雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

黒田日本銀行(BOJ)総裁「景気回復サイクルがしっかりと確信していない」

投稿日:

黒田晴彦日本銀行(BOJ)総裁が今週開催される金融政策決定会合で景気回復サイクルがしっかりと確信していないと、ウォールストリートジャーナル(WSJ)が専門家の言葉を引用して1日(米国時間)報道した。WSJは日本の生産と消費の指標不振は今年4月消費税発表時の予想よりも経済回復に時間がかかり、ことを意味するとし、日本経済が1997年消費税引き上げよりも高速に消費税引き上げ後遺症を克服すること、政策立案者たちの意見が弱体化したと指摘した。

BOJ関係者によると、BOJは先月の金融政策決定会合で、工業生産が6月3.4%減も関わら7月0.2%増にとどまったと憂慮した。WSJは、このようにBOJが雇用市場の回復と賃金の増加のための肯定的見通しを維持しても、経済回復のサイクルを最大限に活用することは難しいと予想した。

黒田総裁が経済生産の好循環が行われていると確信

シティグループのリズッカ直樹エコノミストは「産業の生産が不振で賃金と消費支出が停滞された中で黒田総裁が経済生産の好循環が行われていると確信してすることは難しいだろう」と述べた。トヨタ車を販売するディーラーは、「夏のボーナス支給も8月の自動車販売が低迷レベルを示した」とし、富裕層も車購入にさっさと出ていないと指摘した。一部の専門家は、黒田総裁が必要に応じて追加緩和に乗り出すことができると言われたことを想起させながらBOJが、今後の追加緩和政策を実施することができると展望した。

クレジットアグリコル(CA)の斎藤維持外為部門マネージングは「市場がBOJが来る10月の追加緩和に乗り出すとの見通しを価格に反映している」とし、これより早い時点で追加緩和政策が出れば、円安を見せると予想した。一方、BOJの金融政策決定会合は来る3日から4日まで開催される予定である。BOJは会議を終えるの4日の金融政策声明を発表し、記者懇談会を開く予定だ。

-FX

執筆者:

関連記事

為替相場チャート分析

「FXのテクニカル手法」の記事一覧ページです。 ローソク足、トレンドライン、レジスタンスレイン、サポートラインなど、様々なテクニカル分析のなどを紹介しています。 テクニカル分析は、大変重要ですので、是 …

no image

フィッチが二日目のヨーロッパの国々の信用格付けを下げる

主要指数は11日(米国東部時間)、欧州の格下げ懸念があったが、これを克服し、下げ幅を減らして横這い圏で乱調傾向を示した。ニューヨーク証券取引所(NYSE)でダウジョーンズ30工業株平均は全長比13.0 …

米小売売上高は売上調査の推移発表

米小売売上高は、小売業(スーパーや百貨店など)の売上を調査し、その調査結果を発表する指標発表です。 アメリカの小売業全体の調査が行われる、小売売上高は、毎月、月の中ごろに発表が行われます。 小売売上高 …

no image

米ドル高と世界銀行の世界成長率見通し下方修正などで下落

ニューヨーク原油価格は、米ドル高と世界銀行の世界成長率見通し下方修正などで下落した。11日、ニューヨーク·マーカンタイル取引所で7月物西部テキサス産原油(WTI)の価格は、前日よりバレル66セント(1 …

no image

ユーロ-ドルは0.0010ドル押された1.1268ドルを示す

ニューヨーク外国為替市場の投資家は16日〜17日に予定され、6月の連邦公開市場委員会(FOMC)の定例会議のを控えて大きなポジション調整はないと予想されて週明けドルの慎重な動きは続く見通しだ。去る12 …