雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

短期急落に伴う実需の流入とドル高停滞などにより上昇

投稿日:

ニューヨーク金価格は短期急落に伴う実需の流入とドル高停滞などにより上昇した。しかし、連邦公開市場委員会(FOMC)9月定例会の結果発表を二日控えており、上昇率は非常に制限された。15日、ニューヨーク商品取引所で12月物金価格は先週末よりオンス当たり3.60ドル(0.3%)上がった1,235.10ドルで取引を終えた。金価格は一時、9カ月ぶりに最低値に下落した中、アジアから実質需要が流入されたうえ、ドルの上昇が停滞になると小幅反発した。先週末の金価格は1,231.50ドルで取引を終えて、今年1月以降で最低を更新した週の間2.8%も低下した。ドルが対円で6年ぶりに最高値を更新し、ユーロも13カ月ぶりに最高値を記録したのであった。ドルは来る16-17日FOMC定例会の結果発表を控えて上昇の勢いが停滞した。

早期利上げの可能性を示唆することができる

連邦準備制度(Fed)が、今回の会議でのフレーズの変化をしようとするタカ派的な姿を見せることができるという意見とジャネットイェルロンFed議長が記者会見で早期利上げの可能性を示唆することができるという憂慮の中で見てみようという雰囲気が浮き彫りにされてドル高を制限した。ニューヨークのアナリストはこの日、アジアから実質買取セガ流入し、金価格が上昇したとして、短期急落に伴う中国とインドから実質需要が金価格のさらなる下落を制限することになるようだと述べた。これらはFedのFOMCの会合を控えており、積極的にポジションを調整しようとする動きが表示されずにいるとし、特にFedが2006年以降断行される利上げ時期について明確にすることもできるという雰囲気も慎重な動きをあおったと付け加えた。

-FX

執筆者:

関連記事

no image

先週末ニューヨーク後場価格の106.90円より0.05円上昇

アメリカドルは経済指標の発表がない中で、連邦準備制度(Fed)の利上げ時期が遅れるとの見通しで、ユーロが下落した。連合インフォマックス(6411)によると、20日午後遅く、ニューヨーク外国為替市場でド …

no image

海外外為ブローカーが相次いで破産している

スイス中央銀行の為替レートの下限制廃止の発表以降、海外外為ブローカーが相次いで破産している。資金難に陥った一部の海外ブローカーは、国内のギフト社の証券会社などにも異種通貨号を提供することが知られ韓国の …

no image

伝説のヘッジファンドマネージャーケン・ミラー最高経営責任者

「ヘッジファンドの伝説、FRB、量的緩和継続的にリスク育て」 米国連邦準備制度(Fed)が積極的に市場介入を続けて経済的な危険を育てていると伝説のヘッジファンドマネージャーであるケン·ミラーが診断した …

FXで色々使える移動平均線

移動平均線は、色々な場面で使える、優れたテクニカル指標です。 移動平均線は、FXの世界では、多くのトレーダーが使用している、テクニカル指標で、世界でも1番有名な指標と言ってもいいでしょう。 世界一有名 …

マーフィー開発のスパンモデルとは?

FX界の大物、マーフィーこと柾木利彦さんが開発した、スパンモデルというテクニカル指標を紹介します。 柾木利彦さんは、スーパーボリンジャーバンドを開発したことでも有名ですが、柾木利彦さんは、スパンモデル …