雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

アメリカドルは少ない取引の中の世界の成長率鈍化の懸念

投稿日:

アメリカドルは少ない取引の中の世界の成長率鈍化の懸念に連邦準備制度(Fed)の早期利上げ見通しが弱まっに伴い、円とユーロに下落した。連合インフォマックス(6411)による13日の午後遅く、ニューヨーク外国為替市場でドルは対円に対してドル= 106.86円を記録し、先週末ニューヨーク後場価格の107.65円より0.79円下がった。ユーロはドルに対してユーロ= 1.2752ドルで取引され、先週末ニューヨーク後場価格の1.2629ドルよりも0.0123ドル上昇した。ユーロは対円に対してユーロ= 136.22円で動いて、先週末のニューヨーク後場価格の135.95円より0.27円上がった。ドルは経済指標がない中低国債利回りに基づく魅力も弱体化で欧州市場からの調整ザンスを続けた。ニューヨーク市場でも欧州市場と他の動きを示さなかった。国債利回りの反発が示さなければドルも下落を続けるという予想である。米国債市場はコロンブスの日閉場となった。過去11日(土)·スタンレー·フィッシャーFed議長は、国際通貨基金(IMF)年次総会に出席し、「外国為替市場の動きがFedの金利引き上げ速度に影響を与える可能性がある」と明らかにした。フィッシャー副議長は、「海外成長率が当初の予想よりも弱い」と米国経済が影響を受ける場合の試合調整的政策がさらに遅く除去されることがある強調した。

Fedの最初の利上げ

チャールズ·エバンスシカゴ連邦準備銀行総裁はこの日、Fedの最初の利上げは2016年第1四半期に予想される改めて強調した。ダニエルタルルでFed理事も「米経済は緩やかな成長を見せているが、他の国の経済状況も考慮して金融政策を決定すべきだ」と述べた。ニューヨーク証券取引所が取引終了を控えて下げ幅を急激に拡大するにつれて、ドルが円に下げ幅を拡大した。株式市場が3日連続で急落したことによる円の安全通貨買いが流入した。スタンダード·アンド·プアーズ(S&P)500指数は200日移動平均線である1,905が支持されていないことに基づいて下げ幅を急速に拡大した。取引終了を控え、ユーロはドルの調整長期化見通しで`ユーロの買い戻し`が突然急激に流入し、ドルに急反発した。市場関係者は、「市場は比較的低評価されたユーロを大量に購入した」と説明した。ニューヨークのアナリストは、フィッシャー副議長の発言のとおりFedの金利引き上げの遅れなら、ドルが現在のレベルで追加上昇する理由は、ないながら、最近のドル高がFedの早期利上げの可能性が伴うものだからだと述べた。これらはドル高が続けば、米経済が打撃を受ける始めること現実をFed関係者が認識し始めたとしながらこのように、ドルの調整局面が予想より長期化することができると説明した。ドルは国債市場に休場したことによる取引量の減少に騰落幅がやや過剰な姿を見せたこれら伝えた。一方、今週は来る15日(水)の9月の小売売上高と16日の9月の産業生産、17日の9月の住宅着工実績が外国為替市場に影響を与えると予想された。

-FX

執筆者:

関連記事

no image

米国連邦準備制度(Fed)の当局者らの発言に基づいて強気を継続

今週(22〜26日)、ニューヨーク外国為替市場で米ドルは経済指標と米国連邦準備制度(Fed)の当局者らの発言に基づいて強気を継続することができるか注目される。先週金融市場を揺るがしたスコットランドの分 …

no image

2020年に米国の量的緩和政策が復活することができる

ピンセットのような金利の予測に最近ウォールストリートで最高の名声を得たジェフリーグンドゥラフダブルライン·キャピタルの創業者が2020年に米国の量的緩和政策が復活することができると見られて注目を集めて …

no image

ヨンラン銀行(BOE)がすぐに金利引き上げに踏み切ると予想

連邦準備制度(Fed)とヨンラン銀行(BOE)がすぐに金利引き上げに踏み切ると予想される中で、低金利があまりにも長く引き続く中、金融市場の歪みが深刻化しているという指摘が出てきた。ウォールストリート· …

no image

インターネットモデル事業を本格的に推進すると明らかに

SKテレコムは、低消費電力、長距離通信技術の開発連合体であるローラアライアンスに加入してソムル(小物)インターネットモデル事業を本格的に推進すると、明らかにした。ソムルインターネットは、温度、湿度、重 …

FXデイトレードなどにチャートを活用して5倍稼ぐ

FXをやる多くのトレーダーが、「チャート」と呼ばれる、為替レートの動きが分かるグラフを活用しています。 チャートは、過去のFXの値動きを表すグラフですが、FXの取引において、チャートを使うか使わないか …