雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

一部の投資家がインデックスファンドを買収する戦略を駆使

投稿日:

メディアは、過去数十年の中間選挙以降、株式市場が着実に上昇し見えるのは、一部の投資家がインデックスファンドを買収する単純な戦略を駆使していると伝えた。S&PキャピタルIQの泉ス討伐シニア株式ストラテジストによると、1946年以来、17回の中間選挙時のS&P総合500種指数は中間選挙があった年の10月31日から翌年10月31日までの1年間の平均上昇率は17.5%であった。さらに驚くべきことは、17回とも株価が上がったという事実である。投資家は中間選挙直前にS&P 500指数を買収して1年間保有したときに利益を出す確率が100%であったのだ。最も高い上昇率が現れたときは、1954年の中間選挙後にS&P 500指数は1年33.6%上昇した。

1986年の中間選挙後に指数

最悪の上昇率が現れたときは、1986年の中間選挙後に指数は3.2%上がることにとどまった。しかし、1986年10月から翌年10月の間には、S&P 500指数が一日の間、20%急落した10月19日のブラックマンデーが含まれていたという事実が重要である。それでも、株価は1987年10月31日まで1年を目安に堅調に終えた。メディアは、しかし、今年の中間選挙以降、投資の見通しがそう魅力的でない場合は、今後6ヶ月の間だけ投資することを検討するかもしれないと述べた。10月から翌年4月までの6ヶ月間のS&P指数の平均上昇率は15.3%であり上昇確率は94%であったス討伐作戦に行くと述べた。もちろん、過去の上昇が将来の株価がどのような姿を見せるには決して断言できない。ヨーロッパと中国の成長率鈍化懸念、原油価格の下落、デフレ懸念、中東をめぐる地政学的リスク、米国の住宅市場の不均等な回復などの投資家を懸念させる材料があふれている。米国株式市場はまた、2011年以降、一度も大きな幅の調整を受けていなかった。強気論者は、中間選挙の季節性を理由に、2015年までに「ごちそうは続くだろう」と主張するものと見られる。しかし、安論者は、株価が絶えず上がることはないと言いながらヤクセジャンが表示される可能性について警告している。株価が実際に弱気を見せるまでは楽観主義者たちは、過去70年の歴史をその根拠として、投資を煽るとメディアは言った。

-FX

執筆者:

関連記事

no image

モトローラ、新作スマートフォン誤って露出

・モトローラ、新作スマートフォン誤って露出 中国レノボの引数として復活を準備中モトローラが発売準備中の新作スマートフォンを自社ホームページに公開するミスを犯した。CNBCは24日(米国時間)、米国の通 …

no image

FOMCがハト派的だった分析に上昇流を続けた

ニューヨーク株式市場で、先行指数は、米国連邦公開市場委員会(FOMC)がハト派的だった分析に上昇流を続けた。ナスダック指数は史上最高値に上昇した。18日(米国時間)、ニューヨーク証券取引所(NYSE) …

no image

ココ·ボンドを従業員に割り当てられてノイズが出ている

KB投資証券が売れていないココ·ボンドを従業員に割り当てられてノイズが出ている。KB投資証券の内部でも、無理にココ·ボンドの発行を主管したという批判と共に、その被害がそのまま、従業員の営業負担につなが …

no image

価格と逆に動くの収益率は5.8bp上昇した年2.440%を記録

米国債の価格は、ドイツ国債の売りが増加するにつれて下落した。ウォールストリートジャーナル(WSJ)によると、9日のニューヨーク債券市場で10年債の価格は、前日より16/32ポイント低くなり、価格と逆に …

no image

ハイテク株中心のナスダック総合指数は4,992.38

ニューヨーク証券取引所での主要な指数は一日に下落に転じと前日の上げ幅を返却した。ナスダック指数のみ一人小幅上昇した。前日ジャネット·イエレン米連邦準備制度(Fed)議長が記者会見でハト派的な立場を見せ …