雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

予想外の流動性供給と米国発の肯定的な経済指標

投稿日:

米国ドルは日本の銀行(BOJ)の予想外の流動性供給と米国発の肯定的な経済指標に支えられ、円の急騰したユーロも大幅に上昇した。連合のポメクス(6411)によると、31日午後遅く、ニューヨーク外国為替市場でドルは対円でドル= 112.32円を記録し、前日のニューヨーク後場価格である109.22円より3.10円上昇した。ユーロは対ドルでユーロ= 1.2525ドルで動いて前日ニューヨーク後場価格である1.2613ドルより0.0088ドル私落ちた。ユーロは対円でユーロ= 140.69円で取引され、前日のニューヨーク後場価格である137.74円より2.95円や急上昇した。米国の経済指標が全般的に好調を示し、ドルが主要通貨の上昇幅を拡大した。過去9月の消費支出の予想外の減少という悪材料は10月ミシガン大学消費者態度指数の好調に相殺された。米商務省は9月の個人消費支出(PCE)が前月比0.2%減少したと発表した。マーケットウォッチによると、アナリストは、0.1%の増加と予想した。トムソン·ロイター/ミシガン大学によると、10月ミシガン大学消費者態度指数の最終値は、前月の84.6から86.9に上昇した。これは、マーケットウォッチジョサチ86.4を上回るものであり、2007年7月以来の高値を更新したものである。供給管理協会(ISM) -シカゴによると、10月のシカ ​​ゴ購買管理指数か(PMI) ​​は前月の60.5から66.2に上昇した。新規受注が一年ぶりに最高値を更新したためである。

一年ぶりに最高値を更新

ドルが112.47円まで上昇し、2007年12月以来の高値を更新した中で、みずほ銀行は、今年第4四半期のドルの対円の見通しを110円で115円に引き上げた。ドイツバンクは、2015年末のドルが120円まで上昇すると予想した。JPモルガンは、今年末ドルの予想を109円で115円で、2015年第3四半期の予測値を110円で120円にそれぞれ上方修正した。ニューヨークのアナリストは、市場が過度に興奮しているようだとしBOJの劇的な流動性の供給が奇襲的な為替レート戦争を開いたのではないようだとしBOJの電撃措置はインフレ目標値2%を達成するためのものと見られる分析した。これらはBOJの予想外の措置が円急落をもたらしたが、これはBOJの政策目標ではなく偶然の産物であるということを覚えなければならないと付け加えた。ユーロはドイツの小売売上高が予想よりも大幅に減少するにつれて、ドルに、2012年8月以来初めて1.25ドルの下で崩れるもした。ユーロは対円で一時140.79円まで急騰し、2013年4月以来の高値を更新した。ドイツ連邦統計庁はこの日、季節調整値を適用した9月の小売売上高は前月比3.2%減少したと発表した。ダウ·ジョーンズの調査値は0.8%減少した。ユーロスタートはこの日、10月の消費者物価指数(CPI)ビッチが年率0.4%上がったと集計されたと発表した。これは、ダウ·ジョーンズジョサチに準拠したものであるがECBの中期目標値2%を大幅に下回ったものである。バークレイズは9月の小売売上高の結果が出た後、ドイツの第3四半期の国内総生産(GDP)成長率を当初の0.3%から変化がないこと、2015年成長率を1.4%から1.2%にそれぞれ下げると述べた。銀行は、ユーロ安と低原油価格が来年ドイツ経済に肯定的に作用すると予想した。にバルトノボトニーヨーロッパ中央銀行(ECB)政策委員はこの日、CNBCとのインタビューでアメリカの量的緩和(QE)の可能性を完全に排除していないと明らかにした。

-FX

執筆者:

関連記事

FXでは大きな時間足から見ていく

チャートは、大きな時間足から見ていくことが大事です。 FXのチャートには、月足、週足、日足、4時間足、2時間足、1時間足、30分足、15分足、5分足など、多くの時間足がありますが、トレードスタイルによ …

no image

価格と逆に動くの収益率は5.8bp上昇した年2.440%を記録

米国債の価格は、ドイツ国債の売りが増加するにつれて下落した。ウォールストリートジャーナル(WSJ)によると、9日のニューヨーク債券市場で10年債の価格は、前日より16/32ポイント低くなり、価格と逆に …

no image

金利見通しを示しややタカ派的な姿が見られた

アメリカ連邦準備制度(Fed)の委員の金利見通しを示しややタカ派的な姿を見られるに応じて市場に不安感が現れているとウォール·ストリート·ジャーナル(WSJ)が19日(米国時間)と診断した。ウォールスト …

no image

企業の第3四半期業績発表に触覚を尖らと観測

今週(13〜17日)、ニューヨーク株式市場は本格的に始まった企業の第3四半期業績発表に触覚を尖らと観測される。企業の業績が不振に出てきて3週目の持続された下落が加重されていないか関心が集まっている。先 …

no image

エコノミストを対象に行った先週のアンケート調査

ほとんどのエコノミストは、9月に米国の基準金利が引き上げられると予想した。ウォールストリートジャーナル(WSJ)は16日(米国時間)のエコノミストを対象に行った先週のアンケート調査で、「回答者の82% …