雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

為替市場でドルは対円に対してドル= 107.82円で取引

投稿日:

米国ドルは連邦準備制度(Fed)連邦公開市場委員会(FOMC)の定例会議のを控え、米住宅指標失望で円とユーロに下落した。連合のポメクス(6411)によると、 27日午後遅く、ニューヨーク外国為替市場でドルは対円に対してドル= 107.82円で取引され、先週末のニューヨーク後場価格である108.17円より0.35円下がった。ユーロはドルに対してユーロ= 1.2698ドルで動いて、先週末のニューヨーク後場価格である1.2670ドルより0.0028ドル上昇した。ユーロは対円に対してユーロ= 136.91円を記録し、先週末のニューヨーク後場価格である137.05円より0.14円下した。ドルはFedが相当期間低金利政策を維持するとの見通しで円とユーロに下落した。来る28〜29日FOMC定例会のが開かれる。29日午後2時(米東部時間)に会合の結果が公開されている。日本の銀行(BOJ)の金融政策会議が、31日(金)に発表されていることも、ドルの対円安をあおった。市場関係者は” Fedが、今回の会議でタカ派 ​​的な態度を取る可能性は希薄だ”としながら”これに伴い、量的緩和(QE)終了は、市場に大きな衝撃を与えないようだ」と主張した。彼は「最近のFed高官の発言がハト派的だった”としながら”今回の声明も相当期間ゼロ(0)のレベルの金利を維持することを再確認することになるようだ”と説明した。

物価上昇率の見通しを従来通り固守

ウォールストリート·ジャーナル(WSJ)は、匿名の消息筋を引用してBOJが今週開催される定例の金融政策決定会議で物価上昇率の見通しを従来通り固守するようだが、成長率の見通しは、再度下方調整する可能性が大きいと報道した。ドルは今年9月、米国の保留中の住宅販売が0.3%上昇したのにとどまり、ウォールストリート予想の範囲である0.5から1パーセントの上昇をミトドルムに応じて、ユーロと円の下げ幅を拡大した。ニューヨークのアナリストは、米住宅指標が失望に姿を現しFedが相当期間、超低金利を維持することフレーズを維持することがとしながらFedがビヅルパジョクの場合、ドルがさらに下落圧力を受けることと話した。これらはヨーロッパ中央銀行(ECB)と欧州銀行監督庁(EBA)の銀行ストレステストの結果は、ストレステストで25個のヨーロッパの銀行が脱落したが、予想以上に肯定的という雰囲気でユーロが高支持を受けたと付け加えた。

-FX

執筆者:

関連記事

忙しい会社員にも3分で取引きができてしまうFXの携帯アプリ

FXというと、パソコンで取引をするイメージしかないかもしれませんが、携帯アプリでもFの取引きをすることはできます。 多くの方がパソコンでFXの取引をされると思いますが、パソコン取引だと、一度ポジション …

円とドルの過去の為替相場の推移

円とドルの相場は、過去に大きな変動を繰り返しています。 今では考えられませんが、1970年代までは、1ドル=360円という時代があり、その頃から考えると、かなり円高になってきたことが分かります。 この …

ベートーベンは耳が聞こえないのにどうやって作曲をしたのか?

FXでの損失をどうとらえるか

FXのトレードで損失出したときに、どうしても負けた分を取り返そうとする心理が働いてしまいます。 これは、FXをやっている誰もが一度は経験したことのあることだと思いますが、FXで損益を出すと、落ち込んだ …

スワップを狙うFXトレードでの長期運用は必見!

FXでは、スワップを狙う長期運用のトレード方法もあります。 FXは、為替差異という、売り買いをした通貨ペアの価格の上がり下がりで、利益を出す方法が一番稼げるのですが、スワップ金利も見逃すことはできませ …

no image

連続的、地政学的懸念の中でも上昇が続くかどうかが注目

ニューヨーク証券市場では、連続的、地政学的懸念の中でも上昇が続くかどうかが注目される。先週ニューヨーク株式市場は、ウクライナとイラクの地政学的不安定が持続するのにもスタンダードアンド·プアーズ(S&P …