雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

連邦公開市場委員会FOMC定例会

投稿日:

今週(20〜24日)、ニューヨーク外国為替市場でドルは来る28〜29日に開かれる10月の連邦公開市場委員会(FOMC)定例会を控え、投資家の警戒心理に注意しな動きを見せると予想される。17日(米国時間)、ニューヨーク市場の午後遅くドル-円は米国の経済指標が好調で0.55円上がった106.35円を、ユーロ-ドルは0.0048ドル下落した1.2761ドルで取り引きされた。ユーロ-円は0.21円上がった136.41円を記録した。米国の9月の住宅着工実績は前月比6.3%増の年率101万7チョンチェ(季節調整値)を記録し、市場予想の101万5チョンチェを上回った。トムソン·ロイター/ミシガン大学の10月の消費者態度指数ビッチも前月の84.1から86.4に上昇し、2007年7月以来の高値を更新した。今回の10月の指標は市場予想83.5を大幅に上回るものである。先週後半のドルは米国の経済回復がまだ硬いという点を確認しましたが、世界経済の成長鈍化の懸念は、市場の変動性を高めた。ドル指数は世界経済の成長鈍化懸念が増幅され、2週連続の下落となった。今週、市場参加者は、最近のパニックザンスも、米国連邦準備制度(Fed)が政策基調を変えない限り、米国の成長がしっかりとしたかどうかを確認しようとすると思われる。先週ジェームズブラードセントルイス連邦準備銀行総裁は、Fedの量的緩和延長の可能性をFedの当局者の中で初めて提起し、市場を驚かせた。ブラード総裁は、「欧州のインフレとインフレ期待の低下が米国でも広がりを見せている」とFedが現在進行中の量的緩和終了の手順をしばらく停止することも代替することができると明らかにした。フォレックスドットコムのキャスリーン·ブルックスリサーチディレクターは、「ブラード総裁は今年のFOMCで投票権を持たず、2016年までの金融政策の変化に実質的な発言権を持っていませんが、私たちは、ブラード総裁の発言がFed内の多数の意見を反映していると信じている」と述べた。Fed委員たちも、ヨーロッパを中心としたグローバルな成長鈍化とデフレ懸念を検出していることを意味します。

Fedの口先介入と解釈

ブラウン·ブラザーズハリーのみ ​​(BBH)のウィンシングローバル外国為替戦略ヘッドはブラードの発言を「Fedの口先介入」と解釈した。パニックザンスなどを静めるための一種の口先介入だった説明である。シーンのヘッドは、Fedが、実際の量的緩和を延長する可能性はほとんどありませんが、「ブラード総裁は、Fedが市場の不安を認識していることを、今回のメッセージで市場に発表した」と、実際のこれの市場を安定させるために自らの役割をしたと評価した。コメルツバンクのルーツカーポウィッツは、「量的緩和が計画通りに終了出来なかったとFedがインフレが気になるほど少しずつ焦っているという点は事実」と診断した。それは、外国為替の専門家たちは、米国の景気回復が折れない限り、ドルの強気見通しは変えないだろうと述べた。外国為替ブロコリジコモンウェルスフォリエクスチェンジのオマール石川君シニア市場ストラテジスト、「Fedが株式市場やボラティリティにそう敏感なように流すほしくない」とし「Fed議長や副議長がハト派的な発言を出すまでFedの意見やドルの見通しを変えないだろう」と述べた。一方、今週は、既存の住宅販売と消費者物価指数( CPI)、週間失業保険申請件数、新築住宅販売などが発表される。特に22日に発表されたCPIはブラード総裁の発言以来、Fedのインフレ懸念の程度を見計らって見ることができるという点で、市場の注目を集めると予想される。

-FX

執筆者:

関連記事

no image

30産業平均指数は前週比117.11ポイント(0.65%)上がった18,015.95

ニューヨーク証券取引所では、ギリシャと国際債権団の救済交渉に視線が集まった中で、投資心理に圧力を加えるものと見られる。先週ニューヨーク証券取引所は、ギリシャの債務不履行(デフォルト)の懸念が続いたが、 …

株の225銘柄や日経平均とは?

225銘柄や日経平均は、よく聞く株用語です。 日経平均株価とは、株をやっていなくてもニュースなどでよく耳にするとは思いますが、東京証券取引所の1部上場企業から、日経新聞社が225社を選定して、その22 …

FXで勝つための経験値を上げる

FXの経験値を上げることで、FXの勝ち組に入りましょう。 FXで勝ち組に入るためには、感情に左右されないルール作りが必須となってきますが、そのルールを作る上で大事になってくるのが、何ヶ月、何年と多くの …

no image

ユーロは対円でユーロ= 128.53円で取引

米国ドルは週間雇用指標が肯定的な姿を見せてユーロと円に上昇した。連合のポメクス(6411)によると、9日午後遅く、ニューヨーク外国為替市場でドルは対円でドル= 120.58円を記録し、前日のニューヨー …

FXでは大きな時間足でトレードする

大きな時間足でトレードするイメージで売買するとよいです。 私は、デイトレーダーですので、デイトレードの時間足で説明しますが、大きな時間足でトレードするというのは、デイトレードでは、1時間足や30分足を …