雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

中東の変動性が拡大、米国の9月の雇用指標を注目と観測

投稿日:

今週(9月29日〜10月3日)、ニューヨーク証券取引所で投資家は中東の変動性が拡大された中で、米国の9月の雇用指標を注目と観測される。先週ニューヨーク証券取引所は、中国景気の減速懸念や中東·ロシアから地政学的リスク、米国の第2四半期の国内総生産(GDP)成長率と新築住宅販売などの指標が好調に大幅に上り下り変動が大きいザンスを演出した。ニューヨーク証券取引所(NYSE )でダウジョーンズ30産業平均指数は5日連続三桁ポイント騰落した結果前週比166.59ポイント(0.96%)安の17,113.15で一週間を終えた。ダウが5日連続で三桁ポイント動いたのは2013年6月以来初めてである。過去25日の264.26ポイント下落の26日の167.35ポイント上昇は9月の最大騰落幅である。スタンダード·アンド·プアーズ(S&P)500指数は27.55ポイント(1.37%)下落した1,982.85を記録しハイテク株中心のナスダック総合指数も67.60ポイント(1.48%)落ちた4,512.19で取引を終えた。株式市場の変動性が拡大する中、市場参加者は、来る3日に発表される米国の9月の雇用指標を注視している。

米国連邦準備制度(Fed)の資産買い入れ終了

米国連邦準備制度(Fed)の資産買い入れ終了を控えた状況で、経済成長のスケールの雇用指標に基づいて、金利の引き上げ時期の議論が再点火されることがあるからである。専門家は、9月の非農業部門雇用者数が21万6千人増加し、8月の14万2千人増加し、より増えたと予想している。9月の失業率は8月の6.1%水準を維持すると予想される。先週の変動の拡大の主な原因であった中東とロシアの地政学的リスクも投資心理に影響を与えると予想される。週末、新しい米国の同盟国は、シリアとトルコの国境地域まで空襲の範囲を拡大し、イスラム国家(IS)撃退に積極的に乗り出している。ロシア外相が西側諸国の経済制裁にもウクライナ事態と関連した立場を変えないと言うなどの葛藤が続いている。9月の雇用指標のほか、今週発表される米国の主要経済指標は、8月の個人所得と住宅販売(29日)、9月の供給管理協会(ISM)シカゴ購買担当者指数(PMI) ​​とコンファレンス·ボードの消費者信頼感指数(30日)、9月ADP雇用レポートとISM製造業PMI(1日)、8月の工場縁起週(2日)、8月の貿易収支、9月ISM非製造業PMIなどがある。チャールズ·エバンスシカゴ連邦準備銀行総裁が29日全米実体経済協会(NABE)年次総会で演説に出て、ジェローム·パウエルFed理事は30日、低金利時代の国債運用というテーマで開催されるパネルディスカッションに参加する。

-FX

執筆者:

関連記事

証券会社を選ぶ基準は?

証券会社を選ぶ際に、どういった基準で決めたらいいのでしょうか。 昔の株投資と言えば、店頭に直接行って注文するか、電話で注文するかしか、注文する方法がなかったのもあり、誰でも手軽に株取引を行える環境では …

no image

サムスン電子が発表ピープルの一つに実施したルックエトミ

第一企画が27日(フランス現地時間)に閉幕した2015カンヌライオンズ広告祭で金賞1つ、銀賞5個、像6個など計12の賞を獲得した。第一企画が受賞した作品の中で最も大きな注目を導いたキャンペーンは、サム …

no image

主要指数は前日2ヶ月ぶりに最大の下げ幅を見せたことによる反発買い

26日(米国時間)、ニューヨーク証券取引所での主要指数は前日2ヶ月ぶりに最大の下げ幅を見せたことによる反発買いが流入されて上昇した。米国の第2四半期の国内総生産(GDP)速報値と9月の消費者態度指数が …

FXのIFD注文でワンセット注文すれば取引が2倍楽になる

FXでは、注文を出した後、チャートに張り付いていないといけなかったりして、他のことができなくなることが多いものです。 もしも、注文を出した後に、出かける用事などがあった時に、自動で決済をしてくれる機能 …

為替とは

「為替とは」の記事一覧ページです。 ここでは、為替とは何か?為替市場の仕組みや、色々な為替の情報などを詳しく紹介しています。 為替市場に関する色々な記事を、是非ご覧下さい。   外国為替とは …