正すると述べた。銀行は、ドルの1カ月の目標値を118円で、3ヶ月と6ヶ月の目標値を120円で、12ヶ月の目標値を117円に、それぞれの成長と明らかにした。銀行の従来の予測値は、110円と111円、112円、112円だった。スタンダードバンクは、まだドル高の見通しを維持している間、来年末ドルが円とユーロにそれぞれ125円と1.1000ドルまで上昇することになるだろうと予想している。しかし、12月は通常ユーロと日本円の需要が顕著なレベルに増えるため、ドルの上昇傾向が短期的に停滞になるようだと、銀行は伝えた。キャピタルエコノミクスス日本の成長率に失望を理由に、2015年末のドルの対円予想を当初120円で140円で高めるながら日本とアメリカの相反する金融政策で両国の10年債利回りギャップがさらに拡大されるだろうという予想がドル買いを続け牽引するようだと主張した。一方、英ポンドは対ドルでポンド当たり1.5640ドルに動かして、先週末のニューヨーク後場価格である1.5672ドルより0.0032ドル下がった。この日のHSBCは、英国の2015年の成長率見通しを当初の2.6%から2.4%に下方修正すると言いながら、来年初めにインフレ率は1%を下回ると予想している。イギリス中央銀行であるヨンラン銀行(BOE)は、来年のイギリスの成長率を2.9%として提示した。HSBCはBOEが2016年第1四半期に基準金利を25bp引き上げると予想した。銀行の前の予測値は、2015年第1四半期であった。◇原油市場ニューヨーク原油価格は、世界第3位の経済国である日本経済が低迷を示したうえ、米ドルが強気を見せて小幅下落した。ニューヨーク商業取引所で12月物のウエスト·テキサス産原油( WTI)価格は前週末比バレル当たり18セント低く75.64ドルで終えた。ドルはマリオ·ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁の追加刺激策が可能発言でユーロに上昇した。ドラ期ECB総裁はこの日、構造改革欠けがユーロ圏の景気下降リスクをあおるながら必要に応じて追加刺激策を打ち出す準備ができていると再確認した。ここに日本の景気低迷で世界の成長率鈍化の懸念が浮き彫りにされ、全世界のエネルギー需要の減少見込みに力が掲載された。また、サウジアラビアが原油価格の動きは、需給に応じた市場の力によって決定されるべきだと明らかにしたことも原油価格の下落を牽引した。前日サウジアラビア高官は、イランなどが強く減産を主張することについて、国際社会の制裁を受けるイランなどが減産に応じないこととしながら「今回の会談は、石油輸出国機構(OPEC)これまでで最も激しい議論の場となると思われるが、原油価格は需給によって決定されなければならない」と強調した。この日、サウジアラビアの財務大臣は、原油価格の急落は、来年の予算と政府支出に直接打撃を与えないものと見られる明らかにした。ニューヨークのアナリストは原油先物を保有する動きではなく、適切なレベルにも売りたい投資家が多い状況と言いながらドル高と日本の低迷によるエネルギー需要の減少見込みで、原油価格が下落圧力を受けたと分析した。これらは来る27日OPECが減産に踏み切っていない場合、原油価格の下落傾向が続くと付け加えた。

-FX

執筆者:

関連記事

no image

連邦準備制度(Fed)の早期利上げ見通しで円1ドル= 120円台に再入

米国ドルは連邦準備制度(Fed)の早期利上げ見通しで円1ドル= 120円台に再入した。連合のポメクス(6411)によると、11日午後4時(米東部時間)現在、ニューヨーク外国為替市場でドルは対円で120 …

no image

グレッグシート(ギリシャのユーロ圏離脱)の懸念

米国ドルはグレッグシート(ギリシャのユーロ圏離脱)の懸念常に存在でユーロに上昇し、今年後半に連邦準備制度(Fed)の金利引き上げの見通し常に存在で円になった。連合のポメクス( 6411)によると、11 …

no image

金価格はオープンし初めから前日6週ぶりに最高値を更新

ニューヨーク金価格は原油価格とニューヨーク証券取引所、米国ドル安にも短期急騰に伴う利益が小幅下落した。10日、ニューヨーク商品取引所で2月物の金価格は、前日よりオンスあたり2.60ドル(0.2%)低下 …

no image

連続的、地政学的懸念の中でも上昇が続くかどうかが注目

ニューヨーク証券市場では、連続的、地政学的懸念の中でも上昇が続くかどうかが注目される。先週ニューヨーク株式市場は、ウクライナとイラクの地政学的不安定が持続するのにもスタンダードアンド·プアーズ(S&P …

no image

ECBの金融政策決定が効果を発揮

欧州中央銀行(ECB)の経済見通しは楽観的であったが、ユーロ圏はまだ行く道が遠いとウォール·ストリート·ジャーナル(WSJ)が6日(米国時間)と診断した。マリオ·ドラギECB総裁は前日金融政策会議の後 …