雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

今年と来年の世界経済成長率が反騰する見通し

投稿日:

今年と来年の世界経済成長率が反騰する見通しと格付け会社フィッチが30日(米国時間)、世界経済展望報告書を通じて明らかにした。ピッチは、主要先進国の経済が世界経済の成長に貢献程度はますます増えるだろう、新興国経済は今年、低粘度を撮影した後、低迷姿が続くと予想した。ピッチは、今年の世界経済成長率見通しを2.6%として提示しており、来年の2016年にはそれぞれ3%、3.1%と予測した。今年と来年の見通しは今年6月に発表した見通しよりもそれぞれ0.1%ポイントずつ低下している。新興国の成長率不振に対する懸念で成長率の予測値は低くなった。米国経済についてピッチは今年2.2%と予想したが、2015年と2016年には、それぞれ3.1%、3%で反騰すると予想した。家計所得と富、信頼性などの改善が個人消費を支えているとピッチは評価した。

企業の大規模な現金の収益性など

また、企業の大規模な現金の収益性、低資金調達コスト、信頼性向上、稼働率のおかげで、投資も改善されるとピッチは予想した。通貨ポリシーは、まだかなりの試合調節的であり、財政健全化に伴う影響は、昨年に比べて大幅に減少したとのピッチは言った。ピッチは、ユーロ圏の今年の成長率展望値は0.9%提示し、2015年と2016年にそれぞれ1.3%、1.5%へと高まると予想した。ピッチは、今年のユーロ圏の物価上昇率の予測値は0.5%と予想した。来年の2015年には1%、1.3%と上がることが予想され、長い間デフレは表示されないと予想した。新興市場にピッチは、昨年4.7%の成長率を見せていたことから、今年4%に低下すると予想しており、来年にはやや回復すると予想した。米国の通貨引き締め政策と地政学的不安、低商品価格が景気下降のリスク要因とピッチは説明した。ピッチは、中国の今年の成長率展望値は7.2%で提示し、2015年と2016年には、それぞれ6.8%、6.5%で低下すると予想している。

-FX

執筆者:

関連記事

FXの安全資産運用に信託保全は必須

安全なFXでの資産運用には、信託保全は必須となります。 FX取引業者のリスクを考えるで、信託保全について触れておりますが、信託保全は徐々に証券会社が採用し始めている、顧客から預かった資金を会社の破綻な …

no image

ナスダック指数は一時、5100線を越えて急な上昇を見せた

ニューヨーク証券取引所では、主要指数の申告点更新行進が始まった中、米国連邦公開市場委員会(FOMC)の定例会議のと企業の1四半期の業績に注目が集まる見通しだ。先週、ニューヨーク株式市場は、中国の通貨緩 …

FXのスワップ複利で運用することで資金が50パーセント増える

FXの複利での運用と言えば、スワップポイントで運用する方法になりますが、スワップポイントで運用する際に、ポジションの買い増しをすることで、得れるスワップ収益が大きくなります。 スワップポイントでという …

no image

デフォルト懸念が大きくなった中で入り混じった状態

ニューヨーク株式市場では、米国の連邦公開市場委員会(FOMC)の定例会議のとギリシャ救済交渉が最大の話題になる見通しだ。先週、ニューヨーク証券取引所は、6月FOMCを一週間前にギリシャの債務不履行(デ …

手数料でFX業者を選ぶ

FX業者を選ぶ際に、手数料でFX業者を選ぶことも大事です。 FXの取引をする際に、毎回の取引で売買手数料を取る業者があります。 とはいっても、現在では、ほとんどのFX業者が、売買手数料を無料にしている …