雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

FX

欧州中央銀行の金融政策会議と5日に発表される米国の雇用指標を注目

投稿日:

今週(1〜5日)、ニューヨーク外国為替市場で米ドルは4日に予定され、欧州中央銀行(ECB)の金融政策会議と5日に発表される米国の雇用指標を注目して上昇圧力を受けると予想される。過去29日(米国時間)、ドルは円に対して104.09円を記録し、戦場より0.37円上昇した。ユーロはドルに対して1.3132ドルを示し0.0050ドルに下落した。これは、昨年9月6日以降最低値だ。過去一週間ユーロはドルに対して0.8%ほど下落した。マリオドラ期ECB総裁がインフレ期待への懸念を示し、追加措置の可能性を示唆したのである。

米国との金融政策の差別化が拡大するとの見通しでドル高、ユーロ安の雰囲気が市場を支配した。ヨーロッパの8月の消費者物価は前年同月比0.3%上昇し、市場の見通しに合致した。しかし、配信の0.4%上昇を下回ってヨーロッパのデフレ懸念は続いた。一部の専門家は、ECBが今週の金融政策会議での主な金利を引き下げるなどの追加措置を断行すると予想した。ブラウン·ブラザーズハリーのマーク·チャンドラー外国為替戦略家ECB会合を控え、ユーロが1セントほど追加下落することがあるが、1.30ドルを下回ることはないと見込んでいる。

彼はECBが今回の会議で、資産流動化証券(ABS)仕入れや一部の主張するいくつかの他の形態の量的緩和( QE)などを実施する可能性は小さいとどうしてもより金利引き下げの可能性がより大きい方だと述べた。今週、欧州の金融政策会合で関心が集中され、ヨーロッパで発表された指標も市場は揺れ仕事の展望である。1日には、すぐにドイツの第2四半期の国内総生産(GDP)の確定値が発表される予定である。ビッチはマイナス( – )0.2%を記録して低迷懸念を生んだことがある。

同日発表されたユーロ圏の8月の製造業購買担当者指数(PMI) ​​も欧州の投資心理を確認することができると予想される。ただし、この日の米国金融市場この労働者の日の連休に休場して、外国為替市場の取引は閑散と予想される。

ユーロ圏の8月サービスPMI、7月の小売売上高など

3日には、ユーロ圏の8月サービスPMI、7月の小売売上高、第2四半期のGDP修正値が発表される。4日には、ECBの金融政策会合の結果、ドイツの7月ゴンジャンジェ受注が予定されている。6月、ドイツのゴンジャンジェ受注は3.2%急落し、ウクライナの地政学的不安が欧州経済に打撃を与えていることを確認した。

ヨーロッパの指標は低迷姿を見せる一方、米国の指標は、継続的に改善される様子との両方の間の差別化も注目されている。過去29日に発表された8月米ミシガン大消費者態度指数は、前月の81.8よりも上昇した2.5を記録した。これは、マーケットウォッチジョサチ80.1を上回るだろう。BNYメロンのマイケルウールフォークグローバルマーケットストラテジスト、「経済指標の改善に支持される唯一の通貨がドル」と言った。

今週米国で発表された指標の中には3日、米連邦準備制度(Fed )のベージュブック、4日ADP雇用レポート、5日、労働部雇用レポートなどが注目されている。一方、ゴールドマン·サックスは、今後数年間、ドルのユーロ安の流れが続くとの見通しで、ユーロの既存の予測値を下方した。これらユーロの価値が2017年末にはドルと同じになって1.00ドルを記録すると予想した。

ゴールドマン·サックスは、ユーロの3,6,12ヶ月の予測値は、それぞれ1.29ドル、1.25ドル、1.20ドルで提示した。既存の予測値は、それぞれ1.35ドル、1.34ドル、1.30ドルであった。ゴールドマン·サックスは、ユーロの長期予測値もすべて下方た。2015年末の予測値は、1.27ドルから1.15ドルに、2016年末の予測値は、1.23ドルから1.05ドルに、2017年末の予測値は、1.20ドルから1.00ドルにそれぞれ下した。

-FX

執筆者:

関連記事

no image

ダウジョーンズ30産業平均指数は前週比81.45ポイント(0.45%)上昇

ニューヨーク証券取引所では、上昇が2週目持続された中で、米国の連邦公開市場委員会(FOMC)議事録に興味を持って集まる見込みだ。先週、ニューヨーク証券取引所は、米国経済指標が本所を見せる連邦準備制度( …

no image

主要な指数が史上最高値を相次いで更新

今週(8〜12日)、ニューヨーク証券取引所では、主要な指数が史上最高値を相次いで更新し、7週目上昇した中年末の消費シーズンの成果を計る消費指標に関心が集まると予想される。先週ニューヨーク株式市場は、米 …

no image

ユーロは対ドルでユーロ= 1.2389ドルに動かし0.0056ドル下がる

米国ドルは11月の小売販売が好調を見せて4営業日ぶりに円やユーロに上昇した。連合のポメクス(6411)によると、11日午後4時(米東部時間)現在、ニューヨーク外国為替市場でドルは対円でドル= 119. …

no image

円のショートポジションは95億ドルで5.6%減少

ニューヨークの金融市場では、米ドルは先週発表された昨年12月、米国の雇用指標を消化し ​​て方向性を模索するものと予想される。去る9日(米国時間)ドルは賃金上昇率不振に伴う消費支出弱体化の懸念に連邦準 …

FXでは大きな時間足から見ていく

チャートは、大きな時間足から見ていくことが大事です。 FXのチャートには、月足、週足、日足、4時間足、2時間足、1時間足、30分足、15分足、5分足など、多くの時間足がありますが、トレードスタイルによ …